ろかたりあん
★ -26- 栗東的独特仲間達 ★
 〜栗東でも彼らが待ち構えていた〜 
撮影:2003 ⁄ 10、2018 ⁄ 11 
文面作成:2019 ⁄ 01 ⁄ 01


--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■発端は地元新聞の記事から

10月のとある日曜日の朝、新聞に目を通していた筆者は、とある記事の写真に視線を奪われたのだった。

それは“乗馬しているとび太くんに色塗りしている児童”の写真であり、記事によると滋賀県栗東市にあるJRA栗東トレーニングセンターで開催された小学生見学会の一コマとのこと。

更に記事によると、塗られた飛び出し坊やは11月に同市内にあるJR手原(てはら)駅などに設置予定だとか。機会があれば探しに行こうと、頭の片隅に置いたのだった。

■そもそも栗東市にも個性派が…

実は過去の管理人経験より、栗東市でも結構な「個性的な彼ら」がいるものと認識している。実例として左画像の「緑人間達」のような、他地域では見かけることはないよね的なものもあった。

そうな同市であるから、駅周辺と言わず適度に歩けば多くの「個性派クン」が見つけられそうだ。そういうわけで、数回に分けて市内を散策することにした。

■まずは“発端”の彼

散策の結果をレポートしていくのだが、1番バッターはやっぱり冒頭の「彼」、“乗馬とび太くん”しかいない。

結論から書くと、栗東駅近くの大宝神社と、栗東運動公園にて計2名を発見できた。しかし、記事で設置予定と書かれた「JR手原駅周辺」では見かけなかったのは不思議。駅の周辺をくまなく散策したのだが…。

また発見した2名と記事の画像にあった彼とを見比べると、塗られた色が明らかに異なっており別人だと思われる。記事の彼は、きっと別の場所で元気に仕事頑張っているのだろう。

■旧東海道沿いにて

散策のメインルートに、旧東海道を選択した。旧街道沿いには古くから住宅が密集するが、道幅自体は広くない。一方で、抜け道として利用する車が結構存在する。そのため交通安全喚起上、飛び出し坊や設置されるケースが多い。

すると、期待どおりの「彼」を発見。旧街道の雰囲気にマッチした、「天秤」を肩に掛けた江戸時代の運搬人キャラである。訴えが飛び出し注意ではなく速度抑制であるのは、抜け道利用の車が急ぐために速度を上げてしまう実態を踏まえているのだろう。

なお、彼の近くの路地には忍者風のキャラも立っていた。文字がかすれて読み辛いが、「スピード出さないでね」と記されているようだ。路地でもスピード抑えず車が抜けていくのだろうか。

次は時代物ではなく、“Desined by 地元子供会”風キャラであり、表と裏でデザインが異なる。今回の散策でも同じパターンを数多く見かけたこともあり、代表として画像の彼に登場いただいた。

その「彼」であるが、かなりの大口が印象的である。目も左右対称ではない。しかし恐怖や違和感があるキャラではなく、癒し系のようである。そんな彼の裏側を見ると…

あなたは誰?なんか、怖いんですけど。表の癒し系と裏の不思議系のギャップがたまらない、個性的なキャラが栗東市に存在する。

こちらは“仕事”に生真面目な彼らのご紹介。街道にて小さな橋の工事が行われ、仮設のう回路が設けられている。その仮設道路上で、2名の飛び出し坊やが“本業就業中”状態となっていた。

彼らはもともと立っていた路肩より、一時的な仮設道路へわざわざ“転勤”したものと思われる。さすが工事業者の方、滋賀県における彼らの仕事の重要さを理解されている(笑)。

■他に気になった彼ら

表裏異なるろかたりあんは既に代表登場済みだが、おまけでもう1組。本来は“某キャラ”で紹介すべき彼らだが、相棒の色が違うので“某キャラ”掲載却下(笑)。

の●太くんのメガネフレームがゆがんでいるのは、飛び出しによるダメージか?ハ●キルーペ強度のものが必要かも。相棒のほうは…顔が“福笑い”に近いものがある(笑)。

そして、手原駅付近の彼ら…

ろかたりあんとはイメージが大きく異なるが、「路肩に立っている」「交通安全啓蒙」という重要な部分を共通しているため、彼らもろかたりあんと言えるのかもしれない。

さすが栗東市、ろかたりあんのバリエーションも幅広い。ただ当コーナー“ビフォーアフター”的には向かないかも。耐久性が良さそうで、筆者のほうが先に朽ちてしまうかも(汗)。

最後は、「パン屋」と書かれたとび太くん。本来は当コーナー“仕事中”に登場しそうな彼である。しかし彼のそばには、肝心のパン屋さんが見えない

矢印に従い、住宅街へ入る道路へ。2分程歩くと、パン屋さんらしき建物が見えてきた。ベーカリー アンさんというお店とのこと。この日は荷物増やしたくなかったので、残念ながら入店を断念。

最初の「飛び出しクン」は、「呼び込みクン」として今後も副業頑張って欲しい。



《前ページへ   topへ戻る   次ページへ》
-------------------------------------------------
Finding top画面へ

Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

751813