みちびき
★ 赤川鉄橋(大阪府) ★
ー道 Before ⁄ Afterー 文面作成:2018 ⁄ 02 ⁄ 18
(最終更新:2019 ⁄ 03 ⁄ 30)


--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■道 Before ⁄ After

ここでは、道の変遷について「Before ⁄ After形式」にてレポートする。対象は、過去に筆者が興味を持ち写真に収めていたお気に入りの道たち。立派になった道や廃れた道など、変化点に対し道がどう変わったのかを目に留めて欲しい。

■赤川鉄橋

今回紹介するのは、大阪市の淀川にかかる「赤川鉄橋」である…と書くと、「なぜ、道の話なのに鉄橋なのか」と思われるだろう。鉄道も鉄の道だろうという理屈も承知しているが(笑)、もちろん理由がある。

現在は純粋な鉄道橋(鉄橋)となっているが、過去に鉄橋内を「歩道」と「鉄道(城東貨物線)」が同居した“併用橋”としての歴史があり、筆者も2000年に道ネタ取材として同橋に訪問している。その歩道部分は、2013年に撤去されている。

■おおさか東線開業後に訪問

歩道が無くなったのは、同鉄橋を含む城東貨物線が旅客線(JRおおさか東線)として転用するうえでの複線化工事のためである。その後JRおおさか東線が開業したので、現地訪問し以下に歩道併用時代との変化をレポートする。

おおさか東線が開通して2週間後、2019年3月30日に筆者は新大阪駅を訪れた。同線開業後の赤川鉄橋へ向かうため、新大阪駅から鉄橋最寄り駅のJR淡路駅まで約5分間だけ同線電車に乗車した。出来立てほやほやの線路や駅舎は、当たり前だがきれいなので気持ちが良い。

■橋北側の堤防にて

JR淡路駅より歩いて10分ちょっと。訪れたのは鉄橋の北側、大阪市東淀川区の淀川堤防である。今回と併用橋時代(2000年11月)、そして複線化工事後(2017年11月)の、各々の画像を引用したので変遷を見てほしい。

現在は堤防を横切る形で鉄道が走り、道路は線路の下をくぐっている。併用橋時代は堤防に踏切があり、車はそこを走っていた。2017年の訪問時も踏切は健在だったので、2018年に道路の切り替えが行われたのだろう。

併用橋時代は、前述の踏切より鉄橋内に木製の歩道が設置され、対岸まで歩いて渡ることができた。今は踏切が無くなったため、同じ位置での撮影は不可となった。よって、2017年に撮影した画像と比較している。

歩道に向かって、右側に貨物用線路(単線)が通る。歩道上は歩行者の安全上、自転車等の車両は押して歩くことを求められていた。今はここに線路が通り、放出(はなてん)・久宝寺(きゅうほうじ)駅向けの電車が走行している。

■鉄橋を歩いた思い出

併用橋だった時に、途中までだが歩道を歩いて川を渡ることにした。すると計ったように、反対方向よりごう音と共に貨物列車がやって来た。横を通過する列車は迫力があり、圧倒されつつ列車を見送ったのだった。

今は鉄橋立ち入りが不可のため、そのような貴重な体験を味わうことが不可能となっしまった。本来の鉄橋という目的戻ったのだが、個人的には寂しい気持ちになった。

■場所(Map)





みちびきtop画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

756913