ホームにもどる
 
 
アマチュア局の再免許申請と変更申請
 
JA1HHF/日高 弘
 
5年に一度の再免許申請や久しぶりの変更申請などについてまごつきませんか?
 
1エリアの「再免許申請」や保証認定不要の「変更届」の書類提出先
〒100−8795 
東京都千代田区九段南1−2−1
九段第3合同庁舎
関東総合通信局 陸上第三課
(関東総合通信局は平成19年5月1日から上記の通り住所が変りました。)
 
再免許申請書類の書式
平成19年5月7日 無線局免許手続規則が改正されました。これにより
平成19年8月1日よりアマチュア無線局の再免許申請にあたり従来の「無線局事項書及び工事設計書」の添付が不要になりました。(2007.8.15 記)
 
提出する書類は
  ・再免許申請書
  ・免許状を受け取るための切手貼付返信用封筒
だけでよくなりました。
なお、経過措置として従来の書式は平成20年2月1日まで使用できます。
 
再免許申請書の
新しい書式 は下記からダウンロードできます。
http://www.tele.soumu.go.jp/j/download/proc/index.htm
 
更申請書類の書式
変更申請書の書式は法令で定められていませんので再免許申請書の従来書式に準じて表題を「変更申請書(届)」とし、変更する「項目」を示して「別紙の書類を添えて申請します(届出ます。)」と書いた書類をつくります。
 
再免許申請書の従来書式及び無線局事項書と工事設計書は下記からダウンロードできます。
http://www.tele.soumu.go.jp/j/download/proc/index.htm
書式はA4サイズ一杯にできているので印刷する際はプリンタの上下左右余白を小さく設定します。
無線局事項書と工事設計書は2枚に分けないで表裏1枚に印刷します。
 
ダウンロードコーナには各書類の書き方について詳しい説明書(PDF)があります。
周波数と資格により運用できる多数の電波形式を一括して示す「一括記載コード」を事項書に書きます。裏面の工事設計書にはこの「一括記載コード」は書いてはいけません。実際に運用する新しい表示による電波型式を書きます。技術基準適合証明がある送信機の場合でも省略しないで電波型式を記入しておくと後日のためになります。 免許状にはCWやSSB、FMを示す電波型式は記載されないのです。
提出する書類は正本1通です。 後日のために「控」をとっておきましょう。
変更の申請や届は変更した後の事項を記載します。
 
新電波型式や一括記載コードの内容は下記 TSS社のホームページに出ています。
 
保証認定を受ける必要があるもの(空中線電力200W以下)
1.技術基準適合証明の無い送信機
2.技術基準適合証明が有っても内部に改造を加えた送信機
3.送信機にパワーブースタなどを付加した場合
4.常置場所を変更した固定局
 
上記1項の送信機で認定、免許を受けた後に改造した20W以下のものは直接総合通信局へ変更申請をします。
 
FM電話用送信機のマイク入力に低周波発振器を接続してFM電信もできるように変更する場合、保証認定は必要ありません。直接総合通信局あてに電波型式の指定変更申請書類を提出します。ただ、このときはどのように発振器を接続して発振器のどこをキーイングするか、低周波の周波数は何ヘルツか等(例えば「 650Hz〜1,000Hz」の様に)を示す系統図を添付する必要があります。
(参考資料

保証認定申請書類
この申請書の書式は 認定代行会社 TSS社 のホームページ  http://www.tsscom.co.jp/ からダウンロードできます。変更の認定料は \3,000.- で、支払いは郵便局備付けの振替払込用紙でOKです。払込の受領書原本を書類に添付します。収入印紙では受け付けてもらえません。
 
保証認定先
〒112-0011
東京都文京区千石4-22-6
TSS株式会社 保証事業部
保証認定申請書と変更申請書、無線局事項書及び工事設計書などを一括して送ります。
 
再免許の申請期日
再免許の申請書は免許の切れる1ヶ月前までに所轄の通信局へ到着しなければなりません。
この期日をたった1日でもオーバすると新規開局として申請書類を出し直さなければなりません。
(この場合、50W超の局では \8,100.- の収入印紙が要ります。)
切手の消印や書類を作成した日付でのお目こぼしはありません。「そのくらいいいじゃ〜ン」と言ってもダメです。 お役所は厳しいです。
 
再免許と変更の費用
200W局以下の再免許の場合、申請書に \3,050.- の収入印紙を貼ります。割印はしないで提出します。
変更の場合は無料です。
 
免許状送付用封筒
提出書類には免許状を送ってもらうため自分の住所氏名を書いて \82.- 切手を貼った封筒を入れて提出します。移動する局の場合は封筒の表左下に「無線局免許証票N枚」と記入します。証票の枚数「N」は再免許の場合全送信機数、増設変更などの場合はその数だけを記入します。
 
同時申請
再免許を受ける際、新たな無線機を入手したからといって再免許と増設変更を併せて申請することはできません。免許状の有効期限を睨んでどちらかを先に申請することになります。
 
申請後の通知
1エリアの場合、申請して3〜4週間くらい経つと関東総合通信局から新しい免許状が来ます。
変更申請の場合、周波数などの指定の変更や設置/常置場所などの変更がなければ日付以外、前の免許状と全く同じ内容です。 他エリアの通信局では免許状記載内容が変らない変更は受け付けた旨の連絡書類だけが来るところもあるそうです。
 
2005.12. 2 この頁作成
2007. 5. 1 関東総合通信局移転 住所変更
2007. 8. 1 再免許申請に事項書及び工事設計書が不要となった
2007. 8.21 本文改定