ろかたりあん
★ -03- 「捕獲」開始 復路 ★
 〜兵庫から京都へ戻る〜 
撮影:2000 ⁄ 11 文面作成:2017 ⁄ 09 ⁄ 01
文面再編集:2019 ⁄ 01 ⁄ 12


--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■帰りは別ルートを狙う

初めての「ろかたりあん」捕獲のトライブでは、『-02-「捕獲」開始 往路』でレポートの通り、京都府綾部市を皮切りに兵庫県養父市まで計6体を「捕獲」することができた。

養父より西に行くと行程的にきついので、京都へ戻ることに。もちろん帰りも「捕獲」しようということで、別ルートを選択することにしたのだった。

■京都府に入って

ルートに選択したのは、兵庫県丹波篠山市から京都府南丹市へ抜ける国道372号。この頃は「有名キャラ風」を狙ったこともあり、残念ながら兵庫県内では撮影対象を見つけることができなかった。

京都府に入ったものの往路が2体のみだったので復路も正直期待薄だったが、なんと府境を越えると程なく登場。まずは画像の「ス●ーピー」。 美味しそうなりんごを持って穏やかそうに座っているが、飛び出す恐れがあるようだ(笑)。

■次々に…

この周辺は地域の頑張りがあるのか、次々と「ろかたりあん」が登場してきた。車を邪魔にならないところに停め、まずは園部川に架かる橋の袂に立つ、「キ●ィちゃん」を撮影。

可愛く描けているが、“あぶない”そうだ。夜に化けて出る?(汗)。ちなみに訪問当時はこの橋含め国道だったが、その後別ルートでバイパスが開通し、今は市道となっている。

■徒歩で捕獲

前の「キ●ィちゃん」より、徒歩で篠山方面へ。そこに立っていたのが、「プ●さん」。デザインが微妙だが、まぁオリジナルに似せるのが目的じゃないから良しとしよう。

小学校のPTAが設置したことが読み取れるが、その後の学校統廃合で残念ながら廃校となったそうだ。守るべき子供も減っていき、「ろかたりあん」も減っていってしまうのだろうか

■とびだすな

「プ●さん」より篠山側も期待したいところだが、先ほど車からの目視で“彼ら”不在を確認済み。よって踵を返し車へ。その途中、黄色い“ヤツ”を発見。画像の「ピ●チュウ」だ!

ここは2車線だった国道が、部分的に狭まっている場所。車もある程度のスピードで突っ込んでくるからか、文言が車に対する「飛び出し注意」ではなく、歩行者に対する「とびだすな」になっていた。

■名前を知らずに…

車に戻り、今度は先程の「キ●ィ」橋の先へ向かった。期待通り、そこに画像の彼が立っていた…が、正直なところ名前がわからない。帰宅後調べるとして、とりあえず撮影。

その後“大臣(匿名)さん”よりメールにて、「『ぼくは王さま』という児童書に登場する王様」(あ●うえおうさま)と情報を頂いた。「あ」から始まることば…「あぶない!」もそうだな。

■子供も納得

徒歩散策を終え、車を出す。先の「キ●ィちゃん」「あ●うえおうさま」を横目にしばらく進むと、とある交差点で「バ●キンマン」を発見。もちろん名前は知っている(笑)。

近くに天敵「ア●パンマン」がいないからか、堂々と立っているように見える。そして足元には、「あぶない」の文字。そう、子供も納得できる。彼はあぶないのだ(笑)。そういや、「ド●ンちゃん」は何処?

■傾向がわかってきた

初めて「ろかたりあん」探しに出ての感想は、“いるところには集中している”ということ。自治会やPTAが積極的に設置するかどうかなのだろう。

あと、探し出しても撮影のための駐車場所確保が難しいのを実感した。基本的に住宅地(集落)での設置が多いので。それらを注意しながら、今後も「ろかたりあん」探索を行うことにしょう。



《前ページへ   topへ戻る   次ページへ》
-------------------------------------------------
Finding top画面へ

Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

756913