ループな道♪

新六甲大橋(しんろっこうおおはし)
−兵庫県神戸市−
訪問:2006 ⁄ 03 ⁄ 17、2018 ⁄ 11 ⁄ 27
文書作成:2018 ⁄ 12 ⁄ 24


◆概要◆
兵庫県道95号「灘三田線」上にあるループ
「表六甲ドライブウエイ」交差し同橋を経由後
「六甲有料道路(トンネル)」に至る。




--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■海に近い六甲山は勾配がきつい

ご存知「六甲山」は海から10km程のところに立つ標高1000mに迫る山であり、 六甲山を目指す道は必然的に勾配がきつくなる。 筆者もマニュアル車運転の頃、“表六甲ドライブウエイ”料金所(2002年に無料化)での坂道発進で、急勾配のためサイドブレーキを引いてても車が下がり苦労した記憶がある。

また六甲山は、夜景観賞の場というメリットとともに、神戸市の南北交通を分断するデメリットを生じさせている。 そのデメリットを解消するため、山を南北に貫く「六甲有料道路」トンネルと、急勾配緩和のため「新六甲大橋」が建設された

ちなみに、「六甲大橋」は神戸市東灘区末吉浜町と六甲アイランドを結ぶ橋であり、「新六甲大橋」は六甲川が作る谷を渡る橋である。


案内板に大橋が
記されている

新六甲大橋へ
到着

大橋を見上げる
カラーが印象的


■12年目のリベンジ

最初に本橋を訪問したのは2006年3月。車で現地へ向かい、ループ撮影のための駐車スペースを探した。ループ入り口となる「新六甲大橋下」交差点から分岐する、表六甲ドライブウエイ上の路肩スペースを確保。そこから徒歩で撮影場所を探すことにした。

しかし、ループ周辺に木々が多いため全景を撮れそうな場所が見当たらなく苦労した。結局ループ全景の半分以上隠れた写真しか撮れず、不完全燃焼で現地を後にしたのだった。

時は流れ、あれから12年。今度は電車とバスを乗り継いで新六甲大橋へ。今回は“秘密兵器”を持参した。条件が良ければ利用する魂胆だ

この日も、まずは「新六甲大橋下」交差点をベースに徒歩で撮影場所探しを実施。やはり木々に遮られ、全景撮影は困難という判断となった。


ループ全景撮影
12年前のリベンジ

ループを走行
2006年に実施
■秘密兵器、発動!

秘密兵器とは、ドローンである。“規制値200g未満”のオモチャであるが…。ドローンといえば、飛行中に人や物に当たり損傷を与えるリスクがあり、慎重に利用判断すべきと考えている。

実はこの日、表六甲ドライブウエイが通行止めとなっており、奇跡的に安全なスペースが確保できそう。風もほぼ収まる中、目視範囲に限定しテイクオフ!その結果は…

トイドローンなので、画質には欲張ってはいけない。概ねループ全景をカバーする写真を撮ることができた。 技術の進化により12年前のリベンジを果たせたことに満足し、六甲山頂や展望台等での観光もせず現地を後にしたのだった。


ループな道♪top画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

751811