Home

マリヤ「崇敬」について

Yさんからのメール


はじめまして。Yと申します。カトリック信徒で学生です。
あなたは信頼できる方とお見受けしましたので、本メールアドレスでめーるをお送り
させていただきます。


さて、わたしはカトリック信者なのですが、「カトリックの実際」というコンテンツ
を見させてもらって、その点につき少しばかり個人的意見を書かせてください。

マリア崇敬について、書かせていただきます。
まず、マリア崇敬は、あくまで崇敬であり、崇拝ではありません。
歴史的・沿革的に、マリア崇敬は、神であられるイエスさまのお母様としての尊敬(*)
を元にしています。
でありますから、いくら尊敬され、崇敬されているにしても、神であられるイエスさ
まと、マリアさまでは全く一線を画されるものであるのです。
尊敬の度合というか、質が違うのです。
そうですから、マリア「崇敬」という言葉はありますが、マリア「崇拝」という言葉
はないのです。

カトリックを批判されるのは自由かと思いますが、せめて用語は正確に使っていただ
きたいと思いました。

* プロテスタントの方は、聖書の文言をとても重視されると聞きますところ、イエ
スさまも、親を敬いなさいと、聖書で明確におっしゃっておられます。十戒の内容で
もあります。

また、マリアさまが神とわたし達との仲介者、という考え方も不正確だと思いまし
た。
なぜなら、確かにわたし達カトリック教徒は、マリアさまにとりつぎのお祈りをもし
ますが、直接神さまに対してお祈りすることの方が圧倒的に多いからです。
祈る時も、マリアさまに「対して」お祈りするのではなく、ふつうは、マリアさまに
一緒に祈ってください、とお祈りするものです。

プロテスタントの中の人には、マリア崇敬は聖書に書いていないから間違いだという
方もいます。
しかし、プロテスタント教義の中で、聖書に明確には書いていないことはたくさんあ
ると思います。
お酒やタバコの禁止や、フィリオクエはもちろん、三位一体の教義や、キリスト教徒
は何か、の一応のメルクマールともなるニケア・コンスタンティノポリス信条です
ら、イエスさまが活躍された時代のずっと後に決まったものです。

それどころか、聖書自体、5世紀までは今の形に決まっていません。
あくまで、今の東方正教会とカトリックが、原始キリスト教の時代から、長い時間を
かけて聖書を編纂作成してきたのです。(**)

** もっとも、だからといって、聖書が重要なものでないというわけではありませ
ん。わたし達カトリック信徒の信仰上も、もっとも大切なものの一つです。


以上、確かに、あなた方の信仰と、カトリックの教義は相容れないところもあるかと
思います。
しかし、あまりにカトリックに対する誤解も多いので、今、ここにお手紙差し上げま
す。
わたしも、他教派についてほとんど無知で(といっても、カトリックの教義にくわし
いわけでもないのですが…)、失礼もあったかと思いますが、ご容赦ください。
また、この日本については、クリスチャンはごく少数派です。いろいろな教派(プロ
テスタント団体は600はあると聞いたことがあります)があるようです。
そうであるからこそ、違いは違いとして認めつつ、共通する部分をもっと強調して、
互いに尊敬しあっていけたら、と思います。

では、失礼いたします。

LukeからYさんへの返信


At 23:16 02/4/10 +0900, you wrote:
> はじめまして。Yと申します。カトリック信徒で学生です。
> あなたは信頼できる方とお見受けしましたので、本メールアドレスでめーるをお送り
> させていただきます。
> 

はじめまして。管理者のLukeです。

> 
> さて、わたしはカトリック信者なのですが、「カトリックの実際」というコンテンツ
> を見させてもらって、その点につき少しばかり個人的意見を書かせてください。
> 
> マリア崇敬について、書かせていただきます。
> まず、マリア崇敬は、あくまで崇敬であり、崇拝ではありません。
> 歴史的・沿革的に、マリア崇敬は、神であられるイエスさまのお母様としての尊敬(*)
> を元にしています。
> でありますから、いくら尊敬され、崇敬されているにしても、神であられるイエスさ
> まと、マリアさまでは全く一線を画されるものであるのです。
> 尊敬の度合というか、質が違うのです。
> そうですから、マリア「崇敬」という言葉はありますが、マリア「崇拝」という言葉
> はないのです。

失礼しました。勉強不足でした。

> 
> カトリックを批判されるのは自由かと思いますが、せめて用語は正確に使っていただ
> きたいと思いました。
> 
> * プロテスタントの方は、聖書の文言をとても重視されると聞きますところ、イエ
> スさまも、親を敬いなさいと、聖書で明確におっしゃっておられます。十戒の内容で
> もあります。
> 
> また、マリアさまが神とわたし達との仲介者、という考え方も不正確だと思いまし
> た。
> なぜなら、確かにわたし達カトリック教徒は、マリアさまにとりつぎのお祈りをもし
> ますが、直接神さまに対してお祈りすることの方が圧倒的に多いからです。
> 祈る時も、マリアさまに「対して」お祈りするのではなく、ふつうは、マリアさまに
> 一緒に祈ってください、とお祈りするものです。
> 

そうなんですか。部外者から見ると、マリアさまに祈っている姿が目立ちますので
そう思っていました。マリア像なんかもとても大切にして拝んでいるという印象が
強いです。

> プロテスタントの中の人には、マリア崇敬は聖書に書いていないから間違いだという
> 方もいます。
> しかし、プロテスタント教義の中で、聖書に明確には書いていないことはたくさんあ
> ると思います。
> お酒やタバコの禁止や、フィリオクエはもちろん、三位一体の教義や、キリスト教徒
> は何か、の一応のメルクマールともなるニケア・コンスタンティノポリス信条です
> ら、イエスさまが活躍された時代のずっと後に決まったものです。
> 

そのとおりだと思います。習慣や伝統をあたかも聖書に書いてあることのように思って
いるプロテスタントも多いですね。
しかし、マリア崇敬については、ただの人間が祈りの対象になっていいのかという
基本的かつ重要な問題を含んでいます。上のこととは重みが違うでしょう。
親を敬うということと、祖先を崇拝することは全く違うことであるように、マリアさま
に祈るということは敬う以上のことです。
「マリアさまに一緒に祈ってください、とお祈りするものです。」とおっしゃっている
ように、やはりマリアさまに向かって祈るというか、話かけている訳ですね。

> それどころか、聖書自体、5世紀までは今の形に決まっていません。
> あくまで、今の東方正教会とカトリックが、原始キリスト教の時代から、長い時間を
> かけて聖書を編纂作成してきたのです。(**)
> 

聖典として今の66巻(カトリックではもう少し多いですが)に決まったのがそのころ
ですが、写本としてはもっと古いものが見つかっています。内容自体は、原始キリスト教
時代に確定していたと思います。

> ** もっとも、だからといって、聖書が重要なものでないというわけではありませ
> ん。わたし達カトリック信徒の信仰上も、もっとも大切なものの一つです。
> 
> 
> 以上、確かに、あなた方の信仰と、カトリックの教義は相容れないところもあるかと
> 思います。
> しかし、あまりにカトリックに対する誤解も多いので、今、ここにお手紙差し上げま
> す。
> わたしも、他教派についてほとんど無知で(といっても、カトリックの教義にくわし
> いわけでもないのですが…)、失礼もあったかと思いますが、ご容赦ください。
> また、この日本については、クリスチャンはごく少数派です。いろいろな教派(プロ
> テスタント団体は600はあると聞いたことがあります)があるようです。
> そうであるからこそ、違いは違いとして認めつつ、共通する部分をもっと強調して、
> 互いに尊敬しあっていけたら、と思います。
> 

私もそう思います。
このサイト上であなたを含めて幾人かのカトリックの方々とお話できて良かったと思い
ます。私の方の誤解にも気付き、理解を深めることができました。

ありがとうございました。
他の方々の益のためにも、このメールをeChurchのQ&Aに掲載してよろしいでしょうか。
もちろん匿名に致します。

再びYさんからの返信


こんばんは。抑制の効いた、丁寧なお返事をありがとうございます。

用語の指摘をさせていただいた時点で、わたしの目的は半ば果たせたようなもので
す。理解を示していただき、感謝します。
ここでは討論を目的にしているわけではない(そういうことは神学者の人たちに任せ
ます)ので、これくらいにしておきたいと思います。
まあ、単なる尊敬ではないと解してもらっても、個人的にはよろしいかと思うのです
が、沿革を示しましたとおり、「崇拝」では絶対にないことが、もっとも言いたいこ
とであります。

あと、聖書の成立についてのことですが、聖典の内容としての66巻の内容の多くは5
世紀よりもずっと以前に決まっていた、という点については同意します。けれども、
聖書は複数の本の集合体でありますから、内容作成のみならず、編纂作業もきわめて
重要なことであると思います。わたし達が今、目にする聖書が今の形に(今の東方正
教とカトリックにより)なったのは、5世紀のことに過ぎないという趣旨で、元の文
章を書きました。

なお、わたしとLuke様との対話と、貴HPに掲載することに関してですが、匿名にし
ていただけること、そしてわたしの意見はカトリックを代表するするものではなく、
個人的なものに過ぎないことを示していただけるなら、かまわないと思います。


では、失礼します。


追伸ですが、わたしはLuke様にメイルすることは初めてなので、一見すると、貴HP
のコンテンツの一言に噛みついているようにも見えかねません。しかし、実はかなり
前から貴HPの存じておりまして、いろいろと勉強させてもらっているのです。どう
ぞ、これからもよろしくお願いします。