ループな道♪

河津七滝(かわづななだる)ループ
−静岡県河津町−
訪問:2001 ⁄ 08 ⁄ 15
文書作成:2019 ⁄ 01 ⁄ 04


◆概要◆
国道414号(下田街道)上、下田市より天城越え
を目指す途上に設けられたループ。
そばに河津七滝温泉がある。




--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■七滝(ななだる)

実は、筆者は今回の伊豆訪問を通じ「七滝」の読み方を知った人間である。なぜそう読むのかは河津七滝観光協会HPにて紹介されており、 「当地では滝を“水が垂れる”の意より垂水(たるみ)と呼んだ」ことに発するとのこと。実際に河津川には美しい七つの滝がある。

今回の訪問目的はループであったことと、時間的な制約もあり、七つの滝や七滝温泉は残念ながら見送ることになった。この日は三原市より国道を南下し新天城トンネルを通りループを目指したが、上記の理由で天城山隧道(日本初の石造道路トンネル)も外したのは後から少々悔いた(笑)。


目の前にループ
気持ちが昂る

ループ途中に
バス停がある

温泉街への道
下からの撮影


■ループ橋を堪能

バス停の名前にもある通り、ループの名称は「河津七滝ループ橋」。直径84mの2重ループで、1981年3月に完成。筆者も開通時のニュースを見た記憶が頭の片隅に残っている。

天城のトンネルを抜け、そのままループへ突入。走行写真を撮りつつ、全景撮影のための駐車エリアを探す…が見つからない。バス停では迷惑になる。ループ走行後にループ下を走る温泉街への道へ進むと、下からのループ写真は撮ることができた。でも、ループ上からの全景写真を撮りたい

再びループへ戻り、ループ上部へ車を走らせる。ループを抜けた先に飲食店があり、立地場所的にループ全景展望が期待できそうということで、昼食兼ねて入店。期待通りお店のベランダよりループが一望でき、店員さんの許可もらい念願のループ全景撮影実施。タスクがすべて完了した。

その後はおいしい食事(お蕎麦と親子丼)をいただき、三たびループを抜けて国道を下田方面へ車を走らせたのだった。


ループ全景を
飲食店より撮影

ループを走行
飲食店が見える
■三度あることは?

ループ通過後は伊豆半島の東岸を北上し熱海方面へ向かったが、途中の渋滞で先へ進めず。 訪問日が夏休み真っただ中である8月15日であり、観光地が集中する伊豆東岸の道路が混まないわけがない。

このままだと先の時間が読めないため、遠回りとなるが時間が読めるよう、来た道を戻る判断をした。つまり、ループを四たび通ることに(汗)。 この判断で多少遅くなったものの、無事その日の目的地へ着くことができたのだった。


ループな道♪top画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

751826