Home

〜NYリハビリテーション研究所の壁に書かれた一患者の詩〜

この詩はニューヨーク市立大学のリハビリテーションルームに刻んであったものですが、作者は不詳です。ベトナム戦争で心身ともに深く傷つきながら、立ち直っていった若者が書いたらしいです。

 私たちにとって本当に必要なものは何なのかを、とても良く教えてくれる詩ですね。弱さを知っている人には特に心に響くと思います。

 原題は、"A Creed For Those Who Have Suffered"。”苦難にある者たちの告白”という意味ですが、一般には、リハビリテーション研究所の壁に書かれた一患者の詩として知られています。
 今は、ニューヨークの物理療法リハビリテーション研究所で、待合室で待つ人々が読めるように受付の壁に掲げられているそうです。(左の写真)




「苦難にある者たちの告白」
 
 大事をなそうとして
 力を与えてほしいと神に求めたのに
 慎み深く従順であるようにと
 弱さを授かった
 
 より偉大なことができるように
 健康を求めたのに
 よりよきことができるようにと
 病弱を与えられた
 
 幸せになろうとして
 富を求めたのに
 賢明であるようにと
 貧困を授かった
 
 世の人々の賞賛を得ようとして
 権力を求めたのに
 神の前にひざまづくようにと
 弱さを授かった
  
 人生を享楽しようと
 あらゆるものを求めたのに
 あらゆることを喜べるようにと
 生命を授かった
  
 求めたものは一つとして与えられなかったが
 願いはすべて聞き届けられた
 神の意にそわぬ者であるにもかかわらず
 心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた
  
 私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ

【英語版】 "A Creed For Those Who Have Suffered" (Answered Prayer) I asked God for Strength, that I might achieve, I was made weak, that I might learn humbly to obey ... I asked for health, That I might do greater things, I was given infirmity, That I might do better things... I asked for riches, That I might be happy, I was given poverty, That I might be wise... I asked for power, That I might have the praise of men, I was given weakness, That I might feel the need of God... I asked for all things That I might enjoy life, I was given life, That I might enjoy all things... I got nothing that I asked for- But everything I had hope for; Almost despite myself, My unspoken prayers were answered. I am among all men most richly blessed. -Unknown Confederate Soldier HERITAGE



ホーム

Copyright 2000 Logos Internet Ministry,Japan
このページのすべてのテキストについて許可するものです。(外部サイトへのリンク先は除きます。)テキスト以外はご相談ください。 このサイトをそのまま読むこ とが困難な方のために、営利を目的とする場合を除き、「録音図書」「拡大写本」等の読書代替物への媒体変換を行うことは自由です。製作の後は管理者へご連絡ください。