ループな道♪

砂越跨線橋(さごしろせんきょう)
−山形県酒田市−
訪問:2008 ⁄ 07 ⁄ 19
文書作成:2018 ⁄ 12 ⁄ 01
(最終更新:2018 ⁄ 12 ⁄ 01)


◆概要◆
JR羽越線、砂越駅の南側にて
羽越線を跨ぐ跨線橋。西側がループ。
更に南側を最上川が流れる。




--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■早朝からの現地訪問

 後の行程を考えると、本ループは早朝に訪問しておきたかった。7月18日金曜日の夜に山形県三川町の道の駅「庄内みかわ」にて、夏場ということで蚊の攻撃に悩まされながらも仮眠をとったのだった。 そして翌19日、痒みに眠気を完全に覚まされた私は、日の出頃に道の駅を出たのであった。

 この頃の酒田での日の出時刻は午前4時半頃とのこと。そして現地に到着したのが午前5時。曇っているせいか、まだ周辺は薄暗い。デジカメ撮影には支障なかったことから、さっそく行動開始

 まずはループすぐ傍のJR砂越駅前を散策。もともと駅の利用客が少ないし、早朝であることから、人影を見ることがない。駅前には合併前の町名で“街の案内板”があり、そこに今回訪問するループも描かれているのを確認した。


町の案内看板に
ループ記載あり

早朝の
砂越駅訪問

跨線橋撮影時に
貨物列車と遭遇


■ループ内の道路交差が気になるが…

 横を走り抜ける貨物列車を見送り、跨線橋へ向かう。跨線橋で名称を記した銘板等が見当たらず、勝手ながら「砂越跨線橋」と呼ぶこととした。 跨線橋脇に設置された階段で橋上へ上りループの全景撮影場所を探る。結局、跨線橋西側(ループ上からの俯瞰)と東側(線路越しに横から)の撮影とした。

 ループ上からは近距離撮影のため交差部である足元が入らず、ループ1周まるまるの撮影まではできなかった。線路越しは1周まるまる入るものの、撮影位置が低いため横長楕円形の画像となった。 より高い位置から撮影できれば理想なのだが、周辺にはそういう構造物もない。この時点でベターな撮影だったと納得した

 地図確認の上でループ内に道路交差が気になっていたが、ループ側道路が優先となっているので問題なしと判断した。最後に恒例の「ループ走行撮影」を実施。時間が時間だけに他の走行車両もなく、安心して撮影することができたのだった。


跨線橋の東側
より全景撮影

ループを走行
速度落とし撮影

ループ上から
全景撮影

跨線橋上より
鉄橋を撮影
■2005年のクリスマス

 跨線橋下を走るJR羽越線は、新潟県の新津駅から秋田県の秋田駅を日本海沿いに結ぶ路線である。

 跨線橋から南側を望むと、最上川を渡る鉄橋を確認できる。その先に隣駅「北余目」があるが、この区間で2005年12月25日に列車の脱線事故が起きている

 #山形県庄内地方は連日激しい吹雪が続き、
 #この日も暴風雪等の警報が出されていた。
 #JR羽越線を走行中の特急「いなほ14号」
 #(秋田発新潟行き)は、1時間遅れで砂越駅・
 #北余目駅間の最上川橋梁を走行していた。
 #突然の強風に襲われた同列車は脱線し、
 #先頭車両が沿線の小屋に激突し大破した。
 #同車両に乗車していた5人が死亡すると
 #いう大事故となった。

 不幸な事故が繰り返されないよう願いつつ、次の目的地へ向かったのであった。


ループな道♪top画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

751826