2016年7月4日(日) SUZUKI ハスラー購入記 3

 いよいよだ──すっかり燃えてきた僕達は,これが最後とスズキアリーナーを再訪す。しっかしここ。相変わらずガラガラなんだな〜。

 「いや,近くを通りかかったもので(開店ピッタリに来たけどネ)」
 すると,斎藤さんはフサフサの毛をかきあげ,ニンマリ笑った。

 オプション3万円プレゼントの中にETCと助手席の後ろにつけるキッズポケット+5,940円(オプションで欲しいのないんだもの)を入れて,希望ナンバー+4,840円も申し込んでっと。後は,某有名テーマパークのチケット(宇都宮ゆうえんちかな)のプレゼントをもらうことにした。
 それがどうやってこうなるのかは分からなくなっちゃったが...結局,こうなった。

 ●総額1,933,014円が,支払額1,554,840円に。差分378,174円(値引118,174円,下取額260,000円)也。

 最後にみけねこが,「ガソリン満タンにしてくれたらはんこ押しちゃおうかな。ウッキッキ」──これにて決した。

 

 後はいろんな書類にペタペタ判子を押して,(1)上記の1,554,840円(赤丸印)を振込むこと。(2)市役所から「軽自動車用住所証明」(手数料は無料)をもらってくるよう指示を受け,アリーナを後にしたのであった。

 嗚呼。ついに買っちゃったよ。納期はたぶん今月末頃だろうってサ。

2016年7月3日(土) SUZUKI ハスラー購入記 2

  本日,スズキ自販に行って,「売ってくださ〜いオロローン」と泣きつこうと思ったみけねこだったが,彼女の意見により,それではあまりに芸が無さすぎということで,とりあえずスズキアリーナに行ってみることと した。

 以前アリーナに来たのは,忘れもしない思い出せない。7年半前のワゴンR・スティングレー購入記の時だった。殆ど記憶にないが,確かスタッフは全員美しき妙齢の女性。スティングレー(当時)の定価1,444,576円に対し,長時間かつ全身全霊の値引き交渉により粘りに粘った結果,なんと!端数の4,576円の値引きを 見事勝ち取ったことくらいしか覚えていない。

 久しぶりのアリーナは,ずいぶんとスタッフの人数も減り,美人スタッフも歳を取ったか性転換したかで,昔日の面影ゼロであった。ついでにお客もゼロであった。スズキ自販の賑わいと全然違うので, 少々不安になってきた。
 「いらっしゃいませ」毛があるのを除けば斎藤さんにクリソツの営業の人が来た。ちょうどハスラー JスタイルIIの試乗車があったので,快く試乗させてくれた。これがスズキ自販だと大混雑なので,予約が必要なんだよね〜。
 ちなみに乗り心地は,スティングレーより少し重心が高めだが,(ベースは同じだけに)殆どいっしょ。車内はずいぶん広く,高級感を感じる。

 さて。肝腎の見積額だが,前回書いたオプションに加えて,

5 3イヤーズコート 5年モノのもあるらしいが,高いのでこちら。SGコートなのかどうか不明コート。 だいたい効果については疑問を持つ人もいるし。34,040円
6 メンテナンスパック 車検前までのセットで,32,200円

 斎藤さんによれば,今なら──

  オプション3万円プレゼントのキャンペーンがある。
  ETC無料のキャンペーンがある。(来週のを先取)
  某有名テーマパーク(マザー牧場かな?)チケットかふるさとギフトかETCか選べるプレゼントがある。(来週のを先取)

 ──さらに,下取車の年数・走行距離を考慮すると,今こそ買い換えるべき時期とのことである。確かに説得力あるかも。
 結局,そんなこんなで組合せて(キャンペーンのを含めて),ざっと,●総額192万円が154万円に。この差分の38万円の内訳は,値引き12万円+下取り26万円也

 ハスラーの値引きの渋さは皆様ご承知おきのとおりであるし,斎藤さんは「ウン トレンディ!」と,相当自信ありげの様子。

 「まあ,気が向いたら検討してみます。もし気が向いたら・・・」と,僕達はアリーナを後にした。ホントは,かなり気が向き出してきたのである──やばいことに。


 さて,引き続きスズキ自販へ。もう完全に燃えてきたのだ。今度はちゃんと見積もってもらって,もし同じくらいだったら,今までのつき合いもあるし,こちらで契約しようと思 うぞよ・・・。

 「スンマヘン。予約もしないで来ちゃって。ナニ,ちょっと近くを通りかかったものですから(本当はわざわざ来た)」

 ニコニコ顔の店長は,では下取車の見積からと・・・・本当に長い時間チェックした。不安になるほどに。で,結局。
 下取額は,5万円のところ,特別裁量で+4万円の9万円に。キビシーッ!

 オプションを同一に仕切れなかったので,ざっと●総額196万円が168万円に。この差分の28万円の内訳は,値引き19万円+下取り9万円也

 うーん,ダメだこりゃ。値引額こそいいが,下取額が厳し過ぎる。もちろん値引額と下取額は一体として考えるなければならないが,それにしても差が大きい。
 なお,店長に下取を別にした場合を確認したところ,10万円くらいプラスで考えて欲しいとか。あれ?

 それにしても,アリーナも自販も,値引額は口頭だけで,見積書は出ないんですね。


 最後の最後にガリバーへ。
 スティングレーを見積もってもらった結果,20万円との値段が出た。どうやらこれがスティングレーの適切価格としていいんだろう。
 でも,ガリバーで売るとなると,クレームガード保証(20万だと5,900円)とかの悪評も聞くし,あんまり積極的な気分になれないんだ。

 なお,ガリバー店長によれば,新車(なぜか色は選べないとか)をここで買えば,下取分を入れて38万円を引いてくれるらしい。額的にはまずまずだが,ガリバーで買うデメリットも考えると,そんなに安いとも思えない。却下だ。


 自販+ガリバーだと──オプションも同一ではないため,完璧な比較まではできないが,アリーナの見積額とほぼ同等と考えていいだろう か。

 しかし,スズキ自販を選択した場合は,別途,スティンレーを売却しなければならない手間が面倒なんだよね〜。すっごくお得ってワケなら別だけど。

2016年6月25日(土) SUZUKI ハスラー購入記 1

 ワゴンR・スティングレー購入記を書いたのは2009年1月のこと。あれから十年たったかなァ 。
 いや,正確には7年半ですがね。暗い下宿の四畳半,スティングレーとふたり手をとりあって,車検は3回通したっけ。スーパーの駐車場の隣に駐めたDQNカーによるドアパンチの傷跡は数知れず(クソッ!こっちから一度もやったことないのに)。いつの間にか走行距離も優に8万キロを超え てしまった。春日八郎もびっくりである。
 外見は相応の経年劣化ながら,エンジンは新車の頃から変わらず絶好調なのだが・・・突然,買い換えたい病を発症してしまったのである。嗚呼買い換えたくてたまらねェ!

 たまたま本日(6月25日)は,3回目の車検の後の最初の半年点検の日。意を決したみけねこは,彼女と共にディーラーのスズキ自販へと出かけたのである。そう。満を持して・・・ネ。

 「オホンオボンコボン!」とみけねこ。
 悪い風邪でもこじらせたのかと心配顔の店長。
 「アー・・・その〜。ハッハッハスラー・・・いや,今の車を下取りに,ハスラー JスタイルIIで見積もって頂きたい。柿(カーキ)と白のを。いや,決して急いでいるわけでは ありませんが」
 店長の顔はニンマリ笑み崩れた。

 

 欲しい車は既に決めている。ハスラー JスタイルII で(主要装備・主要諸元)ある。そう,ハスラーが発売されたのが2年半前の2014年1月。JスタイルIIは2015年15年のマイナーチェンジ&特別仕様車の第二段といった位置づけで,性能的に初代から大して進歩したわけではない。SUZUKI最大のライヴァル 車のダイハツ・キャスト・アクティバと比べると,「遊び心のハスラー」vs「走りのアクティバ」と称される。なんつーか,ヴァカ専用脳味噌カラッポ車みたいな言われ方であるが,それでもみけねこは,ハスラーが好き なのだ。目玉んとことかね。

 色は,オレンジやイエローの歳じゃない。赤は最近人気ありすぎ。苦み走った俺様にはピンクこそが──似合いそうもない。柿・・・いや,カーキ色にしよう。 爺くさくてみけねこにピッタリだ。さらに屋根は白のツートンカラーにすると,白髪の頭髪っぽくていいねェ。
 ツートンカラーにすると+43,200円じゃが,仕方ないじゃろ。ええと,それから。

1 全方位モニタ付きナビ ナビ自体の性能はかな〜りイマイチとの噂だが,しかし全方位モニタ付きで+127,440円というのは 激安のニオイがしませんか?
2 ETC ビルトインじゃないとイヤ。21,816円と取り付け費。
3 ドアバイザー 雨の日でも,ちょっぴり窓を開けたい気分の貴兄に。+12,906円
4 フロアマット 必要だけど,自分で買って付けた方がいいのかなぁ?+14,202円

 さて,しかーし。出てきた見積は,完璧に定価ベースのもので,ここでご紹介するような意味ある代物じゃない。「お買いになるタイミングの時,(事前予約にて)値引きと下取車の査定を いたしましょうぞ」と店長。

 そうだった・・・スズキ自販では,黙ってても車が売れ過ぎちゃって困るの〜という有様(下のCMの感じ)なので,武家の商売なんだったっけ。こちらが特段急いでいないと言えば,アチラはもっと急いでないのだった。ガクーン。

 アーン 売れすぎちゃって困るのぉ
 売れすぎちゃって困るのぉ うーん
 売れすぎちゃって 困るのぉ〜♪           (「売れすぎちゃったね。」byスズ坊)

 上記は昭和のCM。スズ坊が(何故か)上からオシッコをすると,踊りながら歌っていた女性の服が濡れてスケスケとなり下着が丸見えになっちゃう,現代ではあり得ない,おおらかな昭和の頃のCMだった。 

2015年11月15日(日) ドコモよ 永遠に(さよなら)

 と言うわけで,経緯をまとめてみた。

1日目(日曜日)

 10:00 ドコモショップでMNP予約番号発行(ネットでも可だ)
 10:55 自宅より(ネットで)楽天モバイルへ申込み
 11:05 楽天モバイルよりメール。本人確認書類のアップロード依頼
 11:30 免許証画像アップロード
 11:45 楽天モバイルより本人確認完了メール
 12:10 楽天モバイルより「お申し込み状況ご確認ページ」の案内メール

2日目(月曜日)

 「お申し込み状況確認ページ」は,ず〜と「出荷手配中」で役立たずなのが判明。
 22:15 楽天モバイルよりSIM発送メール。

3日目(火曜日)

 夜 SIM受取。SIM入替〜APNプロファイルインストール 10分くらいで完了。

 こんなに簡単だったとは。これ1ヶ月前にやっとくべきだった。
 では,どれだけ遅くなったのか検証してみよう。左が下り,右が上りスピードだ。

(従前:ドキュモ神時代)
 自宅  1.06  0.91 夜 Wifi(参考値:自宅ADSL鈍足LAN)
 自宅 14.80 12.07 夜 LTE ※田舎なのでドコモにしては遅めですな

(現在:聖天楽神時代)
 自宅  0.55 10.55 夜 LTE ※上りが早くても意味ね〜。

 ・・・いやはや,クソ遅っせ〜。期待どおりの超遅さだ。普通の人なら,激怒のあまりスマホを噛み砕いてバリバリ呑み込んでしまうところだが,みけねこはiphoneを愛おしげにナデナデした。どーせ最初から遅いと確信していたし,いつも鈍足ADSLに慣れっこ(それより少し遅いけど)なので,そんなもんでしょという感なのである。

 メールの送受信は出来るし,楽天でんわを使えば半額の30秒10円だ。ウェブサイトだって(ちょっと待てば)見ることができる。これ以上何を求めることがあろうか?

 とかくこの世は計算さ 金と金との絡み合い〜答え一発!楽天モバ?

2015年11月9日(月) さらばドコモよ 愛の戦士たち

 その後、1週間が無為に過ぎてしまった理由は次のとおりである。

 ──そうと決まれば善は急げである。まずは、ネット(マイドコモ)からMNPの申請だ・・・くそっ。代表一括請求だからダメと出た。そういや、支払いは彼女に払って貰っていたんだっけ。
 151に電話をかけて一括請求を解除。改めてMNP予約番号をとって、次は楽天モバイルのページからオンライン申込。しばらくすると、運転免許証の画像送れのメールが来た。よっしゃ、後は3日くらいで新しいSIMが届くらしい。ネットで手続きが全部出来るなんて、なんて楽テンじゃなかった、楽チンなんでしょうか。
 そして、待ちに待ち続け・・・なかなか来ないなぁと4日目。名義が違うからダメとのお知らせメール来る。これ頭になかったけど、なるほど〜。名義変更は来店必須とのことなので、週末にドコモショップに二人で行ってMNP予約のキャンセル→名義変更→MNP予約を取り直し。そして楽天モバイルに再申込みとなった。・・・やれやれ。しかし、この努力も携帯代が安くなると思えば、全然苦労にゃならぬ。
 ちなみに、NTT、楽天モバイルとも通話はどちらも従量制だが、電話をかける相手がいないので問題ない。データ量は7Gから5Gに減るが、それほど使わないのでこれまたOK。
 それよりゼニですぜ。

 まず、入替のための一時金が、9,760円(MNP転出手数料(ドコモ)2,160円、2年縛り解約違約金(ドコモ)10,260円、新規事務手数料(楽天)3,240円、価格.com申込キャンペーンがマイナス5,900円)。2年縛りの解約月に間に合わなかったのが無念の極みだが、価格.com経由申込キャッシュバックが(そのうちに)もらえることを考慮。)。これに月々、楽天モバイルの2,322円の通信料の支払いが加わる。
 一方、ドキュモ神へのお布施は、高値安定の6,744円だ。
 累計で比較すると、最初はもちろんドキュモの方が安いが、3ヶ月目にはアッサリ逆転。1年後には、楽天モバイルの方が43,304円(80,928円−37,624円)、百年後には3,983,306円もお得だ。

 さあ!皆さん。寝てても4百万円のモーケですぞ(百年後にゃ)。ホラ、居ても立ってもいられなくなったでしょう?

2015年11月1日(日) さらばドコモよ

 ドコモ歴13年4ヶ月。常にドコモを敬愛し、日に二回の、ドコモ本社の方角に向かっての拝礼を欠かさなかったみけねこ。しかし決別の時は来た。

 ふとチェックした9月分の料金。6,723円だった。いつも決まって3,783円だったのに。きっとドキュモ神がうっかり他の人と間違えちゃったんだ。きっとゴメンネと言って、キノコのぬいぐるみをくれるんじゃないかな・・・と思って、よ〜く明細を確認したら、月々サポート適用額の2,980円割引がなくなっていた。くっそー!キノコ野郎め。
 考えてみれば、長年のガラゲー人生に終止符をうち、iphone5Sに機種変更をしたのが二年前。分割などしてはドキュモ神に申し訳ないと端末代金は一括購入して、毎月感謝の気持ちを忘れずに、3,738円のお布施をドコモ神に捧げてきた。電話はほとんどかけないし、データ通信も(自宅Wifiがあるので)大して使っていなかったため、最低料金だったのだ。こうしてドキュモ神との人生が、死ぬまで続くのであろう・・・と、なんとなく考えていたのは激甘だった。
 信仰心を捨てて冷静に考えてみれば、「月々サポート適用額」は2年で終わり。ネーミング的には永遠に続きそうな感じだが、実は端末購入時の割引を、2年間かけてやっただけのこと。その後は、ドーンと高い正規の通信通話料を永久に払ってもらおうかっていう商売だったのだ。

 や〜めた。長期契約者でいたっていいことなかったし。やわらか銀行や英雄へ機種変更もいいけど、商売のやり方は毒キノコと同じだし。必要もないのに機種変更をするのも、エコロジー精神に反するってモンだ。よっしや、MVNOにしよっと。 

2015年8月30日(日) みけねこモルディブ隊 〜 モルディブ旅行記 〜

 昨日帰国せり。久しぶりのヤッポンはすっかり涼しくなっていた。聞くところによると、台風も来たそうですね。

 では、二年ぶりの海外旅行記を開始しましょう。題して「みけねこモルディブ隊」。今回は、下のページに不定期に少しづつアップする形とします。

 http://mnoriko.boy.jp/maldives/

2015年2月15日(日) シェエラザード夜話  Song Of Scheherazade

 レコードの針を落として(比喩です)、初めて聴く曲が流れ出した瞬間、頭を鈍器で殴られたような衝撃を感じたことはありませんか。
 みけねこの場合、忘れもしない・・・思い出せない。「ホテルカリフォルニア」と「宇宙の彼方へ」だったかな。
 さらに、何度も聴くうちに、何回目かのある時、突然目が覚めたように。パズルの最後の一片がはまるように、心にしみてくる曲もある。「シーズ・オブ・ラヴ」と「キャン・ユー・アンダースタンド」だ。

 ずいぶん久しぶりにインフルエンザになってしまった。熱鼻喉(にルルが利く〜♪)という諸症状の外に、さらに恐ろしい傷病を併発してしまった。昼寝をしすぎて、夜眠れなくなってしまったのである。
 で、一晩何をしていたかというと・・・

 残虐なサルタンは、彼の一番目の妻の不貞を発見して以来、二度と裏切らせないように処女と一夜を過ごしては翌朝には処刑することを繰り返していた。大臣の娘のシェエラザードは王の悪行をやめさせるために、自らハーレムへ入った。
 シェエラザードは王の閨で、幼い妹のドニアザードを呼んで別れを告げたいと望んだ。シェエラザードは、ドニアザードに一晩中、面白いお話をおねだりしてくれるよう頼んでおいたのである。横になって、何とはなしに二人の話を聞いていたた王だったが、思わず知らずシェエラザードの物語に引き込まれてしまった。朝になって話が佳境に入ったところで、シェエラザードが口をつぐんでしまったので、王は話を続けるよう命じたが、彼女は、「もう夜が明けてしまいました。続きは今夜いたしましょう」と答えたのであった。王は、シェエラザードを殺すのは、続きを聴き終わってからにしようと考えたが、その次の話もまた、ちょうど佳境のところで夜が明けてしまったのである。
 こうして、シェエラザードの物語に魅了された王は、幾晩たっても彼女を処刑することが出来ず、千一の夜が過ぎた。その間に王とシェエラザードは三人の子をもうけ、彼女の物語の教訓に徐々に影響されていった王は改心し、彼女を后とするとともに、名君として国を統治したのであった。

 ルネッサンスのシェエラザード夜話(1975年)だ。B面すべてを使った25分の組曲。あの頃、ロックは今より遙かに輝いていて、クラシックとの融合も一つの大きなテーマだった。
 先が読めない場面展開。相変わらず長いインストゥルメンタル部分は、ヘタなクラシックなど遙かに越え、アニー・ハスラムの伸びやかな美声は本当に美しい。実は初めて気づいた導入部分のサルタンの男性の声もすばらしい(誰が歌ったのだろう)。これが40年前のロックだって?これぞ音楽だ!

 音質は、YouTubeなので申し訳ないのだが、ガーガーうっさいAMラジオくらいのつもりでどうぞ。歌詞はメンドくさいので、自動翻訳にて。少しメチャクチャですが。

「サルタン」

サルタン王残酷な威厳
彼の女性が死亡していることを命じた
すべての彼の妻のための単一の夜、この
その後自分たちの生活を自分の喜びを取ります

だから夜明けとともに多くの日のために
スルタンは彼の方法を持っていた
妻は死刑にされた
彼らの死にかけ息で彼の名

その後、夕方のような1日が来た
スルタンは彼の妻のために送る
私が確認したい彼女の井戸の魅力を選択してください
、彼女を持参私に彼女を送る

そして、彼の側にシェヘラザードが来た
そして、彼女の美しさが映える
成長し花のよう
彼はこれまでに知られているだろうとしてジェントル

シェヘラザードは彼を魅惑
宝石で飾られたキーの曲を
王子とヒーローの
と東部のファンタジー

彼にスルタンの物語を語った
とお守りとリング
千夜一夜物語彼女が歌った
彼女の王を楽しませる
彼女は、シェヘラザード、シェヘラザードなどを歌う

「若い王子と若い姫シェヘラザードによって語られる「

そして、あなたは太陽があなたの光を見ることが原因となる
そして、辱めする
あなたは千秘密の炎に暗闇をカバー
あなたの愛、ああ私の愛、ああ私の愛、私の愛をこめて
そして、私は百別の日を爆破する風を引き起こす
そして、いくつかの方法庭園の香水を持参
あなたの愛、ああ私の愛、ああ私の愛、私の愛の

クリスタルと粘土、夜や日
王子のシール上のすべての
空のイーグル、地球のライオン
これはシールはシールが価値があるもの、価値があるものです
男の夢のすべてを保持します
タペストリー、男、写真の希望や人間のビジョン
人間の魂の精神
そして、彼はすべての彼の日の残りのための彼女を愛することを誓うだろう

"まつり"

シェヘラザードこの日はあなた次第です
あなたの周りのすべての今、あなたの贈り物のベアラが立つ
土地で行われた最高級のシルク
あなたの選択を待っている
それはあなたの手にゆらめく
シェヘラザードあなたの人生は一つです
あなたは今日スルタンの愛がある
人々はあなたが太陽に足を踏み入れる見る
屋台やあらゆる種類のバー
すべてを食べることのために食べ物を織り葉に高く積ま
毎ターンでのドラムとフルート
混雑した通りをねじる巻き音楽、
遠くからのキャラバンは、人々は笑って持って来る
人々は今日バグダッドのスルタンを見に来て

シェヘラザード彼女の名前が知られている
彼女の物語は語られている
スルタンは彼女の人生を免れることがてみましょう
祭りはこの日から始まります
彼女の名声を記念して
人々は彼女の賞賛を歌う
ストーリー歌わ、群衆が踊っている
音楽とすべての声が歌うエンターテインメントへ
人々は王を見るために呼び出す
スルタン笑顔
彼の物語はまだ始まったばかり
スルタンとシェヘラザードは1である
シェヘラザード、シェヘラザード

彼女は彼にスルタンとお守りとリングの物語を語った
千夜一夜物語は、彼女は彼女の王を楽しませるために歌った
彼女は、シェヘラザード、シェヘラザード、シェヘラザードなどを歌う

2015年1月1日(木) 謹賀新年

 あけましておめでとうございます。自分専用に送ったものとは別バージョンですが。(こちらVer.2)

2014年10月8日(水) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.16 さらばネコ達

 おなかもふくれたことで、グルグルと港近辺の街歩きをしてみよう。ネコでもなでながらね。猫の写真を撮ったが、少しかぶっているような気がする。でも、模様と大きさが似たやつは見分けがつかないんだよなァ。

第十三村猫 第十四村猫(第一か第三と被ってるかも) 街中にある恵比寿神社 道が狭くて両側から家が迫る 絶対車は入れません
これは・・・??? 第十五村猫(と十三村猫) 第十六村猫(白ソックス) 第十七村猫と第十八村猫 第十九村猫(みけねこだ!)
第二十村猫 第二十一村猫 第二十二村猫 第二十三村猫 (真ん中やや右のクロ) 第二十四村猫(シロネコ)
第二十五村猫(黒い小さいやつね) 栄屋旅館(島の宿は三軒だ) 第二十六村猫(首輪の黒いやつ) さて、そろそろ 乗船の時間だ

 全二十六の村猫に出会った。茶トラとシロは、みけねこがなんとなく気に入ったらしく、よくペタペタ後を付いてきた。
 13時35分。そろそろ乗船の時間だ。最後に第二十六村猫(唯一、首輪をしてたやつ)の頭をナデナデして、渡船場へ向かった。ネコ達は、みけねことの別れがつらいらしく、「ウォ〜ン」とは鳴かず、しっぽをペロペロしていた。

 13時50分。町営渡船「しんぐう」出航。船は、防波堤を避けて大きく東へ迂回し、足にエンジンの振動が伝わると、少しスピードが上がった。波動エンジンを始動したのだろう。みけねこは 、ずっとデッキに立って島を見ていた。猫たちが見えなくなり、釣り人が見えなくなり、渡船場のゲートが見えなくなって、島は靄の中、影となっていった。


 そして、かわりに本土の影が次第に大きくなって来た。14時。新宮港到着。真っ先に船を下りたみけねこは、待合所脇のバス停で待っていた町営バス・マリンクスへ乗り込んだ。

さらば相島 次第に遠くなっていく 新宮港だ! 町営渡船着岸。ただいま〜 マリンクスに乗り込んで

 さて。これ以上続けることは蛇足だろう。筆の置き方はいつも難しいのものだ。
 親睦旅行のついでで、時間が限られいたことでもなければ、決して来ることがなかっただろう相島。そりゃあ、遙か九州まで空路の旅なら、普通、別府とか湯布院とかテンボスとかに行っちゃいますよね。行けなかった夏だけ温泉にも穴観音にも高妻神社へも新型戦艦「しんぐう」も 、リターンズは終生ないだろう。
 それは、この文を読んでくださった方にお任せすることとし、この一年ぶりに作った旅行記を閉じることとする。

2014年10月7日(火) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.15 相島地域物産物展示販売所

 戻った。ついに戻ってきた!只今11時39分。出発してから1時間59分。公式距離5.4キロだが、あちこち寄りながらなので、6キロ以上は確実に歩いたはずだ。


左が『前波止』で、右が『先波止』

 『先波止』と『前波止』は、通信使来島に伴う船を係留するため、1682年に延べ3,850人の人夫を使って黒田藩が造ったもの。『先波止』は朝鮮通信使用で現在は使われていないが歴史遺産となっている。『前波止は黒田藩の船用で、現在は渡船場として、町営船「しんせい」が利用している。

 さて、メシだ。みけねこは、シメシメと手を擦った。入るは、島唯一の食堂の『相島地域産物展示販売所』。注文する料理は既に決まっている。「刺身定食(1,260円)お願いしま〜す」食べログで調べといたんだ。ちょっと高いけど、名物を食べないわけにはいかない。待っている間に、11時50分の船が着いたようだ。窓の外を老若男女がゾロゾロと通っていく。朝の便と違って、さすがにこの時間の船は人が多いようだ。来た来た。サザエご飯おいしかったね。でも、おかずの量が多すぎて残してしまった。これなら安いと思う。
 この食堂の名前から分かるように、2階は展示室になっている。じっくり見学を楽しもう・・・と思ったら、島で釣れるサカナの写真と網の展示が少しあるだけだった。いくらなんでも非道すぎだ。ガッカリ。
 展示室から見下ろすと、いつの間にか食事の順番待ちの人々がゾロ〜リ座っていた。いや〜。なんとかこの時間に間に合って良かった。

もう結構客が入っていた 窓から。あれ?人いっぱい 刺身定食 期待外れの2階展示室 うわっ。いっぱい待ってら

 只今の時刻12時5分。出航時刻は13時50分なので、1時間45分もある。もしかして、もう少しゆっくり島巡りを楽しんでも良かったような気がしてきた。サザエご飯はうまかったが。

2014年10月6日(月) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.14 ネコ達との再会と若宮神社

 「ニーニー」鳴き声がした。左手の塀際にまだ若いネコが二匹。「やあ。久しぶりだね。ネコちゃんたち」みけねこは、ニンマリ笑うと煮干しの袋に手をいれた・・・・「ニーニーニーニーニー」「ニーニーニーニーニー」「ニーニーニーニーニー」
 ギャーッ!塀の後ろからゾロゾロ来おった。一二三・・・七匹だ。この島のネコグループの一つなのだろう。若いクロネコとキジネコだけで構成されたグループだ。そう言えば、相島にはネコのグループが大きく四つあると聞く。例えば仔猫だけのグループとか。こいつらのグループは、若いブラック系ネコしか仲間に入れない掟なのだろう。きっと。ここで煮干しの半分以上を奪われる。

 その先には、「みち潮苑」という宿。こっこれは相当味わい深い。レベル高いぞ。皆さん、相島に来たら是非ここへ泊まってください。みけねこ一押しなのだ。

ネコだ。久しぶり 第六〜第十二村猫だ! 簡易宿所 みち潮苑ですって。 若宮神社 本殿

 で、その先は、『若宮神社』。岩宮神社よりも大きくて綺麗だが、特筆することない...とその時は思って、写真を二枚撮って、後にしたのだが。

 むか〜し昔。あるところに天照大神という神様がいました。天照大神は孫の邇邇芸命に地上を治めるよう命じました(天孫降臨)。邇邇芸命は、筑紫の国の高千穂というところに家を建て 、笠沙の岬で出会った、木花開耶姫という美しい地元女性と結婚しました。
 やがて、木花開耶姫が妊娠したことを邇邇芸命に報告すると、妊娠時期が少し早いような気がした邇邇芸命は不貞の子ではないかと疑いました。神とはそういうものです。
 悲しんだ木花佐久夜比売は、夫に「あなたの子なら必ず生き残るはずです」と邇邇芸命に言い、産屋に入ると火をつけました。人間であれば「待ってくれ。俺が悪かった」と止めるところですが 、神はそういうことはしません。
 炎の中で生まれたのが、兄の海彦と弟の山彦です。

 ある日 、兄弟は自分達の仕事道具である釣り竿と弓矢を取替えて、海彦は山へ狩りに、山彦は海へ釣りに行くことにしました。結局慣れぬことは出来ないもので、どちらも獲物は捕れなかったのですが 、弟の山彦は兄の釣り針を無くしてしまったのです。山彦は、自分の十拳剣を削ってまず五百本、次に千本の釣り針を作って兄に差し出しましたが、兄は「もとの釣り針を返せ」と怒鳴るばかり。
 必ず探し出しますと兄に約束したものの、困り果てた山彦が海辺に佇んでいると、通りかかった塩椎神という老神が「乗って海の国に向かい、綿津見の神の宮の門の傍らにある桂の木に登るって待ちなさい」と 、小舟を貸してくれました。
 老神の言いつけどおり、桂の木の上に座っていた青年を見た海神の娘の豊玉姫は、山彦の甘いマスクに一目惚れ。二人は結婚し、三年の年月が過ぎました。しかし 、気になるのはやはり兄との約束。山彦が時々ため息をついている理由を知った義父の綿津見の神は、世界中の魚を呼び寄せて、釣り針の行方を一匹一匹に聞いてみることにしました。すると 、一匹の鯛が「お口が痛い」というので、口の中を改めたところ、あの釣り針が出てきたのです。綿津見の神は釣り針を山彦に渡すと、こうアドバイスしました。「『おぼ針 、すす針、貧針、うる針』と唱えながら、後ろ手にお兄さんに渡しなさい。海彦殿が高いところに田を作ったら低いところに。低いところに作ったら高いところに田を作りなさい。もし 、海彦殿が攻めてきたら塩盈玉でおぼれさせ、謝ったら塩乾玉で助けてあげなさい」

 ふるさとに戻った山彦は、アドバイスどおりの方法で釣り針を兄に返すと、次第に兄は貧しく、山彦は裕福になりました。ムカついた海彦は軍勢を仕立てて弟を攻めてきましたが 、山彦は塩盈玉と塩乾玉を使って、兄を反省させました。
 心を入れ替えた海彦は「これからはあなたの警護をいたしましょう」と謝し、その子孫が今も朝廷を警備する隼人族となったのです。

 さて、時を戻して、豊玉姫ですが、身ごもって出産するために山彦の古里を訪ねて来ました。「出産するところを絶対見ないでくださいね」と豊玉姫。そういわれた山彦は 、ますます見たくなって、産屋の中をこっそり覗いてしまいました。見えたのは、でっかいフカがのたうち回っている姿。山彦はキャーと叫ぶや、逃げ出してしまいました。
 豊玉姫は恥ずかしさのあまり、海の国に帰ってしまいましたが、残った赤子の養育係として、妹の玉依姫を使わしました。その赤子は、天津日高日子波限建鵜葺草萱不合命と名付けられ 、成人すると四人の子を成しました。その末っ子の名前は若御毛沼命、又は、神倭伊波礼比古といい、この方こそ初代天皇である神武天皇なのです。

 と、ばっさり端折ったつもりが、長くなってしまったのだが、『若宮神社』の祭神は、「豊玉姫と玉依姫」である。ここまで書けば、賢い皆様は全てお分かりのことであろう。海神の宮とは 、この若宮神社で、海の国とは相島のこと。山彦が上った桂の木とは、神社のご神木である「ユズカヅラ」の木。ユズカズラの葉は、島の妊婦達の安産のお守りとされていると云う。
 相島中学校の近くに高妻神社がある。祭神は「彦火火出見尊」。別名、山彦なのである。(さあ!皆さん。深ィィのボタンをバシバシ押していいですよ)

2014年10月5日(日) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.13 龍王石〜朝鮮通信使客館跡

 海だ。海が見える。港が近い...この島一周コースも終わりが近づいてきたことを感じる。
 左側に見えるは、『龍王石』。周囲7.5mもある自然石で、八大龍王の御神体として、島の漁民の海より深〜い信仰を集めているのだ。このあたりで、龍王の怒りも畏れず、釣り糸を垂らしている太公望達が何人もいた。バチ当たりめが。
 道の右側に階段がある。とりあえず登るのモットーを実践し、階段の先には、生花が飾られた『護国の英霊碑』が立っていた。この小さな島からさえも第二次世界大戦で出征し戻ってこなかった人々がいたのだ。

海だ! 太公望(スマホ中) 龍王石 この階段は何じゃ? 護国の英霊碑

 このすぐ先からいよいよ、港近くの漁村(というべきか)エリアへ入る。下の写真の案内板『朝鮮通信使客館跡』が見えるだろうか。こここそが、新の客館跡 で、下の古地図を証拠とされたい・・・しかし、普通に民家が建ち並び、さっぱりそうは見えない。先ほどの有待亭のあたりの方がよっぽどそれっぽい雰囲気だ。看板のすぐ脇には、島で唯一のお寺『神宮寺』(浄土宗西派)だ。立ち入り自由の本堂内には島の歴史資料が掲示されているらしい。(知らなかったので、入らなかった)
 その先に、小さな公園(滑り台1台、草に埋もれたシーソー2台)があったが、草茫々で、あまり使われているとは思えない。こんなの写真を撮る人もあまりいないと思われたので、撮っておいた。

真ん中やや右に案内板 少し近づいた。真ん中左だ。 もっと近づいたゾ 神宮寺 児童公園かな

 左図は、1748年の来訪時の古地図。渡船場を降りた先に掲示されている。客館の場所が不明となっていたところ、岩国徴古館蔵(山口県岩国市)の絵図に記されているのが分かり、そのとおりに発掘してみたところ、柱跡が発見されたという。(でも、この大きさはデフォルメしすぎなので、実際は右図だ)
 朝鮮通信使は、徳川将軍の代替わりごとに、朝鮮李朝王の国書を携えた通信使が日本を訪れた。通信使の来日は12回に及び、11回までは江戸への旅路の途中、相島に滞在した。通信使の一行は随員を含め500人にも達し、幕府より接待を命じられた黒田藩は、藩の威信をかけてもてなしたが、その負担は28億円にも達したという。

2014年10月4日(土) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.12 遠見番所跡

 しばらく単調な道歩きが続く。クマのような青年が向こうからパンフレットのマップを片手に歩いてきた。 この周回コースで出会ったのは、その青年が最後だ。
 下り坂の途中、左手に『遠見番所跡 灯台』の案内板を見つける。よし、登ってみよう。

 ぐはっ。また蜘蛛の巣だ。四つん這いにならないと回避出来ない位置だ。みけねこは、雄々しくも蜘蛛の巣を引き千切っては投げ引き千切っては・・・おかしい。さっきすれ違った連中。 ここに来なかったのか?そういえば、島一周の「マスターハードコース」以外に、相島中学校付近から北に抜けて、東半分を歩く「ばぶばぶベビーコース」があるらしい。先ほどの青年はともかく、その前の二組はアヤシイ。

「遠見番所跡 灯台」の案内板 コンクリ坂を登るった先には 草に覆われた番所跡の石積 隣には相島灯台 さあ。さらに坂を下 って行こう。

 『遠見番所跡』には、つた草に覆われた基礎の石積のみが残り、その隣には相島灯台(結構小さい)が建っていた。遠見番所だけに、島一番標高の高い場所なので、ここから、波荒れ狂う玄界灘やスカイツリーなどを遠望しようと考えていたのだが、周りは雑木林だらけで視界はゼロだった。

 徳川幕府が島原の乱の後に鎖国令を出したことから、福岡藩二代藩主黒田忠之が置いた藩内5か所に置いた遠見番所の1つ。玄海灘を望む西端の高山(標高77メートル)設置され、定番2人・足軽3人が毎日交代で監視していた。まったくいい仕事じゃありませんか。

 沖に異国船を発見したら、福岡藩に早船を仕立てて注進するよう、港に来たら丁寧に応対し、長崎への案内を要求されたら応じるよう、もし逃げたら追跡・捕獲し、長崎奉行に引き渡すように定められていた。5人でどうやって外国船を捕獲するか考えると、やはりいい仕事じゃないかも。

 隣の「筑前相ノ島灯台」は、1976年設置された。

 さあ、また道を下っていこう。只今11時9分。歩き始めて1時間29分。渡船場からの距離3.7キロ、そろそろ先が見えてきたようだ。

2014年10月3日(木) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.11 有待亭の謎

 周回コースをもう半分近く歩いただろうか。向こうから二組の団体が歩いてくる。ベビーカーを押した郎党5名、そして老夫婦だ。たぶん、同じ渡船で来て、左回りで歩いているのだろう。ここまで来たとは早っ!しかし赤ちゃんを連れてよくぞ歩いてきたもんだ。みけねこなんて、大汗かいてヒーヒー唸りながら歩いているのに。もしかして、ベビーカーの中は赤ちゃんじゃなくて、ネコを二・三匹乗せているだけかも知れん。──それにしても、相島小学校以来、初めて人の姿を見た。

「史跡 有待亭跡」とある。 有待家のお屋敷かな? 脇から見てみた。ウ〜ン なかなかいい車ですな 下り坂が続く。

 右側に「史跡 有待亭跡」と刻まれた石碑が建っている。おそらく有待という大身の武士か貴族の豪壮なお屋敷の跡なのであろう。その証拠にほれ。草の中に建物らしき姿が見えるではないか。みけねこは、目を凝らした。・・・こちら側からだと、光の加減かなにかで、掘っ建て小屋に見える。脇から回ってみた。うーん。トタン材のボロ小屋にしか見えん。屋根が飛ばされないように上に石が置いてあれば完璧だ。しかも、そのお屋敷の中からは、「コケッコケ」とニワトリの鳴き声までが聞こえてくるではないか。さっぱり分からん。

 これまた後日調べたところによると、有待亭とは、朝鮮通信使の客館のこと。元々、山頂付近あたりにあったのではないかとされ、それらしいこの地に碑まで建てられていたのだが、近年の研究で、客館は港近くにあったと判明したらしい。そしてこの場所は、江戸時代に吉村恕助なる人物の隠居所があった場所らしい。
 この碑は大間違いであり、あのボロ小屋も、紛れもない鶏小屋だったのだ。

 只今の時刻10時54分。歩き始めて1時間14分。渡船場からの距離2.8キロ

2014年10月2日(木) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.10 太閤潮井の石〜岩宮神社

 島一週コースとなると、サクサク歩かねばなるまい。次の船の時間になると、島唯一の食堂がいっぱいになる可能性があるので、その前に一周したい。しかし、普段の運動不足なのかなア。いや、暑いんだ...シャツがびっしょり。こんなの久しぶりだ。島の売店で飲み物を買ってくれば良かったと後悔しきりである。
 10:46。案内板を発見。では、左の階段を登ってみよう。アチ〜。

道路は続くよ〜どこまでも

本道が有待亭跡・遠見番所跡

右階段が潮井の石・穴観音

右の階段を登った先には?

太閤潮井石

岩宮神社

 まずは、左側。蜘蛛の巣をかきわけて、『太閤潮井の石』の石碑へ。わざわざ太閤の文字が何者かに削られて、潮井石だけ刻まれている(下囲みにアップ写真を)。歴史が何百年経過していようと、しつこく太閤に恨みを持つ粘着気質の国人・・・がアヤシイ。
 ここでまた失敗が。石碑の裏手に行くと、下の写真の実際の石があったらしいが、そうと知っていれば、蜘蛛の巣をかき分けて押し入ったのに。岩宮神社も、蜘蛛の巣がすごかったので、離れたところから、写真を撮ったのみである。

★太閤潮井の石
太閤潮井の石の写真 豊臣秀吉による朝鮮出兵(1592、1597年)のため、諸国の軍船が海路名護屋城に向かう途中、相島に立ち寄って、海岸の石を一人一石持ち寄って、千手観音像に航海安全と戦勝の祈願をしたのを、太閤潮井の石と呼ぶ。
 お清めの砂をお潮井というので、これから名がついたのではないかと思われる。

 石の量は、10トンダンプで200台分ということだ。一体、何人祈願に来たんだ?

★岩宮神社
 太閤の軍兵が、潮井の石を置いた後に祈願した神社ではないかという以外に、詳細は分からない。鳥居は立派だが、奥は神社というより祠に近い感じだった。

 なお、おそらく、岩宮神社のところから、『穴観音』への道があるのではないかと思われたが、絶壁の中の洞窟の観音様を引き潮のタイミングで参拝できたそうだが、現時点、福岡県西方沖地震のせいで、落石の危険があり、立ち入り禁止だそうである。しかし、やはり世には英雄と呼ぶべき勇気の人がいましたので、ご紹介しておきましょう。怖いですね〜。ホラーですね〜。では、サヨナラサヨナラ。
 http://ameblo.jp/taoizm/entry-11207711622.html
 只今、10:47。所用時間1時間7分。距離にして2.6キロだ。

2014年10月1日(水) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.9 剣神社〜めがね岩

 奇妙にトロピカルなイメージの小道を抜けると、やはり県道599号線だった。『剣神社』はすこし港側へ戻るはず・・・ん?この階段はなんぞや?案内板もないが、場所的にア・ヤ・シ・イ。
 階段を登ると、左手に鳥居。やはりここだ。賽銭箱がなかったので、拍手のみにて、武運長久を祈る。なお、右手の道は例のアナコンダの道に繋がると思われる。

現世への明るい道

この先が本道だ

案内板がった

謎の階段

階段を登ると

ようやく剣神社発見

剣神社:明治時代に多数の刀剣が発掘されたことから、この神社が建てられたもの。平安時代、筑前大島に配流された安倍宗任が隠したとの言い伝えがある。

 さて。只今の時刻10時31分。予定表では、東方面はこれにて終了し、来た道を戻って次は西方面を探索する予定である。昔から「予定は確定」と云うではないか...よし。やっぱり行く。島を一周するぞ!「オー」(独り言)

 10時36分。渡船場から54分。距離にして2キロ。あのパンフレットに書かれた島一番の超絶絶景ポイントで、県文化指定財(名勝)に指定されている。この写真、空と海がもう少し青ければなァ。相島東端に位置する鼻面半島の沖300mに浮かぶ鼻栗瀬を、通称「めがね岩」といい、高さ20mの玄武岩が波に侵食されて穴があいたものだ。
 それにしても、穴がひとつしかないのに、なぜめがねなのだろう。片眼鏡(モノクル)ってやつかな?西洋の貴族や怪盗がよくしてるアレだが、ノペーとした平面顔の日本人には、眼窩まわりの筋肉を相当使わなければ、かけ続けるのは難しいと聞く。


みけねこは元気よく歩き出した


めがね岩をアップ

 朝鮮通信使の書記であった申維翰が『海游録』の中で、相島の風景を次のように述べている。

 『傾斜した道を歩いて西山に登る。古松長杉が険しい谷間に落々とし、幽草ほう鬆が道の両側に生えている。路は狭くて険しい。登り終わると、遥かにけぶる渚を百里の外に望む。山々は皓々として、あたかも白い練り絹の帯の如く、またあたかも玉連環の如く、藍島(相島)を抱き抱えるようにして、尺寸の隙間もない。浦を隔て漁帆が遠近に明滅し、みな鏡面をすべるように往来しているのが歴々として見分けられる。雲は溶々として波浪に堕ちんばかり。松風も発して、雲水に相答える。見る者はたちまちにして恍然として我を忘れる。すなわち余が航海して以来、初て見る神仙境である』

 いや〜昔の人の文章って、ロマンチックで素晴らしいですね。平気でこんなすごいの書いちゃうんですもの。現代の人なら、「松や草の生えている険しい道を西山へ登った。海を見れば漁船があり、空には雲が浮かんでいる。この旅一番の絶景だ」で終わりでしょ。

2014年9月30日(火) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.8 相島積石塚群

 石畳の海岸を先に進むと、『相島積石塚群』がそこにあった。賽の河原っぽい景色だが、思っていたより全然不気味じゃない。それよりなぜかすがすがしく感じる場所だった。

 大小のごつごつした岩だらけの海岸が500mほど続く相島東部の長井浜にある『相島積石塚群』は、海辺の石を積み上げて造られたもので、500m続く海岸に254基の古墳が確認されている。
 古くから存在は知られていたものの、蒙古兵士の墓であろうと思われていたが、平成4年になって本格的な調査が入り、この遺跡が4世紀から7世紀の古墳時代前中期から後期に、石を積み上げて作られた古墳であることが判明し、平成3年8月7日に国指定史跡に指定された。

 古墳は大小あちらこちらにあって、先を赤く塗った杭で位置を示している。目の前に現れた120号墳は、長さ20mの前方後円墳で、石塚群の中でも最も大きい。かなり力のある族長の墓なのだろうか。残念ながら盗掘され、須恵器(お皿じゃよ)が少し残っていただけで、ここにどのような歴史があったのかは分からない。玄室の多くは、朝鮮半島の方向に開いており、渡来系の海人だったのかもしれない。

 この古墳がつくられた5世紀前半は、ツングース系民族の高句麗が百済を攻め、救援を求められた大和朝廷が朝鮮に出兵し、高句麗と激しく戦っていた頃だ。

先に行ってみよう 相島大塚120号墳 裏に回ってみた ここからめがね岩が見える・・・ ここに幸じゃなかった、道あり

 120号墳の脇に内陸への道があった。おそらく、県道599号線に戻れる道だろうと、明るい緑の絨毯に足を踏み入れた。
 只今の時刻10時26分。歩き始めて46分。渡船場から1.7キロほどだ。

2014年9月29日(月) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.7 朝鮮通信使関連墓地と秘湯を渡る風

 それにしても剣神社がなかった・・・やはり剣神社は、アナコンダの道の方だったらしい。『日蒙供養塔』の手前に島の内側へ折れる道があり、『相島積石塚群 ←すぐそこ』の 案内板がある。来た道にへ戻るにはゴロゴロとした丸石の浜を通らねばならない。よし。案内板の道を進もう。ムー。砂利の間から草が伸び、いかにもハブがでそうな──いや。逆に出ない方が不思議 なくらいである。

 ハブに警戒しつつ足を進めると、「ひぃっ!」突然、お墓みたいなのが。──ビクビクし過ぎだよね。きっと、よくある「ナントカ土地改良事業完成記念碑 ○○土木事務所長」とか書いてある石碑だよ。ウンウン。後ろに回ってみると案内板があって、『朝鮮通信使関連墓地』。やっぱ、まんまじゃん!

「相島積石塚群 すぐそこ」とある ハブ出ないだろうな・・・ ギャーッ!ヒィー。怖〜い 後ろから。案内板が二つ 左は「朝鮮通信使関連墓地」・・・

 後で調べたところ、『朝鮮通信使関連墓地』とは、1719年7月24日、第九回朝鮮通信使の受け入れ準備のため、船に乗っていた黒田藩士と水夫61名が、台風で溺死したことを悼んでの供養塔という。

 ん?右上写真の案内板(左写真はアップ)だが、右のやつ・・・『夏だけ温泉』って。
 気になる気になる気になる!すっごく気になる。秘湯中の秘湯。キングオブ秘湯に違いない。しかし、矢印の方向をいくら見ても、草が茂るばかりで道などない。海岸の方(右写真)に目を凝らしても、それらしきものは何もない。

 もしあったなら、後先考えず、タオルがなくても、入っただろうに。沖のデバガメ漁船の女船長(かどうかは知りませんが)に見られたって、かまやしない。 見られるのは一時の恥。入れぬのは一生の損。しかし、このジャングルでは・・・そもそもあるんだか、ないんだか。

 ややあって、良識が勝利をおさめ、みけねこは、肩を落とすと先へ進んだ。秘湯を渡る〜風を〜見たのは〜♪

 帰宅後ぐぐったら、あった。一人いらっしゃった。こちらの猛者の方がいかれた。
 http://touki.sakura.ne.jp/index.cgi?http://m-touki.sblo.jp/article/47462358.html
 想像以上に過酷な道だが、ここまでたどり着いたなら。みけねこなら、ヘドロだろうが、コケが生えていようが、カニにアソコ(もちろん足の指とかですぞ。念のため)を挟まれようが、入っただろう。秘湯中の秘湯、日本一の秘湯なのだから。

2014年9月28日(日) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.6 日蒙供養塔

突き当たりの案内板には

右か左か・・・左か右か

この先には!

 上り坂が続く。さらに進むと、「剣神社 日蒙供養塔」と書いてある案内板があった。これは予定表に入っている。行かずばなるまい。海側へ右折。そこは草の道だった。突き当たりはT字路となっていて、またも案内板があった。この案内板、六角形で右を指しているのやら左を指しているのやら、ファジー過ぎてさっぱり分からない。左の道らしき方向は、背の高い草が生い茂って、アナコンダが飛び出しそうだ。よしっ右だな!右に違いない。
 その先の坂を上ると・・・海だっ。おおっ。マブチィー!灰になっちゃいそう。みけねこは両目をかぎ爪で覆った。踊り狂う光の粒が煌めく海。海。小さな浜には・・・。

 ゴミ。・・ゴミ・・漂流ゴミだ。みけねこはゴミのひとつに近づいてみる。ハングル文字!

 近年、頭のいい韓国人は、政官学の頭脳を結集し、ごみ処分問題を根本的に解決する方法を発見したと聞く。それは、海流を利用して最終処分場(つまり日本)にゴミを送りつけるという方法である。輸送費も処分費用はかからない上、韓国国民の美意識(つまり反日意識)にも合致した一石二鳥の秘策なのである。

左(東)方向 右(西)方向(港方面だ) 韓国からのプレゼント 左へ進む ゴミと丸石の道が続く

 この丸石の浜(百合越海岸)を歩くのは、ハイヒールなどではとても無理だろう。人の姿も猫の姿なく、波の音が聞こえるばかり。いるとすれば蒙古の怨霊くらいだろうか。慎重に進んだ先に、草に覆われた『日蒙供養塔』があった。
 下の写真のとおり、ほぼ草に埋没してしまっていた。

 太宰府まで攻め込まれた「文永の役」の経験を苦い反省として、執権・北条時宗は、博多湾や新宮の海岸線に防塁を築き、防備の武士を全国から呼び集めた。「文永の役」から7年後の1281年6月、元寇二度目の来襲「弘安の役」勃発である。

 朝鮮半島を発した蒙古・高麗連合軍は、博多に上陸せんとするが、防備の武士達に撃退され、なんとか上陸した志賀島も武士の猛反攻により追い落とされ、海上を二か月もの間漂った挙げ句、暴風雨に襲われたのである。攻め込んできた四千の軍船と十五万の兵士は、当時、世界最大規模であったが、故国の土を踏めたのは、二百の軍船と三万の兵士だけだったと云う。

 この戦いによる膨大な負担は、鎌倉幕府にとって滅亡の遠因となり、海軍戦力の殆どを失ったモンゴル帝国にとっては、幕府の統率がゆるんだことによる倭寇の侵略に脅かされることになった。

 ここ、百合越海岸にも、蒙古の屍が折り重なって漂着したという。それを敵味方の区別亡く葬って、蒙古塚を建てたとという記録があるが、その場所がどこなのか分からなくなってしまった。この『蒙古供養塔』は、1967年に神宮寺の先代の住職の尽力により、この地に建立したものである。

2014年9月27日(土) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.5 東へ進め!

 島を一周する県道599号線を東へ向かってさらに進もう。

 左手に二軒の旅館が現れる。『丸巳屋』と『美潮荘』だ。釣り客が主に泊まるのだろう。こういう味わいのある旅館に宿泊してゆっくり島を探索できたら、さぞや楽しいことだろうと思う。美潮荘は知らないが、丸巳屋の名物料理はふりかけ料理だろうなとは容易に想像がつく。美潮荘の前には、自家用車が駐車していた。おそらく、宿泊客が港につくと、この車で宿まで送迎してくれるのではないだろうか。

丸巳屋

美潮荘

美潮荘前に駐車の自家用車 相島の小学生が描いたのだろうか 道端で大きなアゲハをよく見かけた

 道路が二手に分かれた。右が『相島小学校』で行き止まり、左が島を一周する本道の県道599号線だ。小学校の校舎は、さほど大きくはないものの、我が母校の小学校より断然立派だ。全校児童数11人 、当然複式学級だ。本日は日曜日なので、子供達の姿はない。ゲーセンも不良のたまり場もない、この自然豊かで清らかな環境なら、子供達は真っ直ぐにスクスク育つに違いない。もちろん 、うっかり本土に渡らない限りはだが。
 なお、手前の左手高台に中学校(新宮町立新宮中学相島分校)があるが、こちらはパス。残念ながら時間は有限であり、全てを見尽くすのは無理だ。ネットの写真で見たら、中学の男の子は皆 、テリー・サバラスかあばれるクンみたいないがぐり頭だった。島の子供達の生活がいかに健全であるかが伺える。

相島小学校

左の本道へ(右が小学校)

道は登り逆となった 振り返ると港があんなに遠くに 坂道は続く

 そういえば、猫の姿がすっかりなくなってしまった。やはり人が住むところ=エサがもらえるところにしかいないのだろう。ここまでの距離1.3キロ。歩き始めて30分だ。

2014年9月26日(金) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.4 相島到着!

 いささか デカイが、ここでパンフレットを広げよう。これがないことには島歩きは始まらない。実際、みけねこは、このパンフとスマホのGPSを見ながら歩いた。GPSは不安解消のためですがね。

 渡船場から右(東)方向へ歩き出す。上のパンフレットでも右回りを進めてますしね。

 まずは、船から見た例の第一村猫 のクロを確保だ。引き続き第二村猫のシロを確保。第三はまたクロネコだ。ネコ確保は容易である。連中、しゃがむとすぐ寄ってくるし、お礼の煮干しも準備してきた。 道路左側の平成25年4月建設の『相島渡船待合所』(ここで、パンフレットを手に入れた)、島唯一の食堂の『相島地域産物展示販売所』(又の名を食堂丸山)、島唯一のコンビニにてスーパーの『相島販売所』が立ち並ぶ通りを過ぎる。食堂と売店は漁協でやっている ようだ

 相島漁業協同組合の建物前で自動販売機の缶コーヒーを買って一休みしていると、第四・第五村猫が続けてやって来た。ただ今、9時52分。島に到着して十分ほど、歩いた距離にして まだ300メートルほどだ。

右方向へ歩き出す 第一村猫。よしよし 第二村猫。ニホシ食うかい? 第三村猫(そっくりだが第一とは別) 相島渡船待合所
相島地域産物展示販売所 相島販売所 さらに東へ向かう 第四村猫 第五村猫

2014年9月25日(木) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.3 町営渡船「しんぐう」

 8時25分。『相島渡船場』着。真新しいよーな感じの待合所の自動発券機で切符(460円)を買い、トイレに行ったり、缶コーヒーを飲んだりして、ゆったり時間をつぶす。こいうものもいいね。港にネコが歩いていたので、カメラを向けたら、神速で消えてしまった。空には、白い薄い雲が漂っていて 、天気は、薄晴れってやつかな。とにかく、写真を撮ろうとすると空が白っぽくなっちゃうたぐいの天気だ。お客はつり客らしい2組と、ネコ目当てっぽい(カメラ持っていたからね)中年夫婦1組 がやはりのんびりしている。待合所の向こうの有料駐車場(料金300円)に車を置いて来たらしい・・・おっ。船が入ってきたようだ。

相島渡船場。左が待合所で、中央が乗船場。右が魚港の施設のようだ。

待合所の内部

発券機

 9:20。三々五々と乗客達は船に町営渡船「しんぐう」に乗り込む。切符は、相島で下船する時に渡せばいいらしい。古くはあるがなかなか味わいのある船だ。そういうニオイが ツーンとする。みけねこChina隊の冒険で乗ったあの恐ろしい三峡乃星号のクサさには負けるが。お客は全部で十ニ・三人かな。船内の客室は二階構造になっており、階段で一階に降りると座敷 の部屋。二階は前部と後部の客室に分かれており、船尾と横が外部デッキとなっている。今回はガラガラだが、そんなにキャパがあるようには思えず、定員164人が乗り切れるとはとても思えない。
 玄界灘の荒波で揺れる時があると聞いていたが、本日波静かなり。もちっと長時間の乗船だったら船酔いするかもしれないが、17分ばかりならチョロイものである。

船が来たど〜行こう

降りたらすぐ乗るで!

二階前部客室(33人定員)

1階客室(定員70人?ムリでしょ)

外部デッキ

さらば〜新宮よ〜旅立つ船は

 町営渡船「しんぐう」:幅5.50メートル、深さ2.20メートル、総排水量74トン、運行速力15.00ノット(時速約27.8キロメートル)、定員164人、乗組員5人、夏季1日6便、冬季5便の往復運航

あの島じゃな〜い?

中学校(分校)と小学校らしい

新造戦艦「しんぐう」(ズーム)

港に近づいてきた

あれは第一村猫?(ズーム)

相島渡船場に到着

 遙かに横たわる影がだんだんと近づき、そして陸地となった。あれは何だ?鳥だ!飛行機だ!いや、相島だ!(特に書くことないもんで)

 相島港には、一隻の巨大な艦影が停泊していた。むっ!いったいなんだろう?どう見ても、ため池のごとき玄界灘を航行するような船ではない──どちらかといえば、宇宙空間へ飛び立ってもなんら不思議はない風貌だ。そう、これぞ新宮町が 人類の未来をかけ、総力を結集して建造した新造戦艦・・・じゃなかった、町営渡船「しんぐう」(新)である。新宮とイスカンダル・・・じゃなかった相島を結ぶべく、10月1日に就航す。くそっ! こんなポンポン汽船より、あっちのスペースクルーザーの方がいい。親睦旅行を1ヶ月遅らして欲しかった。


相島だ。右方海上にめがね岩も小さく見える。

 9時40分。『相島』到着。さて!猫どもはどこだ?

2014年9月24日(水) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.2 道程遙かに

博多駅と西鉄バス(右)

福工大駅のコインロッカー

福工大駅北口。タクシーは右へ

 7時20分。西鉄バスにて『博多駅』へ。ほんの10分ほどの乗車だ。

 7時37分。JR鹿児島本線・門司港行の列車に飛び乗る。ウム、いいぞ。予定よりかなり早い。しかし、ここで失敗してしまった。パズドラしてたせいでアナウンスが聞き取れず、「次は〜♪よかばい大前駅〜ドスコイ大前」のように聞こえた・・・やっべ!時間もそろそろのハズだし 、なにより「大」が合ってる。間違いない絶対!と( それでもイヤな予感を抱きつつつ)飛び降りたところ、やっぱりひとつ前の九産大前駅だった。みけねこは、イヤな予感がしたら必ず決断する。悪い方向にね。
 幸い鹿児島本線は幹線なので、次の列車がすぐ来てくれたので助かった。

 8時2分。さっきのトラブルのせいで6分遅れで、『福工大前駅』着。これでも十分予定より早い。ええと、予定表どおりコインロッカーを探して(意外と探し回ってしまった)・・・ここ、大きな駅じゃないんで、 ロッカーが7コしかありませんな。しかも、300円の手頃なのがいっぱいで、500円のしか空いてないジャン。やむを得ない、どでっかいスペースに小っちゃいリュックを入れる。

 そうそう。旅行前に作っておいた予定表、置いときますね。旅の途中、歩きスマホしながら確認するため作ったものだ。
 只今、予定表時刻より絶賛先行中。どうせ、すぐ追いつきますがね。

場 所 時 間

交 通

適         用


 
ホテル

 
渡辺通二丁目 
   ↓(10分)
 
博多駅

 
博多駅
   ↓(15分)
 
福工大前駅

 
福工大前駅
   ↓(10分)
 
相島渡船場

 新宮発
   ↓(17分)
 
相島(あいのしま)

 

07:40

07:44

08:00

08:26

08:41

08:50

09:00

09:20

09:50

 


徒歩

バス



電車



タクシー







 


 孤独に耐え出発!(ホテルより道路を横断してバス停へ)

 
[5]住吉・博多駅行(100円)



 JR鹿児島本線4駅 
快速・小倉行(3番線)(280円)

 ※
荷物は駅ロッカーへ入れて行こう!

 ※乗場は北口と思われ。



 町営渡船「しんぐう」(460円)



 

相島地図


 観光案内(新宮町HP)、パンフレット(PDF)

 <
渡船場から右方面へ>
  漁港〜相島小学校〜剣神社〜相島積石塚群(めがね岩の写真を!)
  ※距離約2キロ(徒歩25分)。10:40頃に引き返すつもりで。
   ネコが点在するため、歩くのに時間がかかるのだ。
  [食事]相島地域産物展示販売所
  ※サザエご飯かな?
 <
渡船場から左方面へ>
  朝鮮通信使館跡〜若宮神社〜龍王石
  ※出航まで散策。ここら一帯は特にネコが多い。

 

 
相島(あいのしま)
   ↓(17分)
 新宮着

 
相島渡船場
    ↓(11分)
 
福工大前駅

 
福工大前駅
   ↓(18分)
 
博多駅

 
博多駅
   ↓(5分)
 
福岡空港
 

13:50

14:10

14:26

14:37

15:00

15:18

15:28

15:33

 






バス



電車



地下鉄


 町営渡船「しんぐう」(460円)



 マリンクス[70]相らんど線第2ルート(100円)
 
 ※
荷物取り忘れずに!

 JR鹿児島本線(6駅) 鳥栖行(7番線 、280円)



 地下鉄空港線(2駅) 福岡空港行(260円)

 ※おみやげはメンタイコ。

 さて、右上端の駅北口の写真の真ん中にパス停 (右写真が大きくしたもの)があって、そこに男がひとり立っているのが見えるであろう。その男こそ──知らないバス待ちの人だ。このバス停は、新宮町の町営コミュニティバス「マリンクス 」のものだが、そのバスはなぜか途中で30分間ものんびり停車しちゃう(時刻表は、上の日程表のリンクを適当に踏んでください)ため、渡船場への到着時刻は9:17となる。そして、相島への船の出航時刻が9:20。 その間3分しかない。たぶんうまく間に合うようになっているのだろうが、多少の節約のために、いらぬ危険を犯すわけにはいかぬ。

 8時15分。バス停右方のタクシー乗り場で、幸い一台だけ待っていたタクシーに乗り込み、「ええと、あいのしまのとせんじょうまでおねがいします」「アイヨー。ドスコーイ」と、運ちゃん。 嗚呼それにつけても1,170円もかかってしまった。マリンクスだったら100円なのにね。

2014年9月23日(火) 猫の島(福岡県 相島)旅行記 Vol.1 みけねこ相島へ出発す

 物事を良く知る人はこう語る。「筑紫の国(現:福岡県)には猫の島ふたつ有り。ひとつ目は『あいのしま』まと云う。もうひとつは『あいのしま』と云う。

 最初の『あいのしま(藍島)』は、北九州市の海岸から北へ約5キロ、細長いネコのしっぽの形をしている。 ネコのシッポはたまらなくカワイイですからな。もう一つの『あいのしま(相島)』は、福岡市の北東に位置する新宮町の海岸から北西約8キロ、ハートの形をした島である。島の古老によれば、この形は、島民のネコちゃんLOVEの 心の現れ──とのことである。

 この土曜日・・・一泊二日の親睦会旅行のため、草深き田舎より福岡空港に降り立ったみけねこ。はるばる飛行機でやって来てたったの一泊だけだなんて、贅沢至極(カネがもったいない)だが、宮仕えの悲しさよ。月曜日はみんな仕事なので、いたしかたないのである。
 一日目については、特には語ることはない。なんといっても企業秘密のため、太宰府天満宮に行ったの、マリノアシティ福岡で買い物したの、夜は博多の華味鳥で水炊きをガツガツ喰っただの、書く訳いかないでしょ?

 そして、翌日の日曜日。
 6時30分。なんとかかんとか起床。昨晩、最後に食した屋台(おかむら)のラーメンは実に美味しかったが、早起きにはあまり宜しくなかったかなぁ。
 ホテルの朝食バイキングを食べ、そのままひとり出発す。孤独の旅路だ。しかし、上を向き歌いながら行こう。ロンリー アイ ミスタロンリ〜チャップリン♪

 本日(二日目にて最終日)は、夕方まで自由行動なのである。イエーイ!

 親睦会のメンバー達は、下関に行く組。吉野ヶ里に行く組。湯布院に行く組。今を時めく官兵衛探しに行く組・・・みな、思い思いの地に旅立つ。が──、唯一不人気なのが 、我がネコ組。フン、まあいい。所詮、ネコはひとりで生きてくものさ。
 もちろん、目的地は、あいのしま。──って、どっちの島なのかって?フム。お教えいたそう。前者の『藍島』は、ネコ島として本場中の本場ではあるが、テレビ放送で いささか有名になり過ぎた。ネコの数よりも、今や島を訪れるカメラマンの数の方が多く、ネコ一匹につき十人のカメラマンが群がる有様。写真を撮るだけならまだしも、ネコを追って島民の 花壇を踏み荒らすはは、ゴミはポイポイ捨てるは、糞尿をそこら中に垂れ流すは(って、さすがにこれはないか)というワケで、島民はカンカンだ。島民に袋だたきにされるのもイヤなので 、よりマイナーで安心(まだ島民がそんなに怒っていない)の『相島』に決めたのである。

  相島(「あいのしま」又は「あいしま」)は、福岡県糟屋郡新宮町に属し、新宮海岸から北西に8kmの玄界灘に浮かぶ面積: 1,218,427 u、島の周囲約8kmの島。ハート形をひっくり返したような形をし、人口 328人、世帯数150で、港のある南部に人口が集中している。

 鼻栗瀬(通称めがね岩)など景勝の地であり、歴史的には、「相島積石塚群」では250基の古墳が発見された。『日本書紀』などには、「阿恵島」 「吾瓮島」「阿倍島」「阿閉島」「藍島」と様々な名で知られている。
 江戸時代には、鎖国政策で唯一国交を結んでいた朝鮮からの朝鮮通信使の宿泊地となった。

2014年3月1日(土) トヨタ ヴォクシーZS  購入記

2014年2月8日(土) みけねこネオウルトラモンスターゴージャス号改MK-II

 さて、5年ぶりのマシン自作(更新)記録を一気に書いたので、ドンと更新します。
 

第一夜 古き良き『みけねこネオウルトラモンスターゴージャス号改』のこと

 メインマシン『みけねこネオウルトラモンスターゴージャス号改』を組み立て終えたのは、忘れもしない(本当は忘れてたけど)、2008年1月末であった。いや、あの時は組立済セットを買ったから、組み立てたとは云えませんね。
 当時としては、intel初のクアッドコアCPU:Core 2 Quad Q6600を擁する最強──は言い過ぎだが、最強から毛が十三本抜けたくらいの、誰もがうらやむ(ほぼ)最強スペックマシンだった。

 あれから五年が立ちました。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。もちろんその間、ハードディスクのSSD化を図ったり、メモリの増設、外付ブルーレイドライブ追加、VISTAからWindows7にアップグレードなどしたものの、五年の歳月は残酷であった。今や、『みけねこネオウルトラモンスターゴージャス号改』は、誰もが哀れむ最弱スペックマシンと成り果ててしまったのであった。いと哀れ。

購入当時2008.1.19の状況(赤字は後に追加) eX.computer AeroStream Quad / QB30J-7410K    
キャンペーン 【2008/1/19ご注文分まで】 eX.computer 新春初売りセール対象 通常価格より10000円引き これだよ。これで衝動的にポチしちゃったんだ。2008年1月19日午前3時にね。
CPU 【クアッドコアCPU】 Intel Core 2 Quad Q6600 (8MB キャッシュ / 2.4GHz / 1066MHz FSB / G-0ステッピング) あこがれのクアッドコア。これでアヒルも喜ぶであろう。
オプションCPUクーラー 【推奨】 Zalman製 ヒートパイプ構造CPUファン (CNPS-8000T / 騒音レベル18〜30 dB(A) 可変式 / 92mm静音ファン搭載) リテールクーラーより変更。+5,500円。別に買ってつけた方が安かったかな?

※後に冷え冷え病に罹ったみけねこは、巨大CPUファン「ANDY SAMURAI MASTER SCASM-1000」3,890円を買って、付け替える。

マザーボード Intel P35 Express チップセット ATXマザーボード (MSI製 P35NEO-F) 12,000円くらいの格安マザーなのがどうにも気になる...
メモリ PC6400 DDR-2 SDRAM 2048MB (1024MB x2枚 / CENTURY MICRO製 / メジャーチップ) メジャーチップとは、電気屋の広告の「一流メーカー製」の表示に等しい。

※後に「トライセンドJM2GDDR2-8K(1GX2枚組)」3,980円を増設し、4Gとする。

追加ビデオカード 【ファンレス】 nVIDIA GeForce 8500GT / 256MB (PCI-Express / DVI端子付 / 静音設計) 標準のnVIDIA GeForce 8600GTS / 256MB (PCI-Express / DualDVI/TV出力 / HDCP対応)より変更。-11,000円。ファンレスというのが気に入ったし、ゲームをやらなきゃ充分だ。
ハードディスク 【推奨】 500GB (SerialATAII / 7200rpm / 16MBキャッシュ搭載) メーカーがどこなのかとても気になる。サムスンかな?

※256MのSSDドライブ「Crucial RealSSD m4 CT256M4SSD2」22,353円を購入し、Cドライブにする。元のはDドライブに降格。

パーティション分割 パーティション分割なし 分割するだけで+3,000円ですって。自分でやるわい!
光学ドライブ 【白ベゼル】 DL対応 DVD SuperMulti (Plextor製 PX-800A / ソフト付) 持ってるので、これが削れれば良かったのだが、削れんのだ。

※後に外付USB2.0対応ポータブルブルーレイレコーダー「バッファローBRXL-PC6VU2」6,124円を購入する。

PCケース AeroStream ATXケース (オフホワイト / EX2/571/057R / 静音FAN・防塵フィルター搭載 / W 200×H 440×D 480mm) デザインは今ひとつ。白と黒から選べるのだが、流用するつもりのFDともう一台のDVDが白なので。
電源ユニット Topower製 TAO-480MPVR (定格出力480W、Max 570W / 静音設計 / チタンコーティング / BLK) 静音とは名ばかりの噂もあるが、どうかな。
OS Microsoft Windows Vista Home Premium (DVD-ROMパッケージ / 32bit / DSP版) とりあえずW2Kを使うのでいらんと削ろうとしたら、7,618円しか減らない。この値段なら・・・安いんじゃない?よっしゃ、いよいよVISTA使いになりましょう。

※後に「Windows7アップグレード版」7,777円を買って、32bit版で再インストール。

 118,119円+消費税5,906円=124,025円(送料無料)+44,124円

 そう。きっかけは、昨年夏のパラオ旅行(みけねこパラオ隊)で撮った動画のブルーレイディスク化大失敗事件である。

 ムービーデジカメで撮った約26GのMP4動画のエンコードを、上記みけねこクアッドマシンが息も絶え絶え、一晩がかりで変換したものの、この目的のために買ったポータブルブルーレイレコーダーでダビング出来ない。(ついでにエンコード中、二回もコケてその度に最初からやり直して、三度目の正直で奇跡的に完成という有様。)
 お値段の安いレコーダーが悪いのか、ドライバがおかしいのか、焼きソフトがいい加減なのか、やっぱりクアッドマシンが非力なのか・・・それとも全部だったのだろうか。

第二夜 半年後

 それから熟慮し熟考を重ね、約半年が過ぎた。なぜなら、急がば回るものだし、慌てる乞食はもらいが少ないものだから──が、その間。円安はさらに進行し、パーツは値上げしていった。クソッ!もはや値下げは期待出来ぬわっ。これからの座右の銘は、早起きは三文の得にする。それに4月から消費税も上がりますしね...

 予算の関係で、替えるべきパーツは最小限とする。つまり、CPU、マザーボード、メモリの御三家いや、三点セットである。目標予算は3万円也(のつもりだった)。

CPU

 Intel Core i7-4770S
    (32,800円)
最初は二世代くらい前のi7で安くあげようと思っていたが、やはり我慢がならなくなった。知らぬ間にCPUはGPU内蔵となっており、(とりあえず)ビデオカードを買わないとなると、グラフィック性能があがった最新第四世代がいいでしょう。前みたいにオーバークロックはしないし、古い電源ユニットにいささか不安があったため、省電力CPUがいいかな。しっかし・・・高い。こんな高いCPUは20世紀末に買ったAMD K6-III以来なのだ。

第四世代Haswellマイクロアーキテクチャで、ソケットはLGA 1150。i7-4770の省電力バージョン。
参考:
インテルCPU性能比較表(ドスパラ)

マザーボード

 ASIS H87-PRO
    (10,480円)

メーカーは安心のASISに決まり(それかGIGABYTE)。今までの経験からマザーボード選択は安全第一なのである。はじめは、エントリーモデルで安いH87-PLUSで十分のつもりだったが、そちらはなぜかGPUの内蔵エンコード支援機能のQSV(これはどうしても必須である)の記述がなかったので、確実にあるこちらに。(でも、後から思うと、PLUSでないワケないよね)
ちなみに、新しいC2ステッピング版だった。

LGA 1150対応H87チップマザーの鉄版。

メモリ

 CFD W3U1600HQ-4G
     (8,400円)

規格は、いつの間にかDDR2からDDR3に変わっていた。オレサマの了解もなしに・・・。有名どころ(つまり高い)過ぎず、ノーブランド(相性あやしい)過ぎず。中庸をモットーに選んだ。それにこれ、口コミの評判もよかったですので。Windowsも32bitから64bitに移行のつもりなので、容量は二枚で8Gにて。
それにつけても、円安で最も値上げの著しいのがメモリだ。同じモンが一年前には半額だったはず。泣ける〜。ついでに云えば、CPUもマザーも発売当初の値段とさほど変わらんし。昔は発売後半年も過りゃ8割9割引、いや十割引もあたりまえだったのに〜

DDR3-1600(PC3-12800)  4GX2枚

 足し上げは苦手なので、合計はよく分からないが、少し予算オーバーしちゃったかも。

第三夜 組み立て開始

 注文して二日後にパーツ到着!いよいよ、組立開始だ。なにせ五年ぶりなので、ちょっと自信ない。手が震えるゥ〜

1.マザーボードにCPUを載せ、リテールのCPUクーラーを取り付ける。思ったより簡単。マザー付属の日本語マニュアルを見ながらやれば難しいことはありません。リテールのCPUクーラーは、前使ってた巨大なサムライマスター(扇風機のようだ)と比べて、実に小さい。クーラーの底には最初からグリースも塗ってあって親切。

2.鼻歌をフンフン歌いながら、メモリを取り付ける。

3.ゴージャス号のケースを開ける。ゲホッゲホッゲホ!すげー埃だ。ケースを開けるのも二年ぶりくらいかも。電源やフロントからのケーブルを慎重に外して、マザーを取り出す。
 しまった!新マザーにFDD用のスロットがないってのは分かっていたが、既にIDEスロットさえ廃止された時代となってたのね・・・うちのDVDドライブ、実はIDEだったんだ。仕方なく、DVDドライブも外す。まだ一線級の性能だったら、これはまだまだ使うつもりだったんだけど。

4.ケースにバックパネルを取り付け、マザーボードをねじ付けし、各種ケーブルを接続。
・ATX電源コネクターの24ピンはいいが、新マザーの8ピンのEP12Vに対して、古い電源から来てるいるのは4ピン12Vコネクター。マニュアルでは大丈夫(最小構成で推奨ではない)だと書いてあったので、下(左)4穴だけに差し込む。
・CPUファン及びケースファン。
・SSD(又はHDD)にSATAコネクターと電源。
・フロントパネルUSB2.0コネクター(10-1ピン)。
・フロントパネルオーディオコネクター(10-1ピン)。
・システムパネルコネクター(20-8ピン)。ここが細かくて、一番めんどくさいかも。+と−が分かりづらい。

5.キーボード、マウス(USBワイアレスでどうかと思ったが、大丈夫だった)、そしてコンセントをつなげて、最小構成で通電テストじゃ。では、ポチっとな!
 スタンバイ電源LED点灯。いいねいいね。CPUファンが回り出して、一瞬止まって、また元気よく回り出す。これはそういう仕様らしい。ケースファン×2もグルグルと勢い良し。ウンウン結構。コッコッコッコ、コケッコー。今夜の晩ご飯はお祝いにイシイの卵に便利だ。──いやまて!ディスプレイが待てども待てども真っ黒じゃないか。これは内蔵GPUがONになってないか、ドライバのIRQがコンフリクトしているか、いやまだドライバは入れてないし・・・と考えていたら、ディスプレイケーブルをつなげるのを忘れてただけだった。愚かじゃ。

 なお、SSDの中身は前のままなので、Windowsは起動せず(もしかしてとは思ってしばらく待ったが、さすがにマザーまで替えると無理のようですな)。一応、再起動し、DELキーでBIOS起動まで確認し、組み立て完了す。

 今回、FDDを外したことにより、一番最初の自作マシン以来使い続けたパーツがついに無くなった。

第四夜 『みけねこネオウルトラモンスターゴージャス号改MK-II』完成す!

 次は、Windows7 64bitのインストールである。今までは互換性を考慮して32bitだったが、あんまり気にする必要なかったかも。
 USBにポータブルDVDドライブを繋げて、Windows7 アップグレード版のインストールディスクを入れて電源オン。新規(カスタム)インストール=クリーンインストールを行う。

 USBの光学ドライブからWindowsディスクが読み込めるか、また元々のゴージャス号は、VISTAからWindows7 32bitにアップデートしていたため、直接Windows7アップグレード版からいけるのか(アップグレード版はWindowsが既にインストールされていることが要件なので、空のHDDからはいけないのは前提)との一抹の不安があったのだが、なんのことはない。ほんの30分ほどでインストール完了。ウソみたい。昔は確か数時間かかったもんですがねぇ。ちなみに、ライセンス認証もインターネットからまったく問題なし。

 それからマザーボード付属のドライバCDをインストールし、インターネットに接続し、Windowsアップデートを延々と行い、いろいろもろもろインストールし・・・次の日。
 ふと、Cドライブのプロパティを見ると、256G中、200G強使用中。しかも確認する度、ギガ単位で見る見る増えていく。ウソ!アプリケーションは可能な限りDドライブ(HDD)にインストールしていたはず。いったい何が増えてるんだ?ページングファイルか、インデックスか。それともウィルスでも踏んだのか。\ユーザの不可視ファイルがどうも怪しい・・・復元ポイントか、いや。度が過ぎている。それともIEの一時ファイルがぶっ壊れたのか。──そして、Cドライブは満タンとなった。アッサリと。エラーのダイアログボックスが何回も開き、動作がクソ遅くなった。

 結局、原因究明よりも先に気持ちが悪い。また最初からクリーンインストールし直して、環境再構築。一通り終わった時点でCドライブ(現在空き197G)のバックアップを取った。一日分無駄にしちゃった。ぼくはもう疲れたよ。パトラッシュ・・・。

 ネーミングは、いろいろ考えた結果、最後のところに格好良く「MK-II」をつけることにした。何故かだんだん長くなってくる。一番最初の自作マシンは「みけねこ号」だったんだよな。確か。

みけねこウルトラモンスターゴージャス号改MK-II   
CPU IntelCore i7-4770S (4コア/8スレッド/3.1GHz /L3 8MBキャッシュ/65W) 2013.6発売 i7-4770(84W)の省電力バージョン。Core 2 Quad Q6600は105Wだった。
CPUクーラー リテール(CPU付属) 定格運用なら十二分。冬の暖かい部屋だとアイドルで26度くらい。
マザーボード ASIS H87-PRO LGA 1150対応H87チップ
メモリ CFD W3U1600HQ-4G(2枚組 計8G) DDR3-1600(PC3-12800) OSを64bitにしたことで、4G超のメモリも有効となったので、8Gに。
ビデオカード CPU内蔵のGPU 3Dゲームをやらないので。普段の使い方ならモンスタービデオカードを取り付けたとて、差は分からないでしょうな。
ハードディスク Cドライブ:SSD 256GB SATAIII
 Crucial RealSSD m4 CT256M4SSD2
Dドライブ:HDD 500GB SATAII 7200rpm 16MBキャッシュ
 SEAGETE ST3500320AS
マザーを替えたことにより、SATAIIIが生きてきて、SSDも早くなったはず。
Dドライブ500GBも今となっては少ないが、アプリインストール用として。
他に、外付USB2.0の500M鈍足HDDがあるが、これはパックアップ用途としている。
光学ドライブ バッファローBRXL-PC6VU2(外付USB2.0対応) 外付ポータブルだがブルーレイ読み書き対応。しかし買っといて助かった。
PCケース AeroStream ATXケース (オフホワイト / EX2/571/057R / 静音FAN・防塵フィルター搭載 / W 200×H 440×D 480mm) ツクモのeX.computer AeroStreamの白ケース。最近の5インチ内蔵光学ドライブなど殆ど黒ベゼルだし、自作の世界では白って人気ないんですね。
電源ユニット Topower製 TAO-480MPVR (定格出力480W、Max 570W / 静音設計 / チタンコーティング / BLK) 五年以上がんばっているが、次に壊れるとすれば、これだと思う。
Haswellでは、スリープ用に0.05A対応電源が必要だが、これは対応してない。BIOSでC6/C7ステートを無効にすればいいらしいが、そもそもスリープは使いませんので。
OS Microsoft Windows7 64bit(アップグレード版) 世の中には、Windows8.1とかあるらしいゾ。

 そうそう。最後に使用感を軽くレビューしとかなくちゃ。

・起動終了ともに爆速。ちなみにシャットダウンメニューの休止状態は使わない(シャットダウンだけでいい)ため、Cドライブで(ページングファイルと並んで)巨大サイズであるhiberfil.sysは作らないように設定した。
・その他もちろん全般スムーズ動作。インターネット閲覧も、読み込み途中でのスクロールの引っかかりが減った感じ。
・オーサリングソフトTMPGEnc Authoring Works5で、Intel Quick Sync Video(QSV)によるエンコード所要時間実験として、先の26GのMP4をBDMVのブルーレイ形式に変換してみた。
 QSV無効・・・4時間 QSV有効・・・1時間
 無効でのソフトウェアエンコードでも、一晩かかっていた前のマシンよりかなり早いが、QSVでの4時間→1時間はもはや別次元の感である。

 次は、たぶん五年後かな。その頃、またお会いしましょう。

2013年12月31日(火) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜について

 年内にようやく完成しました。いやはや、本当に珍しい。記念にチョチョイと一ページにまとめました。また言っちゃいますが、いやまったく珍しい・・・
 さて、その後ですが、数日前に(たまった有給を使って)クンクンとのお約束のスキーに二泊にて小旅行。これは、旅行記を書くほどの内容もエネルギーもないですが。

 それでは、皆様。良いお年をお迎えください。

2013年12月31日(火) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 終章 さよならパラオ」

2013年12月30日(月) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 PPR写真集」  

2013年12月29日(日) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第四章(9) PPR」

2013年12月28日(土) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第四章(8) ミルキーウェイ」 

2013年12月24日(月) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第四章(7) カヤッキング」 

2013年12月23日(日) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第四章(6) ウスビーチ 下」

2013年12月22日(日) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第4章(5) ウスビーチ 上」

2013年12月14日(土) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第四章(4) ほのぼのレイク」 

2013年12月12日(木) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第四章(3) バラダイスの冒険」 

2013年12月3日(火) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第四章(2) ロックリバーへ遠乗りしよう」 

2013年11月22日(金) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第四章(1) インパック社へ」 

2013年11月17日(日) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第三章(6)プライベートビーチ再び」 

2013年11月16日(土) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「  第三章(5) イルカに乗った少女」

2013年11月9日(土) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「  第三章(4) わんぱくフリッパー」 

2013年11月2日(土) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第三章(3) ドルフィン・ベイへ」 

2013年10月14日(月) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第三章(2) コロール探索」 

2013年10月12日(土) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第三章(1) パラオは晴天なり」 

2013年10月6日(日)  みけねこパラオ隊〜パラオ旅行記〜 「 第二章(5) パラオの夜」 

2013年10月5日(土) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「  第二章(4) プライベートビーチ」

2013年9月26日(木) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第二章(3) 初めてのパラオの朝は曇時々小雨」 

2013年9月16日(月) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第二章(2) パラオパシフィックリゾート」 

2013年9月14日(土)  みけねこパラオ隊〜パラオ旅行記〜 「 第二章(1) パラオ到着! 2013年8月25日(日)」

2013年9月7日(土) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「  第一章(2) フライト」 

2013年8月31日(土) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「 第一章(1) 出発!2013年8月24日(土)」

2013年8月10日(土) みけねこパラオ隊 〜パラオ旅行記〜 「  序章 みけねこパラオ隊結成!」


以前の不定期日記へ(2010年7月31日〜2013年2月24日)