to blog top     ドラマCDリスト   SSリスト




【既刊本 リスト】   ※新しいものが上になります。(絶版のものは書店さんに在庫のある分だけだと思います。)

          しばらく更新できないまま、ほったらかしですみません…。そ、そのうち…!


キャスティング ill. 水名瀬雅良さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 10/04
「ラブシーン」の5冊目、4カプ目。初のオヤジ受け?そして初の外国人同士。俳優と監督の年下攻めです。書き下ろしは「プレビュー」。「ラブシーン」と「ファイナルカット」のキャラが総出演で、案外らぶらぶ。

ルール ill. 高座朗さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 10/02
「スキャンダル」の3カップルめ。シリーズ中では一番普通の年齢差かな。むっつりえろ鬼畜大魔神に変身してしまった政治家秘書、篠宮氏と、城島くんにふられた高森さんのお話です。らぶらぶえろえろ(笑) 篠宮さんの衝撃の過去も明らかになる「トゥルース」書き下ろし。

卒業式 〜祝辞〜 ill. 高久尚子さん ガッシュ文庫 : 海王社 10/02
エクリプスの「卒業式」の新装版です。「祝辞」「卒業証書」「式歌」、そして書き下ろしの「祝辞」の7年後になる「謝辞」が収録。イラストが変わってちょっとしっとり、大人のムードです。

卒業式 〜答辞〜 ill. 高久尚子さん ガッシュ文庫 : 海王社 10/01
エクリプスの「卒業式」の新装版です。「答辞」「送辞」「記念品」、そして書き下ろしの「記念品。その後」が収録。ピュアピュアですともっ(笑)

スピンオフ ill. 水名瀬雅良さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 10/01
「ラブシーン」のシリーズの、まんまスピンオフ的なカプ。俳優さんたちではなく、警察官僚と芸能マネージャーという異色の二人。ツンデレは花ちゃんと、押しの強い箕島くんです。会話の楽しい二人かな。書き下ろしは「アンダースタディ」。らぶいです(笑)

comic : コルセーア 3 comic : 御園えりいさん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 09/09
御園さんによる、マンガ版の「コルセーア」3巻目。怒濤の最終巻です。「ハロルドくん日記」も相変わらず。

統べる者たち コルセーア外伝 ill. 御園えりいさん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 09/08
コルセーアから初の外伝。統領のお話です。成長しました! いつか少年も男に(笑) 年下攻めですね〜。

作曲家の飼い犬 ill. 羽根田実さん キャラ文庫 : 徳間書店 09/04
刑事さんと作曲家。わんことにゃんこっぽいお話。再会モノ…、と言えるのかしら?

リスク ill. 高座朗さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 09/04
連載中断から9年。本当にお待たせしました。私のクソじじいの原点、久賀さんと城島くんのお話。政治家と刑事。かなり年齢高めなカップルです。

スキャンダル 上・下 ill. 高座朗さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 09/03
ようやく新装版です。以前より、ちょっぴり衝撃度弱め(笑) ハードなんですが、純愛なはず…!

コルセーア 〜月を抱く海 X〜 ill. 御園えりいさん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 08/10
アイルを救い出し、ついにシャルクの長老の正体が明らかに――。「月を抱く海」編完結。書き下ろしです。

comic : コルセーア 2 comic : 御園えりいさん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 08/09
御園さんによる、マンガ版の「コルセーア」2巻目。やはり、カバー下に「ハロルドくん日記」をちょこっと。

コルセーア 〜月を抱く海 W〜 ill. 御園えりいさん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 08/08
オルセン大公暗殺の容疑をかけられたカナーレはアヤースと再会し、ついに実の父親と対峙する――。書き下ろし。

ブラッド・クロス ill. ホノハさん 一迅社アイリス文庫 : 一迅社 08/08
スペオペファンタジーアクションコメディな吸血鬼と悪魔の友情もの…か? 同人誌「吸血鬼はパリがお好き」の再録。
※BLではありません。

コルセーア 〜月を抱く海 V〜 ill. 御園えりいさん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 08/07
実の父親の名を知るために、カナーレは再会したアヤースのもとから逃げる。そして謀叛の疑いをかけられたヤーニを救うために、ジルが向かうが――。 書き下ろしです。

シンプリー・レッド ill. 汞りょうさん キャラ文庫 : 徳間書店 08/04
めずらしい年下攻め、吸血鬼モノ。かわいめのお話…かな? 「スィートリィ・ブルー」書き下ろし。

comic : コルセーア 1 comic : 御園えりいさん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 08/03
御園さんによる、マンガ版の「コルセーア」1巻目。カバー下に「ハロルドくん日記」をちょこっと。

コルセーア 〜月を抱く海 U〜 ill. 御園えりいさん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 08/03
シャルクに連れ去られたカナーレは、そこで出生に関する衝撃の事実を知らされる。一方、さらわれたアイルを追ってレティたちはパトラスへ赴くが――。書き下ろしです。

コルセーア 〜月を抱く海 T〜 ill. 御園えりいさん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 08/01
ニノアでの騒動から2年。穏やかに暮らしていたカナーレたちのもとへ、セサームからの使者が――。シャルクが再び動き始める、新章の開幕。書き下ろしです。

コルセーア 〜記憶の鼓動〜 ill. 御園えりいさん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 07/09
嵐に巻き込まれ、船から投げ出されたカナーレはニノア同盟国のオルセン大公に拾われるが記憶をなくしていて――。二人のらぶっぷりとジル大活躍の巻(?) 書き下ろしです。

ミスティック・メイズ 〜桜姫3〜 ill. 長門サイチさん キャラ文庫 : 徳間書店 07/08
「桜姫」の3冊目。完結編。ようやくラブがっ! ……訪れたはず。犯罪捜査局がテロリストに占領され、シーナは人質となったフェリシアを救出に向かうが――。書き下ろし。

クランクイン ill. 水名瀬雅良さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 07/05
アメリカへ渡った千波に依光が会いに行く「ロケーション」と、日本に帰ってきた千波の話「クランクイン」――しっかりと強い、二人の絆と愛情のお話です。それと、千波たちの事件を受けての監督と野田のショート「PV」 すべて書き下ろし。

ムーンリット・ウェディング ill. 白砂 順 さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2007
「ムーンリット〜」シリーズの7冊目。最終巻です。隣国でありながら険悪な関係にある蓮都とレキ都。蓮都の「皇女」白蓮は、紫鷹会のために蓮都を訪れていた暁飛にいきなり求婚され――。白虎とヤマネコのネコ科カップルのロイヤル・ウェディングなお話です。

ファイナルカット ill. 水名瀬雅良さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2006
「ラブシーン」で出てきたオヤジ、木佐監督と野田くんのお話。クソオヤジです。どーしよーもないエロオヤジです(笑) そんなオヤジに引っかかったサラブレッドな野田くんですが、案外芯は強いですね。ひさしぶりにえろえろしい(笑)お話でした。「フォーカス」書き下ろし。

ムーンリット・フォーチュン ill. 白砂 順 さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2006
「ムーンリット〜」シリーズの6冊目。「〜エスケープ」にもちらっと出てきた傭兵の采駕と水蛇の一族ミトの、眞都にまつわる伝説のお話。脱皮します。冬眠もします。だってヘビだもん(笑)

ルナティック・ゲーム 〜桜姫2〜 ill. 長門サイチさん キャラ文庫 : 徳間書店 2006
「桜姫」の2冊目。シーナに少し恋心が。フェリシアはとまどったままですが(笑) でもすこーしずつ、進展しているはず。相変わらず黒犬が活躍中(笑) 今回、人型で出てます。書き下ろし。

桜姫 ill. 長門サイチさん キャラ文庫 : 徳間書店 2006
未来の東京舞台。犯罪捜査局の対異星人特殊部隊に所属するシーナは、視察にやってきた高等判事の秘書官、フェリシアのガードに任命される。天然で辛口で美人な秘書官にうんざりするシーナだったが、どうやら自分に近づいて来たのには理由があるらしく――。シーナの相棒、犬型宇宙人のランディがなぜか人気者(笑)

コイゴコロ。 ill. 高永ひなこさん クリスタル文庫 :成美堂出版 2006
4つの頃からの幼馴染み、優大と高也のピュアな恋物語。ちょっとにぶい優大の視点からの「コイゴコロ。」と、健気な高也の視点での「恋心。」優大のオヤジがなかなかにいい役所です(笑)

ラブシーン ill. 水名瀬雅良さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2006
人気俳優の千波と、時代劇役者の依光とは同じ劇団出身のセックス・フレンド……のはずだったが、思いは複雑で。そんな中、千波が好きな映画監督の作品に出演することになり、そこでかつて手ひどい別れをした男と再会して――。「SCENE2」書き下ろし。ちょっとハードでしょうか…。

コルセーア 〜風の暗殺者〜 ill. 御園えりいさん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2006
ひととき穏やかに暮らすカナーレのもとに、ある日シャルクの2人が追われて逃げてくる。彼らから再びセサームに暗殺の手が伸びていることを知ったカナーレは、アヤースに黙って船を降りるが――。「帰途」書き下ろし。

リミット ― エスコート  6 ― ill. 佐々木久美子さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2005
エスコート・シリーズ、最終巻。同級生カップルです。「エスコート」のガードだった由惟は相棒の良太郎をかばったために足にけがを負い、それ以来調査部に移っている。良太郎は献身的にそんな由惟の面倒を見てくれるのだが、由惟はその関係が苦しくなり――。「パートナー」を書き下ろし。

潜入捜査は恋の罠 ill. しおべり由生 さん ルビー文庫 : 角川書店 2005
泉水のらぶらぶの恋人は刑事の享。でも先輩で相棒の的場やら、上司の清香やら、あげくには泉水の兄・成彬やら邪魔者がいっぱい。二人の新婚生活は? 初えっちまでたどり着けるのか!? ……というシチュエーション・コメディ。笑えますが、あんまりボーイズではなかったかも(^^;)

ムーンリット・プレシャス ill. 白砂 順 さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2005
動物シリーズ(?)今回はうさぴょんです。悠都の王宮には人になる兄弟ウサギが客人として暮らしている。弟ウサギのユキは世継ぎの珀苓が、兄ウサギのレンは第二皇子の葉月が面倒を見ているのだが。「ムーンリット・デリシャス」と合わせて、攻めウサギと受けウサギ。ウサウサな2カップルです。

求愛は主人の特権 ill. 西村しゅうこ さん ルビー文庫 : 角川書店 2005
カフェの雇われ店長、丹後は実はグループ企業「彩河」の御曹司。自分の仕事をすべて幼い頃からのおもり役である祐介に放り投げている。父親の命令で仕方なく自分の面倒を見てくれている祐介にずっと心をよせていた丹後だが、その思いが伝わることもなく、祐介は丹後にはずっと意地悪で。その祐介に婚約者が現れた時、丹後のとった行動は――。ちょっぴりえろ多めです… (^^:) 

クラッシュ ―エスコート  5 ― ill. 佐々木久美子さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2005
警視庁に勤める夏目高臣はやり手の管理官だが、このところ成果が出ないでいる。双子の弟に恋人ができたこともブラコン気味の夏目にはショックで、この日、行きつけのバーで子猫ちゃんを物色することに。そんな夏目の前に現れた青年が侑生だったが――。「エスコート」の番外的な一編。シリーズ最強の攻めではないかと。榎本は相変わらず、どこにでも顔を出します(笑)雑誌掲載分からかなり加筆しました。 「プライド」書き下ろし。

フィフス ― エスコート  4 ― ill. 佐々木久美子さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2005
「エスコート」のオーナー、榎本は中二の時、自分の自由を守るために叔父の門真巽と取引をした。月に一度、五日の日に会って抱かれることを。だが契約として17年変わらずに続いてきたその関係が、ついに変わる日が来た――。ついに御大・榎本編。意外とカワイイ! と言ってもらっております(笑) 巽視点の「スタンス」と、榎本がみんなにからかわれる「プレイス」を書き下ろし。

純愛は獣を変える ill. 西村しゅうこ さん ルビー文庫 : 角川書店 2005
園田八尋は姉の遺児である八汐を引き取って育てているのだが、突然職場をクビになり途方に暮れている。そんな時、いたずら坊主の八汐が近所のカフェでアンティークの椅子を椅子を壊してしまう。急いで謝りに行った八尋は、そこで高校時代の先輩、奥直丈と再会するのだが――。

ムーンリット・ラプソディ ill. 白砂 順 さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2004
「ムーンリット〜」シリーズの4冊目。「〜ドロップ」にちらっと出てきた、食い意地の張っているコウモリのハルと景都の第二皇子、香管のお話。放浪の旅の途中で、香管は行き倒れていた青年・ハルを拾う。行きがかりで一宿一飯を世話してやるが、翌朝目覚めてみると寝ていたのはコウモリが一匹――。ハルは人間に変身できるコウモリだった。二人は一緒に彩都まで旅をすることになるのだが――。

ムーンリット・エスケープ(新装版) ill. 白砂 順 さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2004
「ムーンリット〜」シリーズの第2弾。2002年に出したものの新装版です。優しくて腹黒い郭都のお世継ぎ、咲埜さまと純真な少年で薬師の真菜のお話。咲埜の双子の妹が出てくる新しく「ムーンリット・チルドレン」を書き下ろしました。

ムーンリット・ハンティング(新装版) ill. 白砂 順 さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2004
「ムーンリット〜」シリーズの第1弾。2002年に出したものの新装版です。不器用でケダモノな王様と天然な子鹿ちゃんのお話。「ムーンリット・ペイシェンス」を新しく収録。

代議士は恋をささやく ill. タカツキノボル さん ルビー文庫 :角川書店 2004
有力代議士の秘書を務める榛名聡は、高校時代に思いを寄せていた鷹取恭平と再開する。それまで俳優として活躍していた恭平を遠くから見つめているだけの聡だったが、恭平はいきなり国会議員に転身したのだ。しかも、自分を捕まえるためにここまできた――、と告白されて。

ストレイ・リング ill. 山岸ほくと さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2004
4年前、ひょんなことから同じ会社のやり手の部長、右城と「愛人」としてつきあうようになった藤近だが、家族のある右城の一番になれないことはわかっていて、傷が深くなる前にわかれることを決意する。そんな藤近に右城はあっさりと同意するのだが――。「晴れ男の憂鬱 雨男の悦楽」の別キャラのお話。したたかなやり手のオヤジと意地っ張りな30男です。「ラブ・アフェア」書き下ろし。

最凶の恋人4 〜朝木遙の覚悟〜  
[絶版]
ill. しおべり由生 さん LAQIA Super EXtra Novels:ハイランド 2004
柾鷹の家で暮らし始めた遙だったが、他の組でも自分の存在が知られ始めていることにとまどいを覚える。そんな中、先代の法要が執り行われることになり――。柾鷹との生活の覚悟を決めた「ceremonial day」と、その忙しさを若頭・狩屋の視点から書いた「his duty」、めずらしく酔って素直な遙さんとの夜を組長視点で書いた「lovin' you」、それにおまけの「honeymoon」※リブレさんより新装版が出ております。

ミステイク ― エスコート  3 ― ill. 佐々木久美子さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2004
「エスコート」のトップ・ガードの一人、真城はかつてのSP時代の後輩で、恋人でもあった清家と仕事で再会する。かつて上司に振られた腹いせに当てつけのようにつきあい、利用していた清家に対して罪悪感を覚えた真城は、あえて手ひどく振っていたのだが――。大型犬な清家と女王様な真城さんのお話です。意外と可愛い真城さんが見られる「セルフィッシュ」を書き下ろし。

御曹司と甘美な取引 〈月ノ森〉 ill. せら さん ルビー文庫 : 角川書店 2004
名家の子息で世間からちょっとズレている久瀬宮伊月は、ずっと親戚の同級生、笠原久規に面倒をみてもらっている。実は久瀬宮には金がなく、分家である笠原の家から援助を受けていた。しかしある時、笠原からの援助を続ける条件として久規を久瀬宮の養子にしろ、という笠原の父親の条件に激怒した両親は、伊月を金持ちの娘と婚約させようとするのだが――。ボケボケなお坊ちゃんとお世話係の下克上(…なのかしら?)ラブなお話。番外ショート「子羊たちの密談」は、月ノ森の子羊ちゃんたち勢揃いです(笑) 全編書き下ろし。

ディール ― エスコート  2 ― ill. 佐々木久美子さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2004
「エスコート」のオーナー、榎本の秘書を務める律は、9ヶ月前、ガードの延清に拾われた。本質的に人をよせつけない延清と、まわりに誰も味方のいなかった律。おたがいに似た孤独を感じ、とまどいながらも二人の関係を作り上げていく。律にとって「飼い主」という延清だったが、果たしてどちらが本当の飼い主なのか。書き下ろし「ステップ」では、さらに一歩、進んだ二人が見られます。延清、ちょっと可愛いかも(笑)

エスコート ill. 佐々木久美子さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2003
人材派遣会社「エスコート」のボディガード部門に所属するユカリは、最初の仕事として、数百億の遺産相続人である志岐のガードを任されることになる。しかし志岐は危機意識のない傲岸不遜な男で、反発するユカリだったが――。まっすぐ元気者のユカリちゃんと、ちょっと振り回され気味のオトナの男との年の差カップルです。書き下ろしは、少し切なくて、らぶらぶな「イブ」、クリスマスでなはなく、ニューイヤーイブですが(笑)

コルセーア 上・下 ill. 御園えりいさん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2003
モレア海を制する海賊のプレウェーサ。参謀を務める盲目の佳人カナーレは他の海賊ともなじまず、その過去も知れなかった。ある日、プレヴェーサ一の海賊、アヤースはある港町で謎の男に襲われるカナーレを目撃し、助けるが――。海賊モノファンタジーです。書き下ろしは、上巻がカナーレの過去、ピサール編。下巻は、ピサールの宰相ヤーニ×セサーム、そして、アヤースとカナーレのらぶらぶ編です。

歯科医は愛を試される ill. 桜城 やや さん ルビー文庫 :角川書店 2003
歯科医の桂史朗とパティシエの飛鳥は幼なじみでライバル。しかし高3の文化祭で桂史朗に襲われた飛鳥は桂史朗の「間違えた」という言葉に激怒。そのままほとんど顔を合わせることなく日本を出る。数年後に帰国して父親の洋菓子屋を引き継いだ飛鳥は、妹が桂史朗の兄と結婚したことで桂史朗と同居するハメになるのだが――。全編書き下ろし。28才同級生カップルのラブコメです。

しっぽをかんで     [絶版] ill. 天禅 桃子 さん LAQIA Super EXtra Novels:ハイランド 2003
満月になるとなぜかしっぽが出てきて欲情してしまう大帆。それを鎮めてくれるのは養父のミナギだけだ。そこに、大帆の素性を知るらしい保険医の都村が現れて――。2002年雑誌掲載のものに加筆訂正。えろ炸裂な感じです (^^:) 続編、「しっぽをなめて」を書き下ろし。

きっと最高のロマンス! ill. 樹 要 さん ルビー文庫 :角川書店 2003
倭は日本に留学中のヨーロッパの小国フェルマールの王子だったが、国がちょぴり貧乏なためハンバーガー屋でバイトをしている。そんな時、大好きなファンタジー小説の出版記念パーティーに招待される。そこで翻訳家の櫂に出会うのだが――。ライトポップなお話です。おまけショートにえろえろな「たぶん最高の恋人?」 全編書き下ろしです。

ムーンリット・ドロップス ill. 白砂 順 さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2003
「ムーンリット〜」シリーズの3冊目。番外的1冊。「〜ハンティング」に出てきた雪那と怜夜のわりと可愛いお話です。クールビューティーなイメージだった怜夜がどうも小動物化しているような(笑) そしてもう1つの「ムーンリット・テンプテーション」は、「〜エスケープ」に出てきた央伽と珂耶のちょっと切ない感じのお話、かな。全編書き下ろし。

最凶の恋人3 〜国香知紘の憂鬱〜 
[絶版]
ill. しおべり由生 さん LAQIA Super EXtra Novels:ハイランド 2003
ようやく帰国した生野だったが寮長に任命され、知紘とはすれ違いが続いてしまう。そんな中で知紘が襲われ――「butterfly kiss」千住の本家で暮らし始めた遙のもとに柾鷹が持ってきたお土産とは? ――「dolphin kick」 酔っぱらって帰ってきた柾鷹との日常な一コマ――「pillow talk」全編書き下ろしです。 
※リブレさんより新装版が出ております。「最凶の恋人〜蝶々の束縛〜」

校医様は夜の暴君 〈月ノ森〉 ill. せら さん ルビー文庫 : 角川書店 2003
報道記者志望の研吾はバイトの途中、月ノ森の校医、夏目のあやしげな雰囲気に思わず跡をつける。しかしヤクザ風の男たちの捕まって、あやうく夏目に助けられるのだが――。月ノ森学園の3作目。「スキャンダル」の脇キャラだった研吾のお話。佑士くんもちらっと出てきます。書き下ろし。 

晴れ男の憂鬱 雨男の悦楽 ill. 山岸ほくと さん リンクスロマンス : 幻冬舎コミックス 2003
顔もよく仕事もできる志水は、しかしスーパー雨男。その会社にある日、高校時代の宿敵・晴れ男である泉が転職してくるのだが――。「晴れ男の困惑 雨男の疑惑」恋人同士にはなったものの、やはりストレートな志水に不安を抱く泉。そんな中で、ある日突然志水が仕事からはずされて――? その後の二人の書き下ろし。

会長様とキケンな契約 〈月ノ森〉 ill. せら さん ルビー文庫 : 角川書店 2003
才色兼備な生徒会長だが寮に帰ればとたんにぼんやりしてしまう性格の那智は、ある日、見知らぬ男にお気に入りの昼寝場所を横取りされる。勢いで抱かれてしまうが、なぜだか彼の腕の中だとよく眠れて――。「寮長様とヒミツの契約」の別カップル編に、ショートストーリー「寮長様の甘美な午後」をプラスした全編書き下ろし。 

最凶の恋人 2〜狩屋秋俊の出張〜  
[絶版]
ill. しおべり由生 さん LAQIA Super EXtra Novels:ハイランド 2002
アメリカに逃亡した恋人・遙のもとに、柾鷹は狩屋を使いにやるが――「a long distance call」 NYに来た狩屋に近づいてきた少年の正体は――「in the distance」 同人誌より加筆・訂正。「Heaven is a place on earth」 友人の結婚式を機に帰国した遙に、相変わらず柾鷹は強引で。たがある日、柾鷹が狙撃される。遙の決断は――。書き下ろしです。結構、らぶらぶ(笑)
※リブレさんより新装版が出ております。

寮長様とヒミツの契約 〈月ノ森〉 ill. せら さん ルビー文庫 : 角川書店 2002
元気でお料理上手な高校生、一真は奨学金をもらう代わりに憧れの那智先輩と同じ寮で雑用を任されることに。だがそこには、意地悪な寮長、羽住がいて――。ポップな学園物です。書き下ろし。 

最凶の恋人 1〜千住柾鷹の標的〜 
[絶版]
ill. しおべり由生 さん LAQIA Super EXtra Novels:ハイランド 2002
'97年雑誌掲載された「ルームメイト」に大幅加筆。母校に教員としてもどっていた朝木遙の前に、教え子の保護者として現れたのは――。「My Lord」ヤクザの息子、知紘の守り役としてずっとそばにいた生野は、ある日突然「寝て」と知紘に命令されて――同人誌より加筆・収録。そのあとのらぶらぶな二人を書いた「in the bathroom」を書き下ろし。父親サイドと息子サイドの、ダブル・カップルのヤクザ物コメディ(?)です。
 ※リブレさんより新装版が出ております。

ミッション            [絶版] ill. 道原かつみさん クリスタル文庫:光風社出版 2002
数年ぶりにかつての同級生・柚木健司のもとを訪れた達生。学生時代、夏休みごとに健司の両親が経営するlリゾートホテルに遊びに来て、弟の俊広とも兄弟のようなつきあいをしていた達生だったが、ある時を境に足を遠ざけていた。素直に達生の来訪を喜ぶ俊広だったが、達生にはある目的があって――。'99年雑誌連載したものに加筆訂正。

秘密をどうぞ             [絶版] ill. 白砂  順 さん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 2002
「お手をどうぞ」シリーズ3冊目。デートの約束をドタキャンされて桐原とケンカ中の暁斗の前に、意外な人物が現れる――。桐原の過去も明らかになる(?)らぶらぶな本編と、脇キャラでのサイド・ストーリー、「by your side」書き下ろし。……アレは私としても、意外な組み合わせでした……(笑) 
※GUSH文庫より新装版が出ております。

ムーンリット・エスケープ    [絶版] ill. 白砂  順 さん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 2002
郭都の世継ぎ・咲埜は紫鷹会出席のために彩都へ向かう途中、何者かに追われている少年、真菜を助ける。薬学に詳しい真菜には何か秘密があるようだが――。すっとぼけた皇子さまと清楚な美人さんのお話です。それに「〜ハンティング」のキャラたちもジョイントしたショート・ストーリー、「ティータイム」。全編書き下ろし……になってしまいました……。※リンクスロマンスより新装版が出てます。

ムーンリット・ハンティング  [絶版] ill. 白砂  順 さん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 2002
伝説の王の血を受け継いだ彩都の王、衣織は傲岸不遜な凶王として恐れられていた。夜ごと狼に変化する自分を持て余しながら孤独に生きる衣織は、ある夜、月鹿という少年に助けられる――。テーマ「調教」なのですが、ふふふ…、受けが攻めを手なずける話が書きたかったのです(笑) 意外と可愛いお話かと。らぶらぶコメディ(?)な「ムーンリット・ハイキング」書き下ろし。※リンクスロマンスより新装版が出ております。

キスをど       [絶版] ill. 白砂  順 さん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 2001
ゲームキャラの衣装モデルを努めることになった暁斗。しかし桐原とのすれ違いも続くなかで、嫌がらせや脅迫を受ける。思わず桐原に八つ当たりをしてしまい、そのまま桐原は急にアメリカへ帰ってしまう――。「お手をどうぞ」の続編。暁斗くんお仕事編。新キャラがぞろぞろ…しかし予定していた人物はいまだ出せず、次へ持ち越しに。書き下ろし。 
※GUSH文庫より新装版が出ております。

可愛がって     [絶版] ill. 青樹 糸怱 さん LAQIA Super EXtra Novels:ハイランド 2001
兄のために同僚の検事・諏邦に近づいた高校生の景。初めは諏邦を罠にはめるだけのつもりだったが、彼のペースに巻きこまれるように諏邦の優しさに惹かれていく。諏邦を騙していることに心の痛みを覚えながらも、本当のことは言えなくて――。キチクな攻めを目指しつつ、妙にとぼけたキャラになってしまいました…… (^^;) 書き下ろし。

お手をどうぞ     [絶版] ill. 白砂  順 さん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 2001
ジャンル「シンデレラ」ならぶらぶ甘々クラッーシュ! なお話(笑) 恋人だったカメラマン、田上にひどい言葉で捨てられた暁斗は、バーで出会った正体不明の男・桐原の協力で昔の恋人を見返すことを決意する――。続編の甘々な痴話喧嘩話「キスで起こして」書き下ろし。   
※GUSH文庫より新装版が出ております。

渋滞      [絶版] ill. 天野かおるさん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 2001
大学生の郁也とホテルマンの河津は二週間前まで恋人同士だった。郁也の裏切りに別れた二人だったが、雨の日の夕方、ずぶ濡れになって歩いている郁也を見かけた河津は放っておけずに車に拾う。家に送ってやるだけのつもりだったが、渋滞の中で二人は――。しっとり系のお話、かな。続編「エンゲージ」書き下ろし。ファッジに掲載の「イブの夜の恋人」(リーマン物です)収録。

ハイジャック・ナイト     [絶版] ill. 巽 真理子さん バニラ新書:コアマガジン 2000
幼なじみで、ずっと長い間変わらず思いを寄せてくれる誠司に対して素直になれない幸矢。その思いは突然起こったハイジャックの中で――。続編の「プレゼント」書き下ろし。イマージュクラブ掲載の「アリバイ」収録。その続編の「共犯者」書き下ろし。両方サスペンスチックな話です。

キス・アンド・テル    [絶版] ill. 吉永  煌さん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 2000
「卒業式」とは逆に、めいっぱい明るい学園物。ホモ嫌いな静佳を親友として見守っていた斉一だったが、ついに羊の皮を脱ぐ決意をし――。キスから順にステップアップする「GUST」に連載された3本と、サブキャラの書き下ろし1本。そして同じく「GUST」掲載だった「生意気な瞳 生意気な唇」(生まれて初めて書いた学園物でしたー)収録。

卒業式〜送辞〜     [絶版] ill. 暮越 咲耶さん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 2000
幼なじみの同級生カップルが親友から恋人になるまでの「送辞」。書き下ろしは、親友に失恋した俊紀が後輩・森崎の大きな気持ちに癒され、自分の思いに気づく――「記念品」私としてはめずらしい年下攻めです。そして、「答辞」の箕方と志野のカップルの7年後を描いた「式歌」の3本。しっとり系の学園物ですね。
※GUSH文庫より新装版が出ております。

卒業式〜答辞〜   [絶版] ill. 暮越 咲耶さん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 2000
私立竹叡学院のある年の卒業式をめぐる連作。生徒会の副会長に指名した箕方をずっと密かに思い続けた志野の思いは、卒業式を迎えて――という「答辞」。書き下ろしで、教師と生徒、という立場になった幼なじみの二人のすれ違い――「卒業証書」。卒業生で今も学院に勤める養護教員と、式に来賓として来たかつての親友のOBカップル「祝辞」 
※GUSH文庫より新装版が出ております。

※いつもそこにはスキャンダル(合作)[絶版] ill. 神城アキラさん バニラ外伝:コアマガジン 2000
綺月陣さん、ill.&comic ともゑななこさんとの合作です綺月さんの「いつも〜」シリーズのキャラと「スキャンダル」のキャラが一緒になって繰り広げるドタバタ。ともゑさんの漫画もあり。「スキャンダル」サブキャラの久賀と城島くんのコメディ「それは大好きなせい」収録。

優しく、して       [絶版] ill. 天野かおるさん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 1999
失恋の痛手を抱える歯科医・久深にこりずにアプローチをかけてくる外科医の公士。素直になれない久深だったが…。らぶらぶ、というか甘々…なお話、かな。続編の「もっと、ゆっくり」収録。「全部、食べて」書き下ろし。

ネコより愛して〜キャット・イン・フォーカス〜
                     [絶版]
ill. かすみ涼和さん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 1999
大好きな叔父・真午が最近冷たいことに悩む中学生・翔平はいつものように夏休み、真午の家に押し掛けて――。カワイイ感じのお話です。 続編の「ネコとバイクと缶ビール」書き下ろし。エクリプス掲載の「温室育ちのテディボーイ」収録。先輩×後輩。このお話は私が書いた学園物の中では一番エロいですね… (^^;)

スキャンダル(全3巻)    [絶版] ill. 神城アキラさん バニラ新書:コアマガジン 1999
施設で暮らす中学生佑士は政治家・天野祥彰に身体を条件に養子として引きとられる。次第に心を近づける二人だったが、佑士は政敵の手に落ちて…。21才年の差のかなーりハードなお話。1巻に「パイナップルはデザートに」。2・3巻にサブキャラである政治家・久賀と刑事の城島くんの出会いを描いた「プロローグ」(50代×30代の高年齢カップルです)、3巻に佑士の参観日をめぐるコメディ、「ゆううつな日曜日」を書き下ろし。
※リンクスロマンスより新装版が出ておりますが、キャラ年齢が上がりましたので、少し話の雰囲気が変わると思います。新装版というより、リメイクな感じです。

クロイツェルソナタの夢     [絶版] ill. 二越としみさん バニラ新書:コアマガジン 1998
ロンドンが舞台。バイオリニストを目指す少年イネスと情報部に所属するブライアンとの運命の出会い(…と、自分で書くと恥ずかしいよーな)。デビュー作になります。投稿だったので、恐いもの知らずですね(笑)

スイーティスト・ポイズン    [絶版] ill. 天野かおるさん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 1998
「ディアレスト〜」の兄弟編。お兄ちゃん・和紀と秘書の仁科の高校時代のお話。仁科が和紀にとっつかまるまで(笑)
仁科の苦労話(?) ……ちょびっと、きちく……? 書き下ろしです。

ディアレスト・ジュエル   [絶版] ill. 天野かおるさん エクリプス・ロマンス:桜桃書房 1997
新人のジュエリー・デザイナー棋里はお兄ちゃん子。兄の経営する宝石店に入社するが、入社式に遅刻したのを上司の野津に叱りとばされてしまう。最初は反発した棋里だったが…。という感じのらぶらぶ系のお話(…多分)。書き下ろし。リーマン物。