ろかたりあん
★ -02- 「捕獲」開始 往路 ★
 〜京都から兵庫を巡る〜 
撮影:2000 ⁄ 11 文面作成:2017 ⁄ 08 ⁄ 26
文面再編集:2019 ⁄ 01 ⁄ 06


--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■捕獲(撮影)の旅へ

イントロダクションにて記したが、「ろかたりあん」との最初の出会いはドライブ先であった。しかし写真撮影できてなく、場所もうろ覚えである。

コーナー立ち上げのため改めて撮影ドライブへ向かうことにし、記憶より丹波路(京都〜兵庫)方面へ向かった。このページと「捕獲」開始 復路にて、その撮影時のことをレポートしたい。

最初に向かったのは、記憶に残っていた京都府綾部市のとある場所である。

■「初物」ゲット!

「綾部市のとある場所」へ到着。記憶通り、国道27号上のカーブ路肩にいたのが画像の「し●のすけ」。 ご存知のアニメ“スーパー幼稚園児”風だが、たぶん本物じゃないので名前に伏字を入れてしまおう(笑)。

というわけで?以降、ろかたりあんの名前(固有名詞)には伏字を入れるのを「お約束」としよう。 安全な場所に車を止め、記念すべき『1枚目』を撮影。幸先良いスタートを切れた。さあ車に戻り、近くにいるであろう次の“仲間たち”を探そう。

しかし、やっぱり世の中そんなに甘くはなかった…

■2枚目の「彼」は何処

「あれ、こんなはずでは?」…2枚目が見つからないまま、車は隣の福知山市へ入っていた。さすがに写真1枚だけでは新コーナー立ち上げ不可なので、引き続き福知山市内を走行しながら探すことにした。

そして若干諦めモードになりつつ、途中で合流した国道9号を更に西へ進んでいたところ、ようやく画像の「ド●えもん」(お約束通り、こちらも伏字)に出会うことができた。

なかなか出来栄えが良く(個人の感想)、近辺での彼ら“出没”に期待が高まる…が。

■「彼」を探して、県境を超えると

…やはり残念ながら、期待通り“出没”とはならなかった。2枚でも新コーナーは厳しい。諦めきれない筆者は更に国道9号を西へ車を進め、ついに府県境を越えて兵庫県は養父市(当時は養父町)へ。するとそこには…

待ちに待った『3枚目』の「パンダ」(固有名詞ではないので伏字無し)を発見。しかしまぁ、表情というか、デザインのインパクトがでかい。本当に「三枚目」だ(謎)。

さて、先ほどと同様、周辺に期待する筆者。「二度あることは三度」で再び焦るのか、期待が叶い「三度目の正直」となるのか。

■学校そばで子供たちを見守る「彼」

さすがにすぐではなかったが、焦るが出てくる少し前に「彼」が立っているのを発見。養父市を少し進んだ先(当時は市町村合併前で八鹿町)にて、とある小学校の前に国民的ヒーロー・「ピ●チュウ」がいたのだ。

「ろかたりあん」設置が子供の交通安全祈願が目的と考えると、当たり前だが子供の往来が多い幼稚園や学校の周辺で彼らの設置率が高い。探索時の目安として、改めて心の中にメモしておこう(笑)。

無事写真に収め、更に西へ車を進めるとすぐに…苦労が報われつつある?

■通学路の「彼」

国道の小さな交差点、押しボタン信号機そばにも「ピ●チュウ」が立っていた。国道を渡る子供たちに、「手を挙げて渡ろう」と訴えているようだ。それより、信号機のボタンの押し方を教えたほうがいいかも(笑)。

あと個人的感想として、良い意味で絵が少々「味がある」ように思える。手作り感がよく出ているということだ。 撮影を終え、車へ向かいこれまでと同じく次の探索へ向かおうとしたら…

■国道挟んだ反対側にも

国道の反対側にもう1体、画像の「エ●キッド」が立っていた。道路を挟んでの2体、最初から目にしていそうだが、意外と見えていないことに驚いた。実は直前までの探索でも見逃しが…なんて思ってしまう(汗)。

彼は“でんきポ●モン”ということで、停電時も信号機大丈夫…とならないだろうか(ピ●チュウも電気出すし)と、個人的に期待しておく。

ちなみに「エ●キッド」は「エ●ブー」に進化すると聞いているが、その後進化しているのだろうか。

■なんとか新コーナーへ

この日は綾部市から養父市まで車を走らせ、結局得た「ろかたりあん」画像は計6つ。何とか新コーナー立ち上げられた

当日は時間的なこともあり、養父市にて別ルートを使い帰宅した。帰路での顛末は、先に記した通り「捕獲」開始 復路でお楽しみいただきたい。 この日以降、当然ながら交通安全に十分注意しつつ、ろかたりあん探索を関西中心に行なったのであった。




《前ページへ   topへ戻る   次ページへ》
-------------------------------------------------
Finding top画面へ

Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

751822