せたりばTOP
★ 佐久奈度神社 ★
さくなどじんじゃ
最終更新日:2018 ⁄ 09 ⁄ 15

■基本情報

《住所》滋賀県大津市大石中1丁目

《web》佐久奈度神社
《交通》京阪バス「大石小学校」停下車。
       徒歩2分程度。


--------- 画像を押すと拡大表示されます ---------


■歴史情報

佐久奈度神社は669年(天智天皇8年)に、勅願(天皇による祈願)により祓戸大神四柱をお祀りしたのが始まりと伝わっている。

御祭神は次の通り。
 ・瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)
 ・速秋津姫命(はやあきつひめのみこと)
 ・気吹戸主命(いぶきどぬしのみこと)
 ・速佐須良姫命(はやさすらひめのみこと)

神道の「中臣大祓詞」には、祓戸大神が世の中の罪を(瀬田川の渓谷)「佐久那太理(さくなだり…“裂けた谷”)による速川(激流)にて流し出し消し去る旨が記されているという。 天下の祓所として著名であり、大七瀬の祓所のひとつにもなっている。

昭和39年までは瀬田川に近い現在の銀杏の大木傍らに建っていたが、天ケ瀬ダム建設に伴い現在の地へ移っている。


佐久奈度神社の
神額

境内の
様子

木の傍らより
移転した


■四季の風景

当地は昔より「桜谷」とも呼ばれることからか、春になると桜が境内を華やかに飾る。 夏は7月31日に「御手洗祭」が行われ、いつもは静かな境内が人々で賑わう中、年前半の罪穢れを祓う

秋は境内のもみじが美しい。その中で七五三のご祈祷も行われる。 そして年末には、「大祓式」にて年後半の罪穢れを祓う

決して参拝者で年中賑わう社ではないが、訪れるだけでも心が清められそうな静かな佇まいの境内が訪問者を癒してくれる。


桜満開な日
本殿を写す

夏の御手洗祭
人々が集う

ある秋の日
本殿と紅葉


せたりばtop画面へ   Finding top画面へ
-------------------------------------------------
Copyright 1999-2019 サイト管理人 うえの
当サイト20周年ありがとうございます

756909