コード・エディタ・オプション

 

コード・エディタの表示方法を変更します

● 配色名
色の組合せを、選択できます。

新しい「色の組合せ」を作ることもできます:
1.作りたい配色に近い配色名を選択してください。
2.好みに合わせて、該当部分の色を変えてください。
3.コンボボックスから New Theme を選択してください。
4.新しい名前を入力して、「新規追加」のボタンを押して下さい。

私の設定例(FbEdit.ini):
[Theme]
9=WATANABE_Makoto,16776960,16776960,16776960,255,16711935,16776960,16776960,16776960,16776960,16776960,553647872,8388736,65535,65280,65280,65280,16744576,16711680,8421376,276824064,276824064,0,16777215,255,16777215,33619840,16777215,255,16777215,64,8421504,15987699,11184810,0,16711935,0,0,0,0,65535,65280,0,16777215,0,16777215,0,16777215,0,16777215,16776960,128,128

● 色
ここで、FbEditの、ほとんどの項目に対して、色を選択することができます。
また、コメント、文字列、演算子、数値、および十六進数について、太字と斜体(イタリック字体)を選ぶことができます。

● 文法区分
 各語群に対して、色と字体オプションを選ぶことができます。
 選択表示したグループの下段の「テキスト・ボックス」に単語を入力して「追加」ボタンを押すことで、新しい単語を追加できます。
 登録済みの単語を、既存のグループから別のグループに、簡単に移動することができます。
 グループが、「RCファイル」か「Inline asm」に属すかどうか指定できます。

● その他
- タブ桁数
  間隔文字の数。
- 行番号
  チェックすると、行番号が表示されます。
- 空白タブ
  「Tab」キーの入力で、タブ記号ではなく、空白を入力するようになります。
- 起動は一つ
  シングル・インスタンスに設定します。
  FbEdit の多重起動を抑制します。
- ブロック補完
  ブロックの終端を、自動的に追加します。
  例えば、For 〜 と入力すると、Next を補います。 Sub を入力すると、End Sub を、自動追加します。
  (渡辺 注:これは便利です。)
- ビルド時、自動保存
  コンパイル(ビルド)時に、全てのファイルを自動保存します。
- プロジェクト自動展開
  起動時に、最後に開いていたプロジェクトを自動で開きます。
- ロックしたタブも閉じる
  タブをロックしていても、終了指示で一緒に閉じます。
  チェックをしておくと、誤って「X」で終了しようとしても、ロックしたタブは開いたままで保たれます。
- バックアップ数
  自動でバックアップ保存する、世代の数。
- 自動インデント
  次の行を入力するとき、前行のインデント(行頭のタブや空白)を引き継ぎます。
- スマート・インデント   インデントは、ブロック編集のルールに従います。
  例えば、For 〜 Next のブロックの間の行が、自動インデントされます。
- 自動括弧
  開始括弧を入力すると、閉じる括弧を、自動的に追加します。
  (渡辺 注:これは、やりすぎ?)
- 対応括弧を強調
  対応する括弧が、強調表示されます。
- カーソル行を強調
  カーソルのある行を、強調色表示します。
- コメント行を強調
  コメント行を、強調色表示します。
- Smart maths
  ++ とタイプ入力すると、+= に変換します。

● フォント
 コードエディタと、行番号の表示に使うフォントを、選ぶことができます。

● コード補完
- 有効
  コード補完用の候補リストを、表示します。
  候補リストの表示は、「Ctrl」+「Space」です。
- Include / Inclib
  .bi または .a ファイルによるコード補完リストを表示します。
- 自動サイズ
  コード補完リンクのサイズを最適にします。
- コード説明
  sub と function で、コード説明を表示します。

● 予約語の大文字小文字変換
- 変換しない
  大文字小文字変換をしません。
- 頭文字を大文字に
  api ファイルで設定した方法で、大文字小文字を設定します。(一番読みやすいので、推奨します)
- 小文字化
  予約語を、小文字に統一します。
- 大文字化
  予約語を、大文字に統一します。


この Top に戻る↑ トップページに戻る


Copyright © 2008-2010 WATANABE Makoto. All rights reserved.