大塚 雄一 プロフィール

<アコーディオン&ヴォーカル&ギター etc.>

幼少の頃のピアノレッスンをバックボーンに、大学生時代モダンジャズ研究会に在籍する。その頃よりキーボーディストとしてミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。

'91年、自己のグループ<SO−DA!>を結成。数々のコンテス トで優勝。六本木ピットインなどを中心に、ライブ活動を 展開。
メロディアスで暖かみのあるオリジナルナンバーは、ジャンルを 超えて多くのファンの好評を博す。

'93年、パットメセニーのツアーでギルゴールドスティンが弾くアコーディオンに魅せられ楽器を購入。
'96年、第8回全日本アコーディオンコンテスト(大阪大会)に参加。朝日放送賞を受賞。

また同時期、スティールパン、アコーディオン、アコースティックギター、 のユニット<PAN CAKE>に参加。アコーディオン、作曲、編曲等を担当。 ブラジル音楽の要素を軸に、オリジナルやカバー曲など幅広い選曲で 独自のサウンドを確立する。
<パンケーキ>では6枚のアルバムを発表。

並行してアコーディオンを中心とした自己のセッションで新境地を開く。アコーディオンの音色を生かした、ジャンルにこだ わらない自由な表現が話題を呼ぶ。このユニットをベースとしたソロアルバム「ACCORDIANA」を'97年秋に リリースし、本格的にソロ活動を開始。

'99年、歌を歌いたい、という欲求のおもむくまま弾き語りのライブを始める。オリジナルをはじめシャンソン、ビートルズ、ボサノバ、歌謡曲などレパートリーは多岐に渡る。

またギタリスト高木大輔とのユニット<バルミュゼット>ではフランスのレトロなダンスミュージックを中心に活動。
秋元順子の<愛のままで>ではそのアコーディオンがフューチャーされヒット。
活動は多岐にわたる。

ご意見、ご感想などお寄せください。

email
acc-ohtsuka@hi-ho.ne.jp