ろかたりあん
★ -07- 飛び出し老人 ★
 〜「老たりあん」と呼びましょうか〜 
撮影:2003 ⁄ 04〜2008 ⁄ 07 文面作成:2017 ⁄ 10 ⁄ 21
文面再編集:2019 ⁄ 01 ⁄ 14


--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■子供だけじゃない

これまで紹介した「ろかたりあん」は、“子供”や“子供が好むキャラクター風”がほとんどである。

少々真面目な話となるが、公益財団法人・交通事故総合分析センターの“四輪車対歩行者の事故に関する歩行者の年齢別”分析でも、 5〜9歳の事故件数が多くなっていることから、ろかたりあんが子供中心となるのは納得するところかと思われる。

一方で同分析を見ると65〜80歳の年配組も事故件数が多くなっており、ドライバーは年配層(いわゆる老人)にも子供と同様に十分注意する必要があるといえる。

…という理由より、「ろかたりあん」の老人版についてもニーズがあるようだ。ここでは筆者が撮影した、「飛び出し老人」(老たりあん)を紹介する。

■杖をついたおじいさん

個人的な“おじいさん”イメージに近い彼。杖をついて、奥がら近づくバスなんてお構いなしに道路を渡ろうとしている。ちなみに、彼のすぐ後ろはバス停となっている。

なお、最近同所をGoogleストリートビューで見たら、彼は無くなって(亡くなって?)いた。合掌…。(なお、バス停も廃止されたのか見当たらなかったことも付記しておく)
〔撮影地:兵庫県豊岡市〕

■麦わら帽子のおじいさん

麦わら帽子の、にこやかなおじいさん。奥にはおばあさんも居り、夫婦だと思われる。微笑ましい夫婦仲かと思うが、二人の間に微妙な距離感を保つのが秘訣なのだろうか

こちらは上のおじいさんと違い、飛び出すどころか道路を渡りそうに見えない。そして、この“飛び出さなさそう”おじいさんですが、その後悲しい事態に見舞われるのであった。
〔撮影地:滋賀県大津市〕

上のおじいさんの兄弟?似ている(笑)。こちらは黄色い旗を持っており、通学路の横断歩道で子供らの安全を見守る地域のおじいさんそのもの。「おはよう!」の声が聞こえそう。

ただ、子供をより安全に渡らせるなら、この場所ではなく奥の横断歩道のほうが良いのではと筆者は思うのだがどうだろう。
〔撮影地:滋賀県野洲市〕

■おばあさん3連荘

こちらのおばあさん、前出のおじいさん二人に比べ「飛び出しますオーラ」大量放出しているよう感じる。ここまで長生きしてきたのだから、事故で命落とさないよう切に祈る。

彼女の前掛けには「とまり野洲(やす)運動実施中」の文字。“止まってね”の「止まりやす」と自治体名「野洲」をかけてのキャッチフレーズだと思うものの、これは誰に対して訴えてる?車?それとも、止まりそうにない彼女自身?
〔撮影地:滋賀県野洲市〕

奈良県で見かけたおばあさん。冒頭のおじさん同様、マイペースに杖ついてゆっくり道路を渡ろうとしている。電柱の陰から出てきているが、車を避ける余裕は持てそうだ。

しかし、待て!彼女の足元には「とび出し注意」の文字が見える。文字通りなら、見た感じから豹変して道路へ飛び出していくのではないか。そうなると避ける余裕はなく、引き続き緊張感をもって運転したい。
〔撮影地:奈良県宇陀市〕

そして、またしても滋賀で「飛び出しますオーラ」放出しているおばあさんを発見。ふたつ上のおばあさんもそうだが、滋賀の御老体は足腰十分お元気なのか。秘訣知りたいものだ。

今回は、数的におじいさんよりおばあさんが多い。もちろん、意識して撮影したわけではない。高齢になっても、女性のほうがアクティブ傾向だからなのか?それとも、平均余命年齢が高く該当人口多いから?
〔撮影地:滋賀県栗東市〕

■孫?とおばあさん

そんな活動的なおばあさんを守ろうと、孫らしき子供も付けてみました…という感じのろかたりあん。子供は孫だろうか。子供が手を広げて、おばあさんの飛び出しを静止しているようにも見える。

本ページ最初に紹介した「分析」においても高齢者や子供は交通弱者の位置付けとなるため、車を運転の際は皆で一層の安全運転を心がけたいものである。
〔撮影地:滋賀県野洲市〕

■まとめ

やはりご年配の方ですから、体力の衰えもあり“(勢いよく)飛び出す”構図ではないようだ。一方で年齢を重ねると体力とともに視力や聴力も衰えるということから、道路横断時に近づいてくる車に気が付かないケースも十分あり得る

運転時には気を付けるとともに、自分自身もやがて年配の仲間入りすることから、自身に対する何らかの対策も考えておく必要がありそうだ。さて、どうしたものか。



《前ページへ   topへ戻る   次ページへ》
-------------------------------------------------
Finding top画面へ

Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

751813