ループな道♪

湯原(ゆはら)ループ
−岡山県玉野市−
訪問:2001 ⁄ 09 ⁄ 15、2018 ⁄ 11 ⁄ 20
文書作成:2019 ⁄ 02 ⁄ 11
(最終更新:2019 ⁄ 03 ⁄ 10)


◆概要◆
岡山市と玉野市を結ぶ国道30号上にあり、
玉野市宇野の市街地背後での山越え高低差
約30mを、本ループにてアプローチする。




--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■三度目の訪問

湯原ループ訪問は、今回(2018年)で三度目となる。ループ付近に駐車スペースを見つけられず、訪問しても満足できる画像(写真)が撮れなかったことが背景にある。

最初の訪問は1999年。走行写真のほかは、車を一時停車したうえでの標識撮影のみ。二回目(2001年)は少し離れた路肩に車を置けたが、駐車が長引かないよう撮影時間は最小限にならざるを得なかった。

三度目の訪問では同じ轍を踏まないよう、Googleストリートビューで事前調査。市街地店舗駐車場利用も考えたが、ループからやや離れた国道上に公衆トイレを備えた駐車場所を見つけ、そこをベースにしての訪問作戦を練ることにした。

2018年11月のこの日、ループより山側へ約1km離れた上記の駐車場へ車を停め、徒歩にてループへ向かったのであった。


ループ描く看板
走行注意促す

橋の名は宇野橋
ループ名と異なる

ループ描く看板
何故ののちゃん?


■橋の名前は「宇野橋」

まずはループ全景を撮影。近距離撮影のため超広角レンズでもフレームいっぱいとなったが、何とかクリア。次に橋の銘板撮影となったが、ここで疑問点が出てきたのだった。

橋の銘板は「宇野橋」。一方で今回使用しているループ名「湯原ループ」は、島根・奥出雲おろちループに設置された案内板に記されてた名称である。恐らく「宇野橋」は橋単体の名前なのだろう。しかし、現地でループ名を記した銘板等を見つけることは残念ながらできなかった

ループ脇の階段を下り、市街地側よりループを見上げる形で撮影を実施。階段もループ状になっていたのが嬉しい

Webでの紹介で必要な写真撮影ができ、車へ戻った。スケジュール上、ループ走行せずに次の目的地に向かった。走行写真はこれまでに撮影済みなので、必須ではなかった。


ループ全景
なんとか収まった

ループを走行
速度落とし撮影
■ののちゃんの街

最後に、駐車場にあった看板「ののちゃんの街」のことについて触れよう。「ののちゃん」はご存知、朝日新聞掲載の漫画である。

原作者のいしいひさいち氏が岡山県玉野市出身ということもあり、玉野市のNPO法人「たまのの企画」が「〜いしいひさいち博覧会〜ののちゃんち」を運営しているとのこと。

改題前の「となりの山田君」で単行本を持っている筆者は、時間に余裕あれば寄ってみたかった…が、当日は平日だったため営業時間外。ループに対しては事前調査をしていたが、ののちゃんまではリサーチできてなかった。残念…。


ループな道♪top画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

755334