FSXデフォルトの建物、河川、道路などを消去する

GooglEarthでの作業

(1)GooglEarth画像画面上の左から3番目の「ポリゴン」アイコンをクリック。
(2)現れたダイアログの、「スタイル」タブをクリック。
  ここで、ポリゴンの色や、周囲の線の色、ポリゴンの透明度を指定する。透明度は50%ぐらいが作業しやすい。
  「OK」ボタンはまだ押さないこと。
(3)消したい範囲のポリゴンを描く。(ポリゴンは一度に複数を描画してもよい。)
  左クリックしながら、ポリゴン描く。右クリックすると直前のポイントが消去される。
  今回の場合、ポリゴンのポイントを描く順番は、時計回りでも反時計回りでもよい。
  (ShoreLineで動く波を設定する場合などは、描いた線の右側に描画効果が現れるので、時計回りか反時計回りかが重要になってくる。)
(4)ダイアログの名前の欄に、適当な名前を入力。(日本語の名前の方が分かりやすい)
(5)一つのポリゴンが描き終わったら、ダイアログの「OK}ボタンをクリック。

・複数のポリゴンを描く場合は、(1)〜(5)を繰り返す。
・描き終わった後に、ポリゴンの上で右クリックし、現れたメニューから「プロパティ」を選ぶと、各ポイントの移動修正、追加などができる。


(6)GooglEarthの、最上段のメニューから、ファイル−保存−「お気に入り」を保存、で、 描画結果を保存しておく。
 画面左欄のフォルダは、必要に応じ新たなものを作成すればよい。

(7)GooglEarthの、ファイル−保存−「名前を付けて場所を保存」で、描画結果をKML形式ファイルに書き出す。KMZ形式は選ばない。
 ・保存するKMLファイル名は日本語が分かりやすいが、稀に、BGLコンパイル時にエラーになる事があるので、英語名のほうが安心かもしれない。
 ・複数のポリゴンを描いた場合、左側のメニューツリーで、全てのポリゴンのルートツリーを選択して保存すれば(全てのチェックボックスにチェックが入る)、まとめて1つのKMLファイルに書き出してくれる。

(8)続いて、下に説明するFSX_KMLでの作業に移る。
(9)GoogleEarthのバージョンアップにより、次のFSX_KMLでの作業時に一手間必要な事を忘れないこと。




FSX_KMLでの作業

(1)作業画面上段のProjectタブをクリック。
(2)KMLファイルを表示するウインドウに不必要なKMLファイルが表示されていたら、そのKMLファイルを選択した後、RemoveKMLボタンを押して消しておく。
(3)GooglEarthで書き出したKMLファイルをAddKMLボタンをクリックして読み込む。(複数のKMLファイルを読み込み可能)
   作業画面下部のShapeタブをクリックすれば、GooglEarthで保存したポリゴンが見える。
(一手間)GoogleEarthのバージョンアップにより、一手間が必要になった。
  ポリゴンの各ポイントを記録したダイアログの最終行に、最初の行と同じ緯度経度を追記すること。
  FSX_KMLとしては、ポリゴンの各ポイントをぐるっと一周して教えてもらえないと、ポリゴンを描けないらしい。

(4)読み込まれたKMLファイルを選択して、discription窓をクリックする。
(5)窓の右に現れた▼をクリックして、表示されたtagの中から必要なtagを選んでクリック。
  画像の例では、河川を消すために Exclude_Hydro_Polygons_Generic_River_Perennial を選んでいる。

・複数のKMLファイルを読み込んだのなら、(3)〜(5)の作業を繰り返す。

(6)Saveボタンを押して、作業を保存する。
(7)作業画面上段のBuildタブをクリック。

(8)現れた画面で、5つのフォルダー指定ボックスに、各ファイルの正しい位置を指定する。
  この指定は、最初の1回のみ行うだけである。
  指定ボックスの下側にある3つのチェックボックスについては、例示の画像の通りでよいと思われる。
(9)中段左にあるBuildボタンをクリック。
 Dosコマンドラインプロンプトの画面が現れたら、キーボードで何か適当なキーを押す。
 すると、あっという間にBGLファイルがGのOutputで指定したフォルダに書き出される。
(10)コンパイルが上手くいけば、BuildProgress欄に表示が出る。