せたりばTOP
★ 蛙岩を探せ! ★
かえるいわをさがせ!
最終更新日:2018 ⁄ 05 ⁄ 06

■基本情報

《住所》滋賀県大津市石山南郷町

《web》  −
《交通》京阪バス「蛙岩」停下車。


--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------


■「蛙岩」バス停

石山駅から大石方面行きのバスに乗車すると、厄除けで有名な立木観音の手前で、「蛙岩(かえるいわ)」というバス停に到着する。

ただ残念ながら、地図や観光案内などで「蛙岩」の文字を見ることがない。そこで、「蛙岩」を確認しようというのが今回の企画である。

早速、現地「蛙岩」バス停へ。横を流れる鹿跳渓谷の奇岩に「蛙岩」があると推測し、飲食店駐車場脇より渓谷を見下ろすが…「岩多いし遠くて見えない」。 やむを得ず水際近くへ降りられる場所を探し、路肩狭い道を車に最大注意しながら歩こう。


「蛙岩」という
バス停あります

渓谷見下ろす
蛙岩判別不能

道は路肩狭く
徒歩は最大必要


■ラフティング

話が前後するが、「蛙岩」には『瀬田川ラフティング』のベースがある。

ここに集合のうえで手続きを行い、鹿跳渓谷の上流に当たる一つ手前のバス停「新浜」付近まで移動し、ボートに乗って渓谷を下るという。 筆者は未体験であるが、眺めている分には楽しそうに感じる。瀬田川の体験型観光資源として今後も継続頂きたいと、瀬田川周辺の一住民として期待したい。


ラフティングの
ベースとなっている

渓谷下り出発
楽しそうです


■水際へ下りついに岩が

バス停より2〜300mほど歩くと、路肩に「鹿跳峡の甌穴(おうけつ)」の看板が目に入る。なお、“甌穴”は花崗岩表面が瀬田川の流水作用により穴が形成されたものとのこと。 残念ながら蛙岩については触れられていないが、看板脇より水際に降りれる小径を発見。足元に注意しながら、早速水際へ下りていく。
※河川増水時は危険ですので下りないよう。

予めお断りしておくが、似ているかどうかは主観的な判断となる。筆者の感覚で蛙に似た岩を探し、概ね多くの方に同意頂けそうな岩の画像を下で紹介し、本頁は終了としたい。

あと残った疑問として、最初の確認でこの岩が見えていたのでは?を解決しておきたい。早速元の場所へ戻り、改めて岩のある方向へ目を凝らす。 《結論》蛙には見え難い。残念ながら、岩の表裏で見え方が違うため、バス停からは「蛙岩」(らしきもの)が発見しにくく残念である。



説明板脇を水際
へ下り蛙岩探す

主観的判断で
「蛙岩」ではないか

バス停付近より
蛙に見えない…


せたりばtop画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

756909