東海2m和文電信愛好者の集い
 
JA1HHF exJH2OIK

 
         
日 高  弘
  
東海2m和文電信愛好者の集い
 黎 明 
   1977年(昭和52年)5月8日
      一宮 レストラン水車小屋

 私が名古屋市港区に転居したのは昭和47年(1972)3月末で、居住先からアンテナ建設が容易な144MHz帯をメインにアマチュア無線局JA1HHF/2の運用を開始しました。 同年7月にはJH2OIKの免許を得て名実共に2エリアの局となりました。
 当初はFMによる交信も多く、大勢の人と知り合いました。夜間、声を出さなくて済む和文電信による交信にウエイトが移りました。

 JH2OIKを運用すること5年、144MHz CW はHF帯と違って混信やノイズに悩まされること無く安定したQSOができ、多くのローカル局と楽しいラグチューをして来ました。QSOを重ねるにしたがい、知り合った皆さん達と懇親を目的にアイボールQSOをやろうではないかという声が湧き上がってきました。

 グランドで会いたい、逢おうとの盛り上がりで昭和52年(1977)5月8日 国道22号線沿い、一宮の「レストラン水車小屋」に6人が集まりました。6人とも日頃の無線通信では通じているものの、お互い全くの初対面でした。そのときの各局コールサインとオペレータ氏名は次の通りです。(注:敬称略、QTHは当時)

    JA2AFD 本巣町  小野木敬進
    JA2AXJ 知多市   石川 巌   
    JE2EZA 知立市  名和 務 (後にJA2JHコールを再取得)
    JE2LMO 豊田市  織田俊穂
    JH2LTV 名古屋市 廣田與一
    JH2OIK 名古屋市 日高 弘 

  
上の写真はレストラン水車小屋の駐車場で記念撮影
 
 水車小屋は五月連休後の日曜日とあって閑散としており、午前11から午後4時まで食事をはさんでのんびりとアイボールQSOを楽しみ、次のことを決めました。
    
1)CWミーティング開催については今回1回だけでなく末永く続けよう。
2)会則を作ったり、役員を決めたり、会費を徴収したりせず、時期と場所を決めて集い、気楽にアイボールQSOをしよう。


 
 第1回 岐阜県下呂町 CBC健保会館
      1977年(昭和52年)6月24〜25日
 
 写真は左より右へ(以下すべて同様です。)
 後列  JE2LMO 織田 JE2EZA 名和 JA2AFD 小野木 JH2OIK 日高
     JA2RE 吉野 JR2RXT 伊藤 JA2THG 黒柳 JA2AXJ 石川 JE2RMN 細野
 
 中列  JR2ILO 加藤 JA2DTP 大岩 JH2WEH 横井 JH2NBT 後藤
     JA2RKL 黄木 JH2VYB 入口
 
 前列  JR2HGF 河田 JA2NWQ 森下 JA2ASB 中村 JH2LTV 廣田 JR2GSJ 野久
     JH2SMA 岩井 JA2ANI 大崎
  

   
 第1回目の会合は昭和52年6月下呂温泉CBC健保会館で開催されました。 会場はCBC(中部日本放送)に勤務していたJH2LTV 広田さんのお世話なりました。参加者は総勢22名、皆さん毎晩2mで和文電信を楽しんでいるためお空の上では旧知の間柄で、会合は大いに盛り上がりました。このときの記念写真の背面のタイトルはJE2LMO織田さんが「144MHz和文電信愛好者ミーティング」と墨書してくれたのを覚えています。
 
 
 第2回 愛知県足助町 香嵐渓 一ノ谷
      1977年(昭和52年)10月8〜9日
 
 毎年1回、グランドミーティングを開こうと決めたのでしたが、当時は皆さん若かったため1年待てず秋に香嵐渓で「第2回 2m和文愛好者の集い」(日帰り)が開催されました。
 


  
その後、「2m和文電信愛好者の集い」は
第3回 岐阜ユースホステル
第4回 三重青山高原で開催されました。
この頃より 愛知、岐阜、三重の3県の有志が持ち回り開催に
なりました。
 

  
 第3回 岐阜県岐阜市 ユースホステル水道山
      1978年(昭和53年)4月15〜16日
 
 後列 JE2TTX富成 JH2HVP鈴木 JA2ACR久保田 JF2BKT山浦 JA2BVJ壺井
     JR2RXT伊藤 JH2MRO光部 JH2NBT後藤 JE2RWB丸山 JE2EZA名和
     JH2WEH横井 JA2AFD小野木 JR2HGF河田 JR2GST野久 JH2VYB入口
 
 中列 Friend JF2BKT山浦 JE2HAU岩井 JE2HYF松岡 JH2IPE岸田
     JA2AXJ石川 JA2KSA薮根 JR2USI安藤 JH2NVA浅野 JA2MVB平野
 
 前列 JE2RWB丸山 JA2TT横江 JA2ANI大崎 JH2LTV廣田 JH2OIK日高
     JA2RE吉野   JA2ASB中村 JA2ASJ大野 JE2RMN細野 JA2THG黒柳
 

 第4回青山高原ミーティング
  三重青山高原日帰りで「愛知、岐阜、三重144MHz 電信愛好者会」
     (昭和53年11月5日)


 
 第5回は1979年(昭和54年)10月知多半島の民宿「知里」で開催されたのですが、その年の6ヶ月前、昭和54年(1979)4月8〜9日、養老公園で和文CWのミーティングがありました。これを第5回東海地区 144MHz和文電信愛好者の集いにしようと言う意見が出ました。

 
しかし、そのとき交信した記録では参加者達が養老公園の移動先から「21MHz 養老ミーティング」と称して電波を出していましたから、それは2mの集いとは別口だという見解も出ました。しかし養老公園ミーティングの出席者18人中15人が東海地区 144MHz和文電信の集いの仲間達であったのと、和文電信を楽しむ人たちはどのバンドにも出ているのだからと、誰言うと無く、いいだろう「第5回」にしましょうと言うことになりました。
    
 知多半島の民宿「知里」でのミーティングを計画してくれていた世話人たちは養老ミーティングのことは知りませんから、「知里」の正面で撮った記念写真の立派な看板は、はっきりと「第5回東海地区・・・・・」になっていました。開催時に参加者への案内書類で第6回に訂正されました。
 
この頃より愛知、岐阜、三重、静岡の4県有志による持ち回り開催となり
ました。
  
 私は養老公園ミーテイングに参加しなかったので写真はありません。
 養老公園運用中の皆さんと交信したログがあります。
 「21メガミーテイング」と言っても 144メガの電波を出していました。
 紙ログっていいですね。


 
 第5回 第6回 愛知県内海町 民宿 知里
           1979年(昭和54年)10月27〜28日

写真では第5回になってますが上記理由から第6回ということになりました。


  
 第7回 岐阜県谷汲村 立花屋
      1980年(昭和55年)4月12〜13日

 前列左から3人目、赤いチョッキはJR1TAG久本さん、前列右端はJA2TG佐名(サメイ)さん。昭和20年代以前、久本さんはベトナムのサイゴン飛行場の通信士、佐名さんは国内で完成した飛行機をベトナムへ送り届ける空送屋?の通信士、戦争に負けてお互い戦死したものと思っていたそうですが25年ほど後にアマチュア無線で再会されました。
このときのミーティングでは佐名さんの回想談が午前2時まで続きました。

 
 第8回 三重県南勢町 サントピア南志摩 
      1980年(昭和55年)10月11〜12日
 
 
 第9回 愛知県碧南町 勤労青少年水上スポーツセンター
      1981年(昭和56年)4月11〜12日

  
 第10回 岐阜県下呂町 清風荘 
       1981年(昭和56年)10月17〜18日

 
 第11回 蒲郡 ホテルたつき
       1982年(昭和57年)11月6日〜7日
 
 

 
 第12回 三重県長島町 長島温泉 
       1983年(昭和58年)6月6〜7日

 
 集合写真無し。 上の2枚だけが手元にあった。
 JF2WNY 渡辺クン  2mCWerとして彗星のように出てきた。
 ナベちゃんナベちゃんと呼ばれ、みんなに可愛がられた。
 ご自慢だったフォルクスワーゲンを突然やめて自動2輪に乗り換えた。
 ある日、ドライブ中のカーブを曲がりきれず転倒、対向車と衝突し帰らぬ人となった。 
 「可愛いい青年」が「可哀相な青年」となった。本当に悲しい出来事だった。

 
 第13回 静岡県三ヶ日町 まるかわ荘 
       1984年(昭和59年)9月28〜29日
 
 後列 JG2DHG鈴木 JE2GSS松永 JA2JH名和 JH2WEH横井 JE2PHJ袴田
     JR2PKU瀬戸 JI2CTL小野田 JF2TBX長谷川 JF2RCX中村

 中列 JH2OIK日高 JF2GZH久光 JG2QON堀尾 JR2SIB中澤 JF2NRC伊藤
     JI2NBK国枝 JE2NGK舟橋 JI2WLH永井 JG2AVY米津

 前列 JF2SZG竹内 JH2XZK中村 JH2LTV廣田 JH2HDV片岡 JR2BQN今泉
     JR1TAG久本 JA2ETT鈴木 JI2GRR金子 JA2PCS猪原 JA2FTQ新川
     JG2IVA松本 
 
 
 第14回 三重県賢島 国民宿舎賢島ロッジ 
       1986年(昭和61年)10月4〜5日

 
 第15回 愛知県犬山市 明治村  
       1987年(昭和62年)9月12〜13日
 
後列 JK2DQZ JR2PKU JH2LTV JR1TAG JL1CQL JA2AEL JR2RCN JH2OIK JK2MJQ
JH2WEG JF2RPW JH2HCN JR2HEL JA2SWF
 
中列 JJ3LMK JR2IGI JH9ECQ JH9OZG JA2WE JR9AJX JR3LRQ JG2QON JF2NRC JE2NGK JI2NBK JJ2SFK JA2RE
 
前列 JA2KSA JG2PVB JF2RCX JA2AQJ JH2WEH JF3FIF JH2SMA JG2CME JG2XXV

 
 第16回 愛知県岡崎市 桑谷山荘
       1988年(昭和63年)9月24〜25日  欠席

 
 第17回 三重県湯ノ山温泉 ゆずり葉荘 
       1990年(平成2年)4月28〜29日

 
 第18回 愛知県鳳来町 愛知県民の森 
       1992年(平成4年)6月20〜21日

 
 第19回 静岡県浜松市 サンビーチ浜松 
       1993年(平成5年)5月15〜16日 

 
 第20回 愛知県 サンパーク犬山 
       1994年(平成6年)11月5〜6日

 
 第21回 岐阜県羽島市 羽島簡易保険保養センター
       1995年(平成7年)11月18〜19日 
  
 第22回 三重県湯ノ山温泉 ゆずり葉荘 
       1996年(平成8年)11月9〜10日

 
 第23回 静岡県浜松市 むらくし荘 
       1997年(平成9年)9月27〜28日
 
 
 第24回 愛知県瀬戸市 愛知県勤労研修センター
       1998年(平成10年)6月20〜21日
  
 第25回 岐阜県岐阜市 勤労総合福祉センター ぎふ長良川ハイツ
       1999年(平成11年)6月19〜20日
  
 第26回 三重県鳥羽市 簡保の宿鳥羽
       2000年(平成12年)6月17〜18日
 
 
 第27回 静岡県舞阪町 観月荘
       2001年(平成13年)6月16〜17日

 
 第28回 愛知県犬山市 いるか荘
       2002年(平成14年)6月8〜9日
  
  第29回  グリーンハイツ養老 
      2003年(平成15年)6月21〜22日


 上の写真 左 JA1HHF(exJH2OIK)日高  右 JH2LTV 廣田さん
 この会合の翌年、7月にJH2LTVはサイレントキーになった。
 
 
 第30回 三重県上野市 サンピア伊賀
       2004年(平成16年)6月19〜20日

 この回は欠席した。
 写真はJA2KSA藪根さんから提供していただいた。
 
 
 第31回 静岡県細江町 国民宿舎奥浜名湖
       2005年(平成17年)6月18〜19日

 
 第32回 岐阜・長良川会館
 続いたこと30年、平成19年6月23〜24日に岐阜・長良川会館で「第33回」の会合が開催されました。第1回、第2回当時に参加された方々のお顔を拝見して、30年前の頃が懐かしく想い出されました。それぞれの皆さんのお顔に刻まれたシワに時の流れを感じました。「集い」の準備会となった一宮のレストラン水車小屋でお会いした名和さん、小野木さん、広田さんは残念なことにサイレントキーになられました。石川さんも同様とのお話を聞いております。織田さんは勤務先がトヨタ自動車特許課であったため、外部の人とのお付き合いを差し控えたいと言って第3回目以降の参加はありませんでした。彼は昭和26年生まれといっていたので、まだ現役と推察します。この先、元気な姿にお会いできれば幸いです。
 
 
 第33回 岐阜県岐阜市 長良川会館
       2997(平成19年)6月23〜24日

 この「東海地区144MHz和文電信愛好者の集い」が30年にわたり続けられてきたのは各県を代表して開催に計画とお力を発揮していただいた世話人が有ったからです。さらに長年にわたり続けられた別の要因を探せば、会長や役職などを置かず、仲間割れの原因となるカリスマ性のある人が存在しなかったこと、堅苦しい会則を作らず、学歴や職歴、社会的な身分や個人的な情報には全く踏み込まず、都合により電波を出せなくなっても同窓会的気分で気楽に参加できたことなどと、常に参加者の熱意と協力があったからであると思います。

 普段、和文電信を7MHz主力で楽しんでいる方が多いため、会合の名称中「144MHz和文電信」の「144MHz」 は削除したほうがいいとの声が出たこともありました。でも、参加者の最初の出会いは144MHzであったし、初期のころから144MHzは運用しない人もそれを承知で参加していました。「東海道新幹線」は40年経っても「新幹線」でおかしくない、などの意見も出て現在でも「144MHz」が和文電信の頭につけられています。

    
 私は成人以後の人生の半分以上を名古屋で過ごしました。2エリアで和文電信を通し、親しくしていただいた方々に感謝いたします。
    
平成19年8月8日 立秋 記

 
 第34回 東海2m和文電信愛好者の集い 答志島とうし荘

 
鳥羽港桟橋に集合した皆さん
 
2008.6.28

(写真二葉 JG2XXV提供 TNX)

 桟橋で撮った写真中、女性は JG2XXV 樋口さんの奥さんで、その右隣前が樋口さんです。樋口さんは2009年9月 サイレントキーになりました。
 
                         2010.7.1 追記

 
 第35回 東海2m和文電信愛好者の集い 
      浜松市弁天島サンレイク美浜
          2009年6月20日〜21日

 
長年続いたこの「集い」で、「東海電信塾」が胎動しています
NTT から子供「ドコモ」が生まれ、親を超える成長をしていますが、
同様に、高齢化した「2m和文電信の集い」を超える日が来るのでしょうか?

2009.6.20

(写真 JA2LYW TNX)
 
 

 第36回 東海2m和文電信愛好者の集い 
      伊良湖ビューホテル(愛知県)
      2010年(平成22年)6月26〜27日
 
 私はついに後期高齢者と呼ばれる歳になりました。名古屋市内在住時は長距離ドライブは少しも苦になりませんでしたが、いま住む古河市から東海地方への旅は大仕事です。居眠り防止にXYLを同乗させて、往復888キロのドライブをしてきました。
 
(写真 JR2KYG TNX)
 
 
 第37回 東海2m和文電信愛好者の集い 
      すいとぴあ江南(愛知県)
      2011年(平成23年)6月25〜26日
 
 皆さんお元気そうで何よりです。和文電信ではあまり連絡できない懐かしいお顔が揃っていますね。 幹事局の皆様、ご苦労さまでした。

 私は今年初めから体調を崩し、残念ならが今回は欠席しました。30年過ごした名古屋市、愛知県は今、遠く感じます。 でも次回は参加したいと考えております。

(写真 JO2HHZ TNX)


 
 第1回の集いから出席していた私ですが、昨年は体調悪く欠席、今回は2年ぶりの参加でした。皆さん、同様にお年を召されていました。でも元気で、電信の話に興じました。

(写真 JE2HYF TNX)

 
 第39回の集いは所要あり出席できませんでした。老人会のサポートや
古河アマチュア無線クラブから依頼されたCQマシンの設計、製作(基板)
などで心身とも多忙でした。もはや2エリアは私にと取って遠路ハルバルの
場所になってしまいました。

8月24日 東京ビックサイトで開催されたハムフェア2013の会場でJH2FSE 堀場さんにお会いしました。後日、上の写真を送ってもらいました。

(写真 JH2FSE  TNX)
 
 
 2エリアのみなさん、少しご無沙汰していますが、私 JA1HHF は写真中央のような風体で、なんとか元気に暮らしています。
 
写真 左:JH1MMW 植草さん、右:JH2FSE 堀場さん
 
 
 
  
平成26年5月24日
 第40回の集いは豊田市のホテル・ホレストヒルズで開催されました。
参加の皆さん、お年を召されましたが、お元気でした。

翌25日、刈谷市の依佐美送信所記念館を見学しました。

 
 
 
平成27年5月23日
 第41回の集いは岐阜県恵那峡かんぽの宿で開催されました。
私は腰痛で参加できませんでした。
参加の皆さん、お元気そうでなによりです。

(写真 JO2HHZ TNX)

 
 
 
平成28年5月28日 第42回東海2m和文電信愛好者の集いが津市白山町猪の倉ふよう荘で開催されました。 私 JA1HHF は欠席しました。

写真は JA2KSA 藪根さんから送って頂きました。 TNX

 
 
 
平成29年5月27日 第43回東海2m和文電信愛好者の集いが浜松市三ケ日の割烹旅館ちぐさで開催されました。 私 JA1HHF は欠席しました。
きっと楽しいお話に花がさいたことでしょうね。

皆さんお元気そうで何よりです。 これからも無線電信をお楽しみください。

写真は JA2KSA 藪根さんから送っていただきました。 有難うございました。


トップページへ