敬愛するピアニスト、ラーシュ・ヤンソンのご紹介

ラーシュ・ヤンソン Lars Jansson

~現代ヨーロッパを代表するジャズピアニスト、作曲家、編曲家~

1951年、スウェーデン中部オーレブロ市に生まれる。7歳の頃よりピアノを始める。
70年にイェーテボリ大学歯学部に入学、歯医者を目指すが、72年、音楽への情熱を棄て難く同大学音楽学部に編入する。
74年に同校を卒業後、75年ノールウェーのアリルド・アンデルセン・グループを皮切りに、数々の北欧のトップグループに参加。
79年、自己のトリオを結成。
87~88年、ヤン・ガルバレック・グループに参加し、世界各地でコンサート活動を行う。
90年には、スウェーデンの優秀なジャズミュージシャンに与えられるヤン・ヨハンソン音楽賞を受賞する。その他にも、数々の賞を6回受賞している。またこの年には、当時スウェーデンに在住していたジャズベース界の巨匠の一人、米人ベース奏者、レッド・ミッチェルのトリオにも参加している。
95年11月、スウェーデン在住のベース奏者、森泰人と初来日。
96年11月にはセシル・ノールビーとともに東京、大阪、福岡のブルーノートにも出演している。
98年、デンマーク政府からの要請により、デンマークで初めてのミュージック・プロフェッサーに就任。現オールヒュス国立音大教授。
500年祭を記念するウデバラ市からの依頼で、ビッグバンドとピアノトリオの為の組曲「ウデバラ500年」を作曲、CD制作された。(スウィング・ジャーナル誌で5つ星を得る。)
2000年秋にスウェーデン、イモゲーナ・レーベルより新譜を発表。また、米国の名門音楽大学として有名なイーストマン音楽院から招聘を受け、客員教授としてビッグバンドとマスターコースの指導にあたる。
2001年10月にはボーヒュースレン・ビッグバンドと共に、中国~日本ツァーで好評を得る。

北欧でもっとも信頼されるジャズミュージシャンとして、多くの人からの尊敬を集めている。特に日本でのファン層は厚く、毎年来日ツアーを行い、各地で好評を博している。

日本語サイトhttp://www.lars.jp
オフィシャルサイトhttp://www.larsjansson.net/