ろかたりあん
★ -12- 聖地?訪問 ★
 〜「とび太くん」誕生の地へ〜 
撮影:2017 ⁄ 09
文面作成:2018 ⁄ 01 ⁄ 06
(最終更新:2018 ⁄ 11 ⁄ 30)


--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■「とび太くん」誕生の地

当コーナーの-01-イントロダクション最終段でも触れたとおり、滋賀県の飛び出し坊や代表格となる「とび太くん」は 滋賀県東近江市にある久田工芸さんが作成されいる。そのため、東近江市がとび太くんの“誕生の地”ということになる。

その“生誕の地”に『巨大(メガ)とび太くん』があるとのことで、聖地訪問ということで現地へ向かったので今回レポートする。

■「メガとび太くん」

まずは、設置場所詳細の確認より行った。ネット掲載の画像背景より場所を推測しGoogleストリートビュー(SV)で候補地付近を確認したが、肝心のとび太くんが見当たらない。

どうやらSV画像は彼の設置前のものだったようで、恐らく候補地で合ってるだろうと実際に現地へ向かうと、あった!「メガとび太くん」

ただ、画像では“メガさ”が判り難い。左の画像で手前のものが大きく見えるが、「メガとび太くん」は後方である。通常は比較対象となる物を横に置き撮影を行うが、今回は…

彼の大きさを考慮し、筆者自らを比較対象として撮影を実施。ちなみに筆者の身長は約180cmなので、彼の大きさが実感いただけるだろう。 前の道路を走る車と比べても、彼の大きさがよくわかる。
(実際の大きさ:地上高3m、本体高さ1.8m)

先に触れたが、遠近法により通常サイズである手前のとび太くんが大きく見える。それでも10mほど後方にいる「メガとび太くん」が意外と小さく見えないのはさすがである。

なお、この「メガとび太くん」は、2013年12月に地元有志の方が企画・設置されたとのこと。「メガとび太くん」の大きさより、製作や設置が大変だったものと想像する。

せっかくなので、今回の場所(東近江市永源寺地区市原野)の集落を散歩することにした。想定はしていたが、あまり車が来なさそうな道まで、結構とび太くんが活躍している。

画像の道沿いでも、50m位の距離に片側3体も立っているような状態。この地区、正に「とび太くん王国」になっていることを感じたのだった。

■そして生誕の地へ

せっかくなので、とび太くんの生誕地である「久田工芸さん」の場所まで行ってみることにした。関係者や知り合いではないので直接訪問する勇気はなく、周辺散策だけに留めた。

名神・八日市ICより西へ。しばし歩くと、久田工芸さんの看板を発見。ここが「とび太くん誕生の地」なんですね。

先の「メガとび太くん」周辺(市原野地区)にはとび太くん多数立ってたが、久田工芸さん近所についても期待をし周辺を散策するのだった。しかし残念な結果となってしまった。

散策した記録として、久田工芸さんの近くで「お仕事中」だったとび太くんを撮影した。「誕生の地」でのお仕事お疲れさま。

■おまけ)希少な君?

散策中で偶然発見した、とび太くんではないがよく見かける飛び出し坊や。 通常は服の色が「青」「赤」の2種類なのだが、彼の服は「緑」。さすが聖地は新作が早いのか!?

でもよく見ると、後から上塗りで、それも荒っぽく塗ってる感じ…新作ではないのか。。。もう少し丁寧に塗ってくれると、彼も喜ぶと思うのだが。

■最後に

実はこの訪問日に、近くの道の駅で飛び出し坊や展示のイベントが開催されていた。残念ながら、それを知ったのは帰宅途上の車の中。 イベント会場まで行ければベストな訪問となっただろう…事前勉強不足を反省し今後に生かそう。

イベント抜きでもとび太くんを満喫することができ、この日はよい聖地訪問となった。



ざ・ろかたりあんtop画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2018 サイト管理人 うえの
742398