ろかたりあん
★ -27- スーパータイヤ人 ★
 〜宇宙からの使者?〜 
撮影:2008 ⁄ 09
文面作成:2019 ⁄ 02 ⁄ 09


--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------

■スーパータイヤ人

スーパーサイヤ人」を入力間違いした?。いやいや、もしサイヤ人ろかたりあん紹介であれば、「某キャラ」コーナー扱いである。なおかつ、名称表現の一部は伏字になっている(笑)。

もちろん入力間違いではなく、文字通り「タイヤでできた交通安全を願う人」を当サイトが命名したものである。「人」というより、「ロボット」っぽいのだが…。路肩に立っているので、“ろかたりあん”の仲間にしてしまった(笑)。

筆者が撮影出来たものより、随時紹介していく。まずは、青森で見かけた2体である。

■青森へ降臨(保護者付き?)

当時新潟に単身赴任していた筆者は、この日は愛車の軽自動車で竜飛岬の「階段国道」を目指していた。その途中、青森県平川市を走行中に画像のスーパータイヤ人を目撃した

黄色いたすきに「交通安全」、帽子には「安全祈願」そして看板に「交通マナーを守って明るい社会」。交通安全の訴えに隙がない!さすがスーパータイヤ人、最強である(笑)。

飛び出し坊やではないので飛び出さないだろうが、もし写真の彼が飛び出したら、衝突した車の方を心配してしまうのは筆者だけだろうか。それぐらいの大きさ、迫力を彼は持っている。

筆者はその後竜飛岬付近で車中泊し、早朝より階段国道を堪能した。若干疲れを覚えながらも津軽半島を南下、つがる市の県道を走行中に平川市とは違う「彼」を目にしたのだった。

先の彼のようなたすき類は無いが、赤いタイヤを多用した迫力のあるボディが印象的。だが、彼には悪いが筆者は背後の案内看板「しゃこちゃん」が気になっていた。「しゃこちゃん」って、誰?

「しゃこちゃん」は、つがる市の亀ヶ岡遺跡にて出土された遮光器(しゃこうき)土偶」のキャラクターとのこと。そのためか、付近には遮光器土偶のろかたりあんも立っていた

遮光器土偶というと筆者の頭には「宇宙人説」が浮かぶが、実は今回見かけたスーパータイヤ人も実は宇宙人だったのでは…と、妄想を掻き立てられる。そういえば、「スーパーサ●ヤ人」も宇宙人だったな(笑)。

■星へ戻っていった?

スーパータイヤ人がいたつがる市の場所を、Googleストリートビューで確認した。2014年5月撮影のものらしいが、スーパータイヤ人がいなくなっている!いったい彼は何処へ?

やはり彼も宇宙人で、任務を果たして星へ帰っていった…と、筆者の妄想は膨らむのであった。なお、土偶の彼は現役でストリートビューで確認できたことを付記しておく。きっと彼は周辺のスーパータイヤ人を監督する管理者なのだろう(笑)。



《前ページへ   topへ戻る   次ページへ》
-------------------------------------------------
Finding top画面へ

Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

752153