PERSONAL HISTORY

西 川 敏 弘

TOSHIHIRO NISHIKAWA

兵庫県立神戸工業高校(定時制課程)情報技術科 教諭



略      歴


昭和35年(1960年)神戸市 東灘区 本山町  中野字道西

(現在の本山北町4丁目)に生まれ育つ。

地元 神戸市立本山第3小学校から本山中学校を卒業

県立工業高校(全日制 電気科)卒業後

大手家電メーカーでエンジニア(製品設計)として勤務しながら大学で学ぶ

卒業後も学士編入制度など「働きながら学ぶこと」を続け、

今までに公立・私立の大学院/大学/短大 5種類の正規卒業証書を取得する


教員免許取得等の科目履修生等を含めると単位取得大学は8校以上になる。

大阪府大・近畿大・大阪工大・仏教大・大阪学院大・放送大(学部・院)等


修士(学術)放送大学大学院 教育開発コース修了 

学士(工学士・・専門は電気・電子の2学科に及ぶ)・法学士・その他

工学系以外は 大学通信教育を利用 

大学卒業証書


また大学通信教育の聴講生課程で社会科の教員免許・司書教諭資格を取得する

また情報通信関係の資格・検定を中心とした自己啓発を実践

縁あり、工業高校教員の道に進み資格取得指導を行う

昭和63年 兵庫県教育委員会 採用

兵庫県立尼崎工業高等学校 電気科 勤務 

同年 6月  文部大臣賞受賞(社会通信教育)

文部大臣賞授賞式

平成4年  兵庫県立神戸工業高等学校 情報技術科 勤務

平成7年4月〜 同校 情報技術科 学科長(学科主任)現在に至る

(兵庫県立の工業高校は法令上の学科主任を学科長と称しています) 

 

 


私 の 趣 味


アマチュア無線 30年近くも続く趣味 コールサインはJF3MXU

ハムのアワード(賞状)ローカルコンテスト(地元競技会)なども好んで取り組む

電子工作  それは小学生の時「AMラジオの製作」から始まった。勿論聞くのも大好き

パーソナルコンピュータ 8ビットの黎明期から、雑誌にも執筆

資格取得(生涯学習)  今や資格取得総数100を超えています

郷土史や地車の調査研究 現在活動休止状態(見物人状態)

兵庫津の道

http://jf3mxu.g-7.ne.jp/hyogotsu/

神戸の地車

http://www.rokko.or.jp/users/danjiri/

上記の項目ごとに別紙記載しています

 


 

昭和54年3月 シャープ株式会社 本社 入社

同 年  9月 同社 電子部品事業本部 部品事業部 技術部 勤務

パーソナルコンピュータ mz80シリーズなどの製品設計に従事

日本におけるパソコンの黎明期の8ビット機種 

MZ−80K2 MZ−2200などの製品担当

設計試作・量産設計・コスト検討・マニュアル作成も経験

当時の写真(mz−80kとともに)

その後 周辺機器・OEMデイスプレイ機器等の製品開発に従事

昭和63年3月31日 同社 退職(在職期間9年)

昭和63年4月1日  兵庫県教育委員会 採用

兵庫県立尼崎工業高等学校 電気科(全日制)勤務

情報通信実習を考案(県設備充実計画)

平成4年4月 兵庫県立神戸工業高等学校へ異動

夜間定時制 情報技術科 勤務

県立神戸工高 

 

 


取 得 資 格


 

第1級無線技術士第1種電気通信主任技術者情報処理技術者

データーベース検索技術者第1級アマチュア無線技士 

高校教諭資格高校専修 工業・情報・商業・地歴・公民 高校1種数学・国語 1種情報処理 他 
中学 1種数学・社会・2種職業 養護学校2種教諭資格 司書教諭・学芸員 

その他電子情報通信技術関係を中心に多数取得 別紙参照

信条:生徒に教える資格以上のものを、まず自分で取得体験する




著 作 物

  

無線通信雑誌への技術記事執筆一覧

CQ誌の執筆記事(平成10年4月〜)  


 

所属団体等


社団法人 日本アマチュア無線連盟 正員(終身)

元関西地方本部専門委員 県支部コンテスト委員などを経験

DIG#4284(独)JAG#332 旧CHC(米国) SMIRK(米国)


日本教育経営学会 日本教育工学会 日本工業教育経営研究会 他 

会員 神戸情報通信研究会会員 


プロフィール 平成19年7月改訂  作成者 西川 敏弘


post

西川敏弘 jf3mxu@hi-ho.ne.jp

ホームページへ

アクセス数: