せたりばTOP
★ 琵琶湖との境界 ★
びわことのきょうかい
最終更新日:2019 ⁄ 02 ⁄ 23

■基本情報

《住所》滋賀県大津市
       玉野浦〜晴嵐1丁目

《web》  −
《交通》JR琵琶湖線「石山」駅下車。
       徒歩10分程度(晴嵐1丁目)。


--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------


■素朴な疑問

「せたりば」トップページにも記したが、瀬田川は「琵琶湖より注ぎ出る唯一の川」である。 そこで素朴な疑問として、『琵琶湖と瀬田川の境界はどこ?』が頭に浮かぶのである。

結論から言うと、両者の境界線は明確になっている(ただし宇治川との境界は微妙だが…)。岸の西側と東側には境界の看板もあり、湖岸の道路からもよく見える。 今回その両ポイントへ向かったので、まずは東側(大津市玉野浦)より簡単に紹介したい。

そこは湖岸のコンビニ駐車場脇で、対岸(西側)を向くと右が琵琶湖で左が瀬田川となる。境界のすぐ北側は、ボートやレガッタの競技開催で有名な琵琶湖漕艇(そうてい)場がある。 境界線と漕艇場の間で川が琵琶湖に注ぎ込み、湖岸道路には橋がかかっている。ここは紹介したい“案件”があり、改めて触れることにする。

なお境界線については正しく理解しておきたく、近畿地方整備局に確認を行っている。画像掲載に続きその内容を紹介する。


境界東側(玉野浦)
漕艇場が見える

右が琵琶湖で
左が瀬田川

境界線の川に
ある案件が…


■瀬田川と琵琶湖の境界

近畿地方整備局によると、昭和40年3月24日付の官報にて河川法に基づく一級河川の名称・区間が定められ、琵琶湖との境界線もその際に定められたとのこと。 ちなみに、琵琶湖の河川法上名称は「淀川水系一級河川 琵琶湖」だという。クイズで耳にすることはあるが、地元知識として改めて認識しておきたい。

散策の話に戻ろう。国道の橋にて瀬田川を渡り、境界の西側(大津市晴嵐)へ向かった。 そこは琵琶湖畔にある「大津市湖岸なぎさ公園」の南端で、対岸(東側)を望むと先程のコンビニが小さく見える。向かって左が琵琶湖、右が瀬田川となる。

なお境界の看板を見るとわかることだが、この境界は“河川管理境界”を示すという理解が正しいらしい。 境界線で見た目が変わるというわけではないが、法律・管理上での境界があるのだと認識しておこう。


琵琶湖との境界
西側(晴嵐)

境界線東側と結ぶ
境界線イメージ

境界線を
地図上で確認


■琵琶湖をまたぐ橋

さて、先にも触れたが、境界線東側にある「注ぎ込む川」と「湖岸道路の橋」について紹介しよう。

この橋の親柱(おやばしら)を見ると、そこには『びわ湖』と記されている。通常ここには、下を流れる川の名前が記されるが…。 更に湖岸道路を400mほど北にある橋の親柱も同様の表記だが、更に700m北にある橋は通常の河川名表記である。つまり、橋2箇所のみ『びわ湖』表記なのである

この2橋について触れた情報はweb上で見当たらなかったが、この周辺地区(大萱、玉野浦)が昭和30年代に琵琶湖埋め立てにより造られたいきさつを考えると、 2橋の下は“川”ではなく“琵琶湖”と考えるほうが自然と考えるがいかがだろうか。

そう考えると、琵琶湖には他にも多数埋め立て地があることから、意外と「琵琶湖をまたぐ橋」は多いのかもしれない


地図上A地点
橋が琵琶湖またぐ

地図上B地点
ここも琵琶湖

昭和30年代まで
ここは湖の一部


せたりばtop画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

755211