ループな道♪

伯母谷(おばたに)ループ
−奈良県川上村−
訪問:2003 ⁄ 11 ⁄ 01
文書作成:2018 ⁄ 10 ⁄ 08
(最終更新:2019 ⁄ 02 ⁄ 10)


◆概要◆
奈良県の山中を走る国道169号にて、
狭く急カーブ連続する交通難所を
解消するため設けられたループ橋。




--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■大台ヶ原への道

「大台ヶ原」は、奈良県と三重県の県境にある、日出ヶ岳(ひでがたけ)周辺の1400〜1600mの高地を指す。高地だけに夏は平地より涼しく、筆者も過去に幾度か同地を訪れている。

その大台ヶ原を目指す国道169号は、吉野川上流の谷底近くを走り、狭く急カーブが連続する道である。そのうえ紀伊半島の南北を結ぶ数少ない道路のため対向車も比較的多く、運転にかなり緊張を強いられた記憶が強く残っている。

一方で当時より本区間での道路改良が進められており、筆者も通行の際に工事現場を見ながら完成を心待ちにしていたものである。

その道路改良の一部が、今回紹介する「叔母谷ループ」である。バイパスが平成15年(2003年)1月に開通し、家族の協力を得られて同年秋に現地を訪れることができた。


ループ大半トンネル
電子国土webより

完成予想図
全景無理らしい

ループ近くへ
旧道には落石が


■山中のループ故に撮影が…

訪問時2003年当時はGoogleストリートビューもなく(サービス開始は2007年)、ループ前後の状況を事前に知ることは困難。地図にてループの半分以上がトンネルであることはわかっており、ループ全景撮影は諦めざるを得ない

ただ、どこかで車を停めなければ、走行写真以外のループ撮影が不可となる。建設時に利用された仮設道路跡に車を停められないか…と考えたが、後述するが不可の結論に至っている。決め手がないまま、車はループを過ぎ更に先へ進む。

「諦め」が頭をよぎりそうになった頃、ループの先1kmほどの路肩に駐車スペース発見。そこは旧道との合流地点であり、旧道を使えばループ近くへ戻れそうだ。ただし旧道には車両通行止めのバリケードがあり、徒歩で向かうことにした。

道自体は荒れてなく支障なく進めてたが、途中の路面上に大きな落石が…。慎重にそれらを乗り越え、ようやくループを下から撮影できるポイントへ到着。ループの3分の1だろうか、谷間に弧を描く高架橋を写真に収めることができた

そして車に戻り、再びループへ戻りループ走行画像を撮影。レポートする上での、必要最小限のことをこなすことができた。


ループ“半景”
構造上やむ得ず

ループを走行
旧道より快適
■もし再訪するとしたら

ループ全景撮影は既出の通り諦めざるを得ないとして、今回のような見上げる形ではなく見下ろす形でループ撮影できる方法はないのか。ここでは「もし再訪する機会がある」として、Googleストリートビューでループ近辺での撮影場所検討をしてみた。

まず“ループ高架橋”部分については、自分自身(ループ)の撮影は不可なので除外。トンネル部分も不可なので、残るはトンネルに挟まれた高架橋西側の二箇所のみとなる。その二箇所にて、ストリートビューを使い「ループの見え方」を確認する。

最初は、高架橋より高度が高い一番西側の区間をストリートビューで確認。残念ながら、高架橋そのものが見えない。そして、最後の箇所。実は前出の「仮設道路跡」の所であり、訪問時も運転中ちら見しているが、高架橋は見えるがごく一部。視線も、どちらかというとループを見上げる形。

【結論】道路面からはループを見下ろせる箇所はない。ドローン使って空中から撮影するしかなさそうだ。潔く諦めよう…。


ループな道♪top画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

755461