コード・エディタ 矩形モード




 矩形モードは、矩形編集とか箱型編集とも呼ばれる機能のことです。
 矩形モードは、縦方向の複数行の編集をするときに、役立ちます。

 矩形モードにすると、カーソル(キャレット)の幅が、3ピクセル(画素)の幅に広がり、その中央の1ピクセルは、選択背景色となって、矩形モードになっていることが分かりやすく?なっています。
 この状態で、「Shiftキー」を押しながら、カーソルを縦方向と横方向に動かすか、または、左マウスで範囲選択すると、矩形選択できます。
 縦方向だけに動かした場合は、文字選択幅0の範囲を選択することができます。
 0文字の選択範囲は、1ピクセルの選択背景色で表示されます。


矩形編集ダイアログ

矩形編集ダイアログ

 

 このダイアログを使って、縦方向に選択した複数の行(矩形範囲)に、一括して、文字を挿入したり、置換したりできます。
 このダイアログは、矩形モードに入っているときのみ、表示させることができます。
 矩形モードで横方向の選択範囲が0文字の場合は、ダイアログで入力した文字列を、挿入します。
 矩形モードで、矩形範囲(横方向が複数文字)を指定した場合は、選択範囲の文字列を、ダイアログで入力した文字列に置換します。


この Top に戻る↑ トップページに戻る


Copyright © 2008-2010 WATANABE Makoto. All rights reserved.