トップページへ      エレキーの目次へ     電子工作の目次へ
   エレキー F675 開発基板

最近市販されたマイクロチップ社のPIC12F675を使ってエレキー用 ICを作ろうと考えています。 このPICは8ピンで小さなICですが EEPROMを内臓しているので、電源を落としても書込んだメッセージは別のメッセージを再書込みするまで保存されます。

またアナログ・デジタル(A/D)ポートもあるので、キーイング速度を可変抵抗器で無段階調節することが可能です。

プログラム開発の目標(仕様)は次のものを考えています。

1.CQ呼出や、コンテストナンバー用に 2チャンネルのメッセージメモリを持つ。
2.送信速度は可変抵抗器で殆ど瞬時に相手の速度に合わせられる。
3.メッセージは1回だけ送信と一定時間の間隔を置いて繰返し送信可とする。
4.バグキーモードも有する。
5.送信機用キーイング出力1点とモニターブザー出力1点を別々に有する。
6.PIC用クロックは外部水晶発振子などはつかわないで、内部RC発振(4MHz)とする。

PICの8ピン中、電源+とGND用の2本を差し引くと I/Oに使えるピンは6本になります。しかし必要な I/O は GNDを除いてパドル入力(2)、メモリー入力兼読み出し(2)、キーイング出力(1)、モニターブザー出力(1)、スピード調整用入力(1)、リピート送信 ON−OFF入力(1)、バグキーモード切替(1)の9本となります。不足する3本はソフトウエアで補いました。

プログラム開発、TESTのために下の写真のような基板を製作しました。
完成したら「キーヤー」の頁でお見せいたします。
うまくいけば安価で小さな高機能エレキー用ICができそうです。


エレキーF675が完成しました。 ここ(F675キーヤー)をクリックすると完成写真などが出ます。ジャンプ先のページから自作支援用のPIC書込みHexファイルのほか回路図や取扱説明書などもダウンロードできます。