ループな道♪

清滝(きよたき)ループ
−京都府京都市−
訪問:2006 ⁄ 03 ⁄ 17、2018 ⁄ 11 ⁄ 19
文書作成:2019 ⁄ 04 ⁄ 27


◆概要◆
京都の嵐山と清滝を結ぶ府道上、
試(こころみ)峠にある上り一方通行のループ。
下を鉄道から転用したトンネルが通る。




--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■愛宕山と清滝

清滝は京都市の北西部に位置する、愛宕山東南麓にある地名である。愛宕山(標高924m)山頂には愛宕神社があり、平安遷都(794年)以前に役小角(えんのおづの)により開かれ、慶俊僧都(けいしゅんそうず)が愛宕山大権現を祀られた。

清滝地区は、愛宕神社へ参る宿場として清滝川沿いの谷間に開けた。清滝川を下ると亀岡方面より流れ来る保津川と合流し京都盆地へ流れ出るが、人の行き来は川沿いではなく「試(こころみ)峠」経由で京都盆地とつながっている。

ちなみに試峠の名は“愛宕山に登れるか”を「試みる峠」から来ており、峠のきつさに男が愛宕山に登ったものと勘違いした話が古典落語にあると、現地案内板にも記されている。

そんな歴史ある場所の、“きつい峠”に設けられたのが今回紹介する「清滝ループ」である。。


ループ描いた
案内板あり

ループ先の試峠
ミラーに違和感

トンネルを歩く
鉄道跡の香りも


■改めて徒歩で訪問するが…

まず筆者が撮影で当地を訪ずれたのは2006年。車での訪問であったが、実はループがあるこの道は「清滝→ループ」の一方通行指定であり、後述のトンネルを通って清滝へ“迂回”してからループを登った。下段の走行写真は、その時に撮影している。

じっくりと撮影する機会を得たいことから、2018年に嵯峨嵐山より徒歩で再訪問した。徒歩は一方通行の制約を受けないことから、「ループ→清滝」の向きで進んだ。つまり、京都盆地側より試峠を登るルートである。古典落語の彼と同じ体験をするのだ(笑)。

結果としてもちろん勘違いはしなかったものの、勾配は結構きつく感じた。加齢による体力低下も理由にあるだろう(汗)。急勾配のために峠を挟んだ前後が互いに見通せず、なんと峠の上空にミラーが設けられている。ページ上の画像で判っていただけるだろうか。

狭い谷あいに設けられた1車線でのループはコンパクトであり、至近距離での全景撮影も支障なし。晩秋の訪問だったので、紅葉も映え満足の撮影となった。


ループ全景
紅葉もいい感じ

ループを走行
2006年に撮影
■ループ取材のはずが浮気?

先に触れたが試峠の下にはトンネルがあり、名称は「清滝隧道」という。京都盆地側から清滝に向かう車が通るトンネルである(一方通行ではなく信号機による交互通行)。筆者も2006年訪問時に、本トンネルを通り清滝入りした。比較的知られている話だが、昔はここを電車が通っていた

その電車は「愛宕山鉄道平坦(へいたん)線」であり、1929年に敷設されたが戦時中の鉄供出により1944年撤去となってしまった。その後、軌道跡のトンネルを道路として転用したわけである。

試峠“登山”で疲れを感じた筆者は、復路は清滝からのバス乗車を考えていた。しかし「鉄」の興味が出てしまい、トンネル区間のみ歩くことにした。なおトンネルは道幅狭いうえ、走行車両も比較的多いことから歩行には十分気を付けたい。

トンネル内では鉄道遺構らしき箇所にも出会うが、本ページでは趣旨が違うため泣く泣く?割愛としたい。筆者の駄文より、web検索で知識豊富な方のページに出会うほうが幸せかと(笑)。


ループな道♪top画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

751813