パルのおうち

その1 間取設計大作戦

 この労作をご覧いただきたい。実労数時間,2週間がかりの作品である。縮小して,データ量をおとしたので,少し見づらいのはご容赦願いたい。家具などの配置は,だんだん変わるかも知れ ない。
 こだわった箇所は,1階に和室が二つ欲しかったこと。イザと言う時,フスマをブチ抜いて宴会場が出来る。最初のプランでは,階段が和室側についており,奥の和室に入るためには,手前和室から行くしかなかった。そこで,45万 !もプラスして階段を反対側にすることにした。( メケメケハウスって,チョッピリプランから外れると,えらく金がかかるのだ。)ついでに,階段も曲げて横から登るようにした。2階真中手前の×点印は,吹き抜けである。考えてみれば,ムダなスペースであり,小さな書斎が作れたのだろうが,エイ!やむを得ん。ムダはゆとりにつながるモノであり,ゆとりは人間の幅を大きくするのだ(とでも,言っておこっと)。

zumen.gif (33397 バイト)

 


その2 情報化住宅もどき

 情報化住宅が大流行(おおはやり)である。それ,各部屋にLANだわ,WANだわ,衛星通信だわ,メインフレームを設置して,光ファイバー網で高速デジタル通信だわ,ネコもシャクシも大騒ぎである。
 そこで,ボクも流行に乗り遅れてはイカンと思い,次により高度情報化住宅を設計することにした。これは,インテリジェントホームと名を冠するにふさわしいまさに先進の高度通信技術住宅である!

インテリジェントホーム設計書(社外秘)

wpe1.jpg (21104 バイト)

 むむ。なにやら,「どこがインテリジェントだ。ウソこくでねぇ。」という声が聞こえてきそうだ。
 そう,本当は,2F書斎にISDN引いて,インターネットやりたかっただけ。家庭内LANなんて,アナタ,贅沢ですよ。電話親機は,諸事情により1Fリビングに置きたかった。フツーは,1FにDSUを置いて,2FにTAをもってくるだろう。しかし,古い古いDSU内蔵TAを買い換えるに忍びなかった(サイフの中身が)。それに,将来,子供でも万一出来たら,2F書斎は,あわれ子供部屋と化し,一家の長は,寝室にパソコンを移動しなければならない。そうすると,配線がゴニョゴニョと床や天井を這い回ることになる。聞いてみると,引込口ひとつ8,000円だってので,一応こういう形にしてしまった。将来は,1FリビングにISDNを引き直し,そこからワイアレスTAで無線を寝室まで飛ばすつもりである。その頃にゃ,安くて高性能のワイアレスTAなり,ワイアレスルータなりが買えるハズだ。

 ・・・と思ったのは,もう何年も前のこと。
 かくの如く,超高度情報化住宅を手に入れたみけねこであったが...それから何年も何年も経ち。今となっては,糸電話に等しいシロモノとなってしまったのである。かくして,次なるステップは,こちらとなった→『ADSL導入記!


その3 コストパフォーマンス万が一計画

 「パルのおうち」本編でも書いたが,マイホームのローンを払っていかねばならない貧しい家計において,まっさきに見直すのは保険である。これは,「ローンを毎月払わなくちゃいけないから,少し整理しましょ。」という一面と,「一家の大黒柱に万一のことがあったら,大変だわ。コッテリ増やさなくちゃ。」との相反する考え方がある。さて,どちらを取るかは皆さんの自由だが, 保険内容を精査する必要は十分にあるだろう。

 さて,僕達の場合は,僕は前者の考えで,妻は後者の考えであり,なかなか意見が合わなかった。そこで彼女は,お気に入りのナンデモ生命を呼び,プランを立てさせた。僕は,独身時代,ペケペケ生命とポックリ年金とガーン保険の3つに入っていた。彼女は,「ナンデモ生命がメチャクチャ有利よ!」と主張するのだが,口でイロイロ議論してもラチがあかないと思って作ったのが,次の表である。

 

月 払

死 亡 時

入 院(1日)

年      金

通 常

ガ ン

通 常

ガ ン

年 数

月金額

受取総額

ペケペケ生命

8,321

20,000,000

20,000,000

ポックリ年金

3,634

100,000

100,000

5,000

5,000

20

81,000

19,440,000

ガーン保険

890

1,500,000

15,000

現   在   計

12,845

20,100,000

21,600,000

5,000

20,000

 

ナンデモ生命

18,352

13,000,000

13,000,000

5,000

10,000

65歳まで

100,000

24,000,000

 どうだろう?月払は,従来の方が断じて安い。死亡・入院時も従来の方が有利だ。特にガンで入院すると,信じられない程金がかかるから,多い方がいい。年金に関しては,難しいところだが,ナンデモ生命は,65歳までしか年金が出ないので,早いトコ死なないとモウケにならない(上記表は,仮に45歳〜65歳まで20年もらった場合の金額である。)。計算したら,49歳前で死ねばナンデモ生命が有利と出たが,ナントカ50歳くらいまでは生きている予定だ。

 この表を作って見せたら,彼女もさすがにグウの音も出なかった。やっぱりこういうものは,数字で比べないとダメだね。我ながら,偶然とは言え, 賢い保険の入り方をしていたものだと正直ビックリしちゃってたりして。モチロン結論は,従来のまま継続することとなった。


その4 昔にさかのぼって・・・「パルのアパート」編

 引越まで後1週間。アパート暮らしも間もなく終わりだ──。(本章は,1999年7月3日の不定期日記を引っ張ってきた。)

 このアパートを探すのもずいぶんと苦労して歩き回ったものである。不動産屋4軒,歩き回ったアパート11軒。決定まで3週間の日数がかかった。住むところだから,そのくらいの労力を投入する価値はあるとの信念のもとに。さて,ハードディスクを掃除していたら,当時(平成9年9月頃)作ったラブラブ新居検討表が見つかったので,おもしろいから載せてみることにした。結局のところ,金額的に高めである現アパートとユーカリヒルズ2が接戦のあげく,鼻の差で現アパートが勝利したのであった。
 おかげで,すっかりアパート評論家になってしまった。アパートに関しちゃちょっとうるさいゼ。当時,インターネットをやっていたら,「
パルのおうち」より役に立つ「パルのアパート」を作っていただろうね。

現アパート

ユーカリヒルズ゙2

ストロベリーハイツ

フリーダムa

コーポ゚金沢

イーストビレッジC

小室ハイム

ファミリーガーデン

ペアタウン平須

ドミールエージェント

フリーダムb

賃借料

75,000

70,000

67,000

70,000

80,000

72,000

70,000

73,000

75,000

74,000

69,000

共益費

2,000

2,000

2,000

3,000

0

0

0

3,000

0

2,000

3,000

駐車料

3,000

6,000

3,000

6,000

0

3,300

3,000

6,000

3,000

3,000

6,000

月 計

80,000

78,000

72,000

79,000

80,000

75,300

73,000

82,000

78,000

79,000

78,000

2年計

1,920,000

1,872,000

1,728,000

1,896,000

1,920,000

1,807,200

1,752,000

1,968,000

1,872,000

1,896,000

1,872,000

月順番

9

4

1

7

9

3

2

11

4

7

4

敷 金

225,000

140,000

134,000

140,000

160,000

144,000

210,000

146,000

150,000

148,000

138,000

礼 金

0

140,000

67,000

0

80,000

0

0

0

75,000

74,000

0

手数料

75,000

73,000

67,000

73,000

80,000

72,000

70,000

70,000

75,000

74,000

69,000

一時金計

380,000

431,000

340,000

292,000

400,000

291,300

353,000

298,000

378,000

375,000

285,000

2年総計

1,995,000

2,085,000

1,862,000

1,969,000

2,080,000

1,879,200

1,822,000

2,038,000

2,022,000

2,044,000

1,941,000

順 番

6

11

2

5

10

3

1

8

7

9

4

金高し

金高し

安し

金普通

高い

ウルトラ安

安し

高し

普通

高い

安め

作り

木造

木造

木造

鉄骨

木造

マンション

マンション

マンション

軽量鉄骨

軽量鉄骨

重量鉄骨

間取り

GOOD

2LDKでは

2LDKでは

良い

間取り良し

ベランダ良

GOOD

階段か

階段か

平坦

築年

新築

新築

平成4

平成6

昭和58年

平成4

平成4

備品

BS

BS

BS

エアコン

エアコン

エアコン

エアコン

エアコン

エアコン

給湯

給湯

給湯

給湯

給湯

給湯

給湯

給湯

シャワー

シャワー

シャワー

シャワー

シャワー

シャワー

シャワー

シャワー

シャワー

シャワー

ウォシュレット

場所

最良

道路近し

場所良

総合

くさい

ダメ

ない

優良物件

優良物件

良物件

良物件

良物件

コメント

所詮2LDK

大家が隣

臭う

暗い

見てのこと

古すぎ

ベランダ

高め

平板

×

×

×

最高金額と最低金額の差:

-200,800

平均金額:

1,974,400


その5 大家無責任時代

 アパートからマイホームに引越する時,いささかショックなことがあった。3ヶ月分も支払わされた敷金が戻らなかったのだ。その経緯を「不定期日記」に書いたので,他山の石とすべくご覧ください。

1999年6月12日(土)「不定期日記」より  「大家無責任時代」

 アパートの明け渡しについて契約書を見たら1ヶ月前に通告することとなっていたので,早速大家のところに話をしに出かけた。まあ,7月第2週の11日(日)あたりがちょうど1ヶ月先だし,よかろう・・・
 これには,少々前振りがある。月々の家賃を,リカリカコーポという不動産屋にずっと納めていたのだが,1年程前,突然大家がやってきて,ぶっちょう面で「リカリカコーポからお金がこないのよ。今もめてんの。今度から私のところに直接納めてちょうだい。」と言うので,素直にそう変更した。契約書を見ると,甲が大家の名前で,乙がボク。判子の部分は,甲が「(代理)リカリカコーポ」と書いてあった。
 久しぶりに見る大家は,ますます年期の入ったぶっちょう面であった。店子(ボク)がペコペコするのは兎も角として,少しは顔の筋をゆるめてもソンはあるまい。早速,「カクカクシカジカで,来月解約します。」と話したところ,「リカリカコーポからお宅の敷金をもらってないのよ。そっちで,リカリカコーポと話してちょうだい。弁護士さんは,私が払う必要ないと言ってのよ。今まで出てった人だって,一銭も払ってないのよ。」とブスーと根性悪そげに言うので,あまりの無責任ぶりに仰天してしまった。
 「大家さんが,リカリカコーポを仲介に頼んだのだから,連絡するにしても大家さんがすべきではないのですか。契約相手方は大家さんで,リカリカコーポは代理と書いてある。」と正論を吐いたところ,「ところで,隣の子供うっさくない?苦情がすごいのよ。遊んでて車キズつけられたとか。」と関係ない悪たれ口をたたいたのみであった。なんで,ここで,話に関係ない他人の悪口を言いふらしているんだ?考えられん・・・
 アパートに戻ったら,早速,陰気な大家から電話がかかってきた。「リカリカコーポに今連絡したから,そちらから直接電話してちょうだい。」
 さっきの人の話を聞いたのかと,あきれつつも,ま,やむを得ず。小人は御しがたいものだ。兎に角,話が進まないからリカリカコーポに電話してみたところ,「実は破産することとなりました。本来であれば,ウチと大家さんの間の問題で,お客様にはまったく関係ない話なのですが,こういう事情でございまして,申し訳ございません。」とのこと。企業の倒産を一担当者に責めても気の毒だ。それにしても,企業の一員であろうと,この態度は,根性ワルの大家に比べれば,人としてよっぽど情があるってモンである。
 折り返し,大家にカクカクシカジカと電話したところ,最初,またまた,ウチはただの仲介をやっただけでリカリカコーポが全て悪いなどと言い出すので,「アパートの持ち主は大家さんじゃなかったんですか。仲介がリカリカコーポでしょう。」と言ったら,黙りこんだあげく,結局,「ウチは払うつもりはないわよ。」の一言。消費者生活センターにまず相談してみると脅かしたが,「そうしてちょうだい。弁護士は払わなくてもいいと言っただから。(もっとアタシの面にしょんべんひっかけてよ。ゲロゲロゲロ)」との回答であった。リカリカコーポの担当者の爪のアカでも飲ませたいものである。金は出さなくても,せめて,迷惑をかけてゴメンなさいくらい言ったらどうだ。大家として。或いは人として。敷金3ヶ月分,二十ウン万がよっぽど惜しいらしい。ボクが大家なら払うがね。やはり自分の責任だと思うだろうよ。そこまでズーズーしくはなれん。
 まさしく,世の中には,厚顔無恥。恐るべきババーが存在するものである。その無責任ぶりには,植木等もはだしで逃げ出すであろう。なお,最初は,感謝を込めて部屋をピカピカに磨いて出ていくつもりだったが,コンリンザイ掃除なんかするものか。せめてね。
 気に入って,大事に住んでいたアパートだったが,これで印象が悪くなった。アパート自体には責任はないと言うのに。

1999年6月30日(水)「不定期日記」より  「大家無責任時代part2」

 しかし,恥を知らない大家のババー(こう言われてもも仕方あるまい)にはウンザリだ。ヤダネー。
 先週,大家に(いやいや)電話して,11日分の日割計算の家賃を聞いた。計算して連絡するといっていたが,家賃納入日の迫る今日までナシのつぶてであったので,またまた電話したのだ。すると,例のぶっきらぼうの口調で「計算しといたんだけど,紙をなくしちゃったのよ。」などど言うので,いささか腹が立った。実は,故あって,弁護士さんに敷金の件を参考までに聞く機会があって,その結果は,「契約書の頭の甲として大家の名前が入っているからには,判子欄に(代理)リカリカコーポと判子を押してあっても,当然にリカリカコーポは代理に過ぎず,大家が敷金を返済するのは当然だ。」とのことであったであった。明確な回答だよね。
 せめて,大家が「連絡が遅れちゃってごめんなさい。」など形だけでも常識的なことを言えば,別にこのことを口に出さなかっただろうが,相変わらずの根性悪の口調(お分かりだろうか。スーパーのレジで店員にモンクつけているオバサンの口調を思い起こしてもらいたい。ちょうどアレだ。)にムカムカしたため,このことを教えてやったわけである。もちろん,「こんなはした金(と言っても20万)で,ジタバタするのはみっともないので,あげますよ。」という言葉も忘れずにだ。すると,「アタシの名前は,貸主○○○○とは入ってるけど,甲とはなってないわよ。」と来たので,「貸主○○○○(以下甲という)・・・」という契約書を読み上げたらだまってしまった。
 世の中は,自分の都合のいいようにしか物事をとらえず,都合が悪くなると,だまってしまい,心の中で,「私が正しいのよ。絶対頭なんか下げるものですか。だって,私が正しいんだもの。」と呪文を繰り返す人種がいる。こんな人種をへこましたって,キブンが悪くなるだけ。20万という金額も,このような見下げた人種とゴニョゴニョやって,自らの品位を落とすと思えば,ポイと捨ててしまった方がよっぽどマシというものである。このような文を書くと,ボクがさぞ冷たく,厳しい性格のように思われるかもしれないが,そんなことはない(ハズ)。ああいうタイプの人種とは合わないと言うか,どうにもガマンできません。表現するなれば,動物の死骸にたかったウジをみたような感じである。おぞましい。何か,手を洗いたいキブン。歯も磨かなくちゃ。

 やはり,あの愛想のいい大家から連絡がない。電話すると言って,来ないのは,これで2度目だ。おそらく申し訳なくて電話出来ないのだろう。本来返すべき敷金を返さなくて良いなどど言われて,有頂天になって忘れてしまったのかも知れぬ。明日でもこっちで11日分だけ振り込むことにするか。わざわざコチラから電話して,感謝の気持ちをくどくど言われるのも,めんどくさいというものだ。ああいうタイプは責任感が弱い分,被害者意識だけは妙に強いから,今頃,自分のことは棚に上げて,何やらうらんでいるのだろう。それにしても,どうも自分が信じられない程のお人好しのような気がしてきた。(人に話すとやはりそう言われるから間違いあるまい。)

1999年7月7日(水)「不定期日記」より  「大家無責任時代part3」

 近くの養老の滝に彼女と歩いて飲みに行った。フナフナフナ〜。今までずいぶん節約してそんなことしていなかったから。でも,まもなく引越で,もう行けなくなるし,お疲れさん会を兼ねてである。ハイ!お疲れさまー。
 このアパートとのお別れも刻一刻と近づいてくる。さみしいなぁ。結婚してここに住んで1年9ヶ月。とてもいいところだった。大家の件がなければ,このアパートの思い出は宝石であったろうに。あれで画龍点睛を欠いてしまった。
 そういえば,今日,先に帰宅した彼女を大家が呼び止めて,「11日分の日割計算をしたから振り込んでちょうだい。」と言ったとのこと。敷金20万をポケットに入れて,よくぞいまさら言えた。ここまでくると,感心である。家賃は,とっくに振り込んであるわい。こっちは,やるべき義務はキチンと果たしている。それにしても,1ヶ月分の家賃を31で割って,11を掛けるのに,合計2週間もかかるのかね。まあ,大家無責任時代シリーズもこのへんで終えることとしよう。これ以上書いたところで,せんなきことだ。
 あまりこんなこと書いていると,虚無的になってしまう。冥府魔道を行く者。ヒトヒトピッチャン(分かるう?)だ。パァッーと楽しくいきますか。パァーッと。「行くぞ。大五郎!」「ちゃん!」


その6 謎のミセス通信

1999年10月16日(土)

 さて,なんでも欲しがるみけねこは,いつでもいいものを探してるので,広告をせっせとあさっていたら,やはりありました。メケメケハウスの広告が。メケメケハウスの広告は,最近外構工事込みでこのお値段(ムッカー!なんでボクの時にやらないの)が売りであるが,パターンがコロコロ変わるのだ。先週は,マンガ形式で,襤褸矢建世氏とその妻,目家子さん家族が,メケメケハウス営業マンの妄毛類蔵氏から,外構工事費込みだという説明を受けて,ビックラたまげているところで終わる内容だった。今週はその続きを期待したいたのだが,期待を裏切るのがメケメケハウス。今日は「ミセス通信vol.1」で,埼玉県の主婦(31才)が「わたしの目で見て,触れて確かめたメケメケハウスの素敵な特徴」について投稿している欄があった。外構工事込みは先週から始まったのに,なんで目で見て触れて確かめられたのか,ちょっぴりヘンとは思ったものの,家庭の主婦が激賞していることはよく分かった。それにしても,その主婦の人は,まるでモデルのようにキレイで,とても感心してしまった。また,ミセス対談では,36才主婦のミセスがメケメケハウス一級建築士と対談して,2000年ライフ先取りの豪華住宅の秘密を聞き出していたが,こちらの方もお若くて,一部の隙もない着こなしにまたまた感心させられてしまった。ウーン!メケメケって,こんなに主婦に評判よかったのか・・・

1999年11月20日(土)

 今日は2週にいっぺんのメケメケハウス「ミセス通信」の折込広告の日。日記のネタを考えなくてすむから,とても助かるのだ。
 どれどれ・・・ミセスが選ぶ思いやり住宅か...今度はシリーズ名がメケメケインフィニートになっているじゃないか。ついこの間のメケメケクロノスはどうなったのじゃ?なんかメケメケって,毎回名前が変わってるような気がする。きっと次回は,メケメケワレールとか,メケメケクズレールだよ。ボクのカンでは。とても残念なことに,今回はミセス対談はお休みのようである。そのかわり,今までの対談者の主婦がお二人も,モデルに鞍替えしたらしく,写真でポーズを決めている。モウ・・・メケメケったら。これじゃ,すぐ今までのミセス対談がヤラセだって分かっちゃうじゃん。ダメねェ。今度の目ダマは,国産ヒノキ柱らしい。毎回,よく考えるよね。そういえば,みけねこが建てた時のメケメケウィズは,メダマが70万円分の家具だっけ。そんなボロ家具イランと言って,50万円引かせたんだ。そしたら食器洗い器も(ナゼカ)家具のうちに入ってたもんで,なくなっちゃったんだ。ああっ。今から思えば食洗器が欲しいなァ。アレさえあれば,お片づけラクなのに。

1999年11月27日(土)

 今週は,メケメケハウスの広告が入る週じゃないと思っていて,ノンビリしてたら,あれ〜?入って来ました。最近,メケメケハウス広告評論家となったみけねことしては,ちと述べねばなるまい。ミセス通信じゃなくなっちゃったのです。ケシカラン!あーん。ボクは,ミセス通信が大好きだったのに。これじゃ,ただのメケメケハウスの広告じゃないか。オレサマが見たいのはミセス通信なんだよ〜。栃木県小山市の地獄見蔵一家や,茨城県結城市の後悔巣瑠代一家や,埼玉県所沢市の嘘月目家雄一家の写真なんてつまらない。だいたい,同じ公園らしき背景に,決まって,男の子と女の子の家族構成なんて,(まっ。タマタマだろうが)つまんなーい。日本全国のミセスの代表として,みけねこは,ミセス通信の復活を強くメケメケに要望すーる。


その7 恐怖のハニワ会の巻

1999年10月19日(火)

 今日は,恐るべき話をしようと思う。どうですか,みんなもう背中がヒンヤリしてきたでしょう?えっ。まだ?
 ボクは我が家の近所の状況について,これまでまったく無関心であったが,こうして,一家を構えるとなるとそうもいくまい。そこで,親父に聞いてみることにしたのである。実際,聞くまでは,このマイホームのある場所は,人も多く,アパートもボコボコ出来るし,なかなかの都会だと思っていたが,トンだ間違いであることがよーく分かっのだった。
 そもそもみけねこ家は,祖父母の時代に,この土地にやって来たのだが,もちろん新参者扱いであった。その頃,組合(説明しよう。組合とは,これに入っていないと冠婚葬祭の手伝いはもちろん,回覧板も回ってこないで村八分の目にあうという恐ろしい秘密結社なのだ)は,農家を中心とした「ハニワ会」という組合がハバをきかせていた。ハニワ会は,土日ともなると,タンボのあぜ道の草取りや,水路のヘドロ掃除など,義務が極めて多く,農家ならいいのだが,サラリーマン家庭には,メリットがまったくなく,つらいばかりであった。しかも,旧態依然としたハニワ会は,建前の時など,大きなザルを持って,モチをゴッソリもらいにいくなど,迷信めいたコトをやっているのである。そこで,親父達は,他のサラリーマン家庭何軒かと話し合って,新たに「ヤヨイ会」を創ったのである。科学の時代に創られた先進のミヨシ会は,タンボの草刈りなどムダなことはせず,葬式と回覧板回しくらいしか義務はないのだ。しかし,おもしろくないのがハニワ会であった。草刈りもしない新参のミヨシ会が憎くないハズはない。ミヨシ会も,いばっているハニワ会を憎んでいる。そのため,ハニワ会の構成員とミヨシ会の構成員が,道をすれちがうと,表面的にはニコヤカに挨拶はするが,目はするどく光り,奥歯を噛みしめる。そして,ヤヨイ会の人の庭に,犬がウンコでもしていようものなら,「ハニワ会のやつが,イヤミにウンコしていきやがった!」とわめきちらすのである。
 また,ミヨシ会も決して一枚板ではない。2つの派閥があり,新しく入った奥さんはどちらの派閥の党首(オバサン)につかなければならないのだ。中道は認められない。派閥の勢力関係は極めて微妙かつ精密なバランスで成り立っており,自自公なんてメじゃないくらいらしい。
 どうですか。背筋がゾっとしたでしょう?今夜は一人でトイレに行けないハズです。そして,知ってしまったボクも・・・あの恐ろしいハニワ会が襲ってくるのではないかと・・・夜も眠れないのです・・・

1999年10月20日(水)

 ぱんぱかぱーん!
 「親分!てーへんだ。てーへんだ」「どうした。ハチ。そんなにあわてて。コロシでもあったのか」「コロシどころじゃねえんで。親分。あのパルパルのお気に入りってつまらねェページが,1万アクセスいっちまったんで」「なんだと?あのクソつまらねえページがか!こうしゃいられねぇ。ハチ!行くぞ」「行くって,どこに行くんで」「バカ!あのみけねこってやつをしょっぴいて,こっぴどく叩いてやるのよ。絶対カウンターを操作しやがったのに違えねぇ。ドロを吐かせてやる」「がってんだ!親分」
 読者の皆様。ありがとうございました。パルパルも1年を待たないで,360日で1万アクセスを数えました。ククククク・・・オロ〜ン!なんとお礼を申し上げたら・・・。本当に本当にありがとうございました。今後とも,パルパルを見捨てないで,末永く宜しくお願い申し上げます。今日はコーラでお祝いです!

 ドラマなどにもあるように,知らなければ何事もなく幸せに暮らしていられたものが,知ってしまった途端,恐るべき怪異が次から次へとあなたを襲うものである。例えば,あなたの愛する夫や妻が,前妻(前夫)を保険金目当てに毒殺したのではないかと,あなたが疑いだした瞬間から,ガーデニング中に,2階から植木鉢が落ちてきたり,ベッドの中に毒グモを見つけたり,さまざまな恐ろしい出来事があなたの回りに発生するのである!
 昨夜,グーグー熟睡していた丑三つ時,時間をおきながら,無言電話が6回もかかってきたのだ。おかげで,ボクは寝不足気味なのだが,最後の電話の受話器の向こうのつぶやきから判断するに,犯人は結構年のいったオバサンのようだ。
 今日,いたずら電話対策についてチョット調べてみた。迷惑電話撃退サービスという便利なものがあり,これは,いたずら電話を切った直後,1442をダイヤルすると,その電話番号からのコールには応じなくなる機能で,そのサービスを中止する場合は1449をダイヤルすると解除されるものだ。さすが天下のNTT!信頼性のみならず,顧客サービスも万全だと感心しようかと思ったが,これはNTTに月200円で申し込む必要があった。さすが天下の寡占企業NTTである。金モウケのあらゆるチャンスを逃さない。NTTに無料サービスなど望むのは,ちょっと冷静に考えれば無駄な望みであった。まあ,結局,最終的な解決手段としては,事件化による防御策しかなさそうである。
 それにしても・・・昨日書いたことが現実となるとは。ハニワ会のドチクショーどもめ。これは,絶対ハニワ会によるヤヨイ会潰しに違いない!よーし。今夜の丑三つ時に,ハニワ会のやつらの庭にウンコしてやる。ヌッフッフ・・・
 そして,ボクは新たな恐怖に直面する。なんと来年は我が家がヤヨイ会の組長の番らしいのだ。フナフナフナ〜

1999年10月21日(木)

 かの恐怖のハニワ会(に違いない)の無言電話攻撃は,昨夜はなかった。おそらく,昨晩の当番に当たるハニワ会無言電話係のオバサンが,昼間の家事で疲れてしまい,うっかり寝てしまったのだろう。フー。寝ながら心配してたら,今朝チョット寝坊するところでした。アブナイ,アブナイ。しかし,これで安心するのはまだ早いのです。あの呪われたハニワ会は,より恐ろしい陰謀をたくらんでいるに違いありません。ミヨシ会次期組長であるボクは,これからもハニワ会の影に怯えながら生きていかなければならないのです。今,二階の窓から下の道を見下ろすと,黒っぽい人影が二つ,ボクのウチをチラチラ見ながらなにかしゃべっているようです。ま・・・まさか・・・ハニワ会の魔の手が!・・・と,よーく見たら,な〜んだ。隣りのオジサンか。また,近所の人をつかまえて,マゴの自慢でもしているのかな?

1999年10月29日(金)

 今日のみけねこ法律相談は,扶養義務について取り上げることにしよう。扶養義務には,「生活扶助義務」と「生活保持義務」とがある。生活扶助義務は,余裕のある者が相手の最低限度の生活を保障するもので,親→成人の子,子→親がこれにあたる。生活保持義務は,自分が餓死しそうでも相手に半分ゴハンを分けなければならないキビシイもので,親→未成年の子や夫婦間がこれにあたるのだ。
 マイホームネタでもう一つ。ご近所で,とても感じのいい夫婦がいる。その人は,パルのおうちより1年くらい前に新築したのだ。ちょっと前,ニコニコ立ち話をしていたところ,住宅メーカーの話になった。すると,その穏やかで紳士的な顔が一転ドス黒く染まり,目が(怪物くんのフランケンのように)逆三角形になり,口からツバを飛ばしながら悪魔のようにわめきだした。「ウチは,○○ハウス(一流です)で建てたんだけど,同じプランで建てた知人に聞いたら,ウチより100万も多く値引いたらしいんですよ。もうギリギリだなんて抜かしおって!チ〜キ〜シ〜ョ〜」ギリギリギリ!(歯がみする音)ドシドシドシ!(地団駄踏む音)と,カンカンであった。ボクは,相手がウワテだっただけで,しょうがないじゃんと思ったのだが,その人はいつまでもドシドシ地団駄踏んでいた(考えてみると,その一家はあの恐ろしいハニワ会の構成員なんだよな)。職場の話を聞いても,インターネットを見ても,結構住宅メーカーを恨んでいる人って多いみたい。なんでだろう?ボクなんて,メケメケハウス大好きなのに。

2000年5月2日(火) ヤヨイ会デビュー1

 我が家に帰ると・・・どこかいつもと雰囲気が違う。煌々と明かりがついているのだ。おそるおそる入ってみると,和室1・2のしきりを取り払って,十数人の人々が集まっていた。何事なのか!親父が座長を務めて,何かしゃべっているようだ。その重々しく集まった人々をよくみると,ヤヨイ会の面々ではないか!ヤヨイ会とは,我らが栄光ある組合であり,地区十四軒で構成される結社なのである。今年は,親父が名誉あるヤヨイ会組長を仰せつかっていたのだ。話の内容をしばらく聞いているうちに,ボクのボンヤリしている頭にもようやく内容が飲み込めてきた。やよい会の一人が亡くなったのである。やよい会には具合の悪い人はいつだって何人かはいたのだが,平成4年以来8年ぶりの葬式となる。これは大事件だ!組長である親父は,役場に行ったり斎場に行ったりお寺に行ったり,朝ゴハンしか食べられないくらい大変だったらしい。明日通夜,明後日告別式の長短場。ボクたちもロクにご近所の顔なんて知らなかったのだが,いつまでも,そんな子供キブンでいるわけにもいくまい。いよいよ,やよい会次期後継者として,デビューと相成ったのである。それにしても,今回葬式メンバーでは,ボクたちが一番若いのです。まだ,やよい会の世代交代は始まっていないのであった。次号「通夜編」を待て。

2000年5月3日(水) ヤヨイ会デビュー2

10:00 当家へ出発 男衆は応接間に通され,タバコをプカプカしながら無駄話。女衆は当家親戚のお昼の準備にセッセと働く。
11:00 お昼の準備が出来たので,男衆は,ムシャムシャ食べる。女衆は湯茶の接待。食べ終わると,男衆は庭でタバコをプカプカ。女衆は片づけ。
12:00 お坊さん来て読経。男衆は,坊さんの頭をボンヤリ眺める。女衆はお坊さんのお茶接待。
14:00 マイクロバスで斎場へ。女衆は当家親族のお茶の接待。男衆は,タバコをプカプカしつつ雑談。その後,女衆は食事の準備。
16:00 女衆は当家親族の食事接待。男衆はゴハンをパクツク。その後,女衆は後片づけ。
18:00 お通夜開始。ようやく男衆は帳場で少し働く。
19:00 マイクロバスで帰宅。男衆は「働きすぎて疲れた」と言って,タバコをふかす。
 女性って,タイヘンだよね。男って,何の役にも立たない。タバコをプカプカするのが仕事みたいだ。通夜とか葬式とか家でやっていた時代は,それなりに力仕事があったらしいが,今は全然ないのだ。彼女は本当にお疲れさまでした。

2000年5月4日(木) ヤヨイ会デビュー3

 今朝,ピンポ〜ンとチャイムが鳴り,近所のオバサンがやってきた。親切にもカッポウギを持ってきてくれたのだ。実は,昨日。彼女はエプロン姿で手伝いをした。しかし,やよい会会則第105条の2に「手伝いの女衆は,白いカッポウギを着用すること」とは・・・書いていないが,昔から白のカッポウギと決まっているらしい。ご近所のオバサン達から見れば,エプロン姿は,真っ裸でいるよりハズかしい姿なのかも知れない(少なくとも,マッパダカは,生まれたままの姿で純真なかっこだからね)。それで,彼女は,今日,生まれて初めてカッポウギなるものを着たのであった。わーい!(なんかオコラレソウな文です)
10:00 車にて斎場へ出発。斎場につくと,男衆は,タバコ。女衆は食事の準備。
11:00 男衆は,うまそうに食事をパクツク。女衆は接待。
12:00 ようやく男衆の一部(みけねこのコト)は帳場開始。他の男衆は,さらにタバコをふかす。
13:00 告別式開始。女衆は食事会場の後片づけ。
14:00 女衆を中心に全体片づけ。車にて帰宅。
15:00 吉払い
 フィフィフィ〜。オシマイおしまい。帳場も2日間やったけど,いや〜良かった。サックリ合ったし。しかし,いい経験をした。それにしても,ヤヨイ会って,みけねこと同年代がいないってコトが分かりました。みけねこが最低年齢者なのですが,その下の世代がやよい会に登場してくるまで,エライ時間がかかりそうです。男衆の話題っていっても,長島の選手時代のコトとか,西鉄ライオンズがどーしたとかばっかり・・・。それに,みけねこが小さい頃,トコトコ海の方に歩いていって,近所中で探したなんて古い話を二回もされて往生しましたヨ。ふぅぅ〜。ボクだってロクに覚えてないのにぃ。


その8 確定申告の巻

2000年1月28日(金) 確定申告の巻[Vol.0001]

 1週間やっと終わった!重労働(ホントは軽労働)だったのう。金曜日は,ボクの一番ウレシイ日なのだ。しかも,月曜日は,西暦2000年問題で正月出勤をした代休である。ウハー。ラッキー
 そろそろ確定申告の時期である。なんてったって,マイホーム建てたから,住宅所得控除と贈与税控除をやらなくちゃならないのだ。ボクみたいなサラリーマンで,かつ低額所得者は,確定申告なんてしなくてよかったのだが,いよいよ初めての確定申告である。オオーッ。お金持ちになったキブン。ご近所の奥さんに道で出会ったら・・・「あら?みけねこさん。どちらへお出かけですか」「いや・・・なに・・チョット確定申告に税務署に行こうと思いましてな。収入がいいのも考えもんでして。なにせ,毎年の確定申告が大変ですから。ワッハッハ!お宅みたいに確定申告と縁がないとラクですなァ。ガハハハハー」とか言うのだ。(もちろん,その後みけねこは村八分となる)ホント言うと,ドキドキなのです。なにせ初めてだし。でも,これで,久しぶりに「パルのおうち」の更新が出きそうである。明日あたり,チョット申請書を書いてみるつもりなのだ。

2000年1月30日(日) 確定申告の巻[Vol.0002]

 確定申告書いていたら遅くなっちゃった。テレホタイムが刻一刻と近づいている。ウウーっ。実際,あれは書き方の説明書がエラク難しいですな。でも,意味は分からなくても書くのは思ったよりは簡単だった。但し,必要添付書類がメチャクチャ多い。過去5年間に自分の住宅を持っていない証明に,アパートの家賃の領収書が必要だとか,生まれた時のへその緒とか,イロイロ添付しなきゃならない。あーたいへーん。
 住民票とか戸籍謄本とか登記簿謄本とかは,それぞれ複数必要なんだもん。住宅ローンと贈与税があるから二重なのだ。お役所って,悪いクセがあって,なんでもかんでもそんなのを欲しがるのだ。住所が知りたければ,免許証を拝見!でいいと思うんだけど。なぜ,そんなに馬に食わせるほと紙ペラをつけなけきゃなんないんだろう。ホントに必要なのかなァ。しかも,住民票は役場に行って,登記簿は法務局に行かなくちゃならない。フー。ヤメテチョー。そんなワケで,明日はアチコチ回って来なくちゃ。

2000年1月31日(月) 確定申告の巻[Vol.0003]

 今日は,確定申告で1日が終わってしまった。まず,公民館(我が家より1キロ先)に行って,住民票と戸籍謄本と付票の写しを買った。次に税務署だ。我が田舎市を所管している税務署は,なぜか遙か彼方の2つ先の市にあるのだ。ホンの3キロしか離れてない隣りの市にある税務署は何故か所管外なのである。やむなく20キロを北にひた走る。
 税務署は,まだ1月だというのに,結構混んでいた。ミンクとか黒テンのエリマキやコートを身につけたオジサンやオバサンたちが,ダイヤの指輪だらけの手をヒラヒラさせながら,「オレは,100憶の所得があったゾー」とか「200憶ばかり納めに来たザマース」と言って大騒ぎしている。コジキのような格好をしてポカーンと口を開けていたボクに同情してか,受付の人が近づいてきた。「キミキミ。勝手口の方へ生き賜え。残飯か何かあったハズだ」
 まず,贈与税関係の方からとなって,そこで昨日せっせと書いた書類を見てもらった。すると・・・過去5年間に自分の所有(そんなの持っているハズないじゃん)している住宅に住んだことがない証明用に,ボクはアパートの家賃の振り込み票を持っていったのだが,そのアパートには,結婚してから2年間しか住んだことがなく,その前の3年間は親の家にいたため,親の家の登記簿謄本が必要だと言われた。後でまとめて郵送してかまわないことである。フー。やっぱ,そこまで必要か。キビシイ・・・。次に,住宅ローンの控除の方の係へ行くと,コチラは,スカッと書類を受け取ってくれた。ヤッフー!
 泣く泣く,再度,我が家まで20キロの道のりを戻り,今度は東の方角10キロの法務局支局へ向かう。法務局も,ホンの3キロ離れた隣りの市の税務署と並んだトコにあるんだけど,我が家の地区の担当は,遠い方の支局じゃなくちゃダメらしい。それにしても,うちのド田舎市って,バカみたいに不便なのである。この調子なら,市役所だって,50キロ離れた違う村に置かしてもらってたって,おかしくないよね。
 法務局で,またまた千円払って登記簿謄本を買って,帰りがてらに封筒を買って帰宅。書類を揃えて郵便局まで出かけ,切手を貼って郵送した。ハァ。やんなった。


その9 ついに!繰り上げ返済の巻

2004年1月26日(月)

 しばらく前のコト...テレビのとある情報番組を見ていたボクタチ。

レポーター  「──と,このシミュレーションの通り,住宅ローンを例えば100万円繰り上げ返済すると,その倍の200万円は得することになるわけです」
みのも○た  「まったく,繰り上げ返済しないヴァカの顔を見たいものですな」
レギュラー陣  「ワハハ!ニャハハハハハハハハ!」

 パルのおうち完成が1999年7月。いつの間にか,もう4年半も経っていた。
 考えてみれば,ボクタチは日々節約に努めている。広告を丹念にみて,卵のパックが78円と77円のがあれば,その1円のために,50キロ離れたスーパーにもいっちゃうくらいだ。しかし待てよ?1円1円ケチってっても,節約額はたかが知れている。対して,繰り上げ返済は100万単位でドーンと違ってくるのだ。クンクンが大きくなってくれば,教育費とかバンバンかかるだろう。出来れば,今のうちにローンを少しでも少なくしておきたいところ。
 二人で相談した結果,今まで二人でせっせと貯め込んだ400万円を,思い切って,繰り上げ返済することとしたのである。その番組のレポーターによれば,住宅ローン減税を考慮にいれて,一番お得な返済時期は,年始めの1月。ぬー急がなくちゃ。

 13日に,彼女がボクタチの住宅金融公庫のローンを取り扱ってる隣町の”毛虫信用協同組合(ケムシン)本店”に電話した。すると,職場に寄ってくれるといういいお返事だったのだが...待てど暮らせど来なかった。あそこは,名前の割にあんまり信用がおけないからなァ。しょうがないので,今日の午後,”ケムシン本店”に電話してから出かけた。貧乏人ご融資コーナーで,ケムシンの融資係と話し合った結果は,次のとおりである。

・住宅金融公庫の場合は,月々の支払額を変えない期間短縮タイプなので,最後に端数が出ないように,400万とちょっとかかる。
・2月20日を繰り上げ返済日(予定)とする。
・それまでに,ケムシンの通帳に400万強を入れておく。
・申込書(本人サインと実印が必要)と残金をシミュレーションしたものとを2月頭を目処に郵送するので,それを書いて後日ケムシンに持ってくること。

 そしてそれから,,みけねこ家の預金が入っている地銀”ジョンイル銀行”へ向かった。フェー混んでる〜。月曜日の昼間だってのにね。ATMだと,1日200万までしか下ろせないので,窓口で手続きだ。月々のローンが引かれている”ケムシン”通帳の中身が,もう大分残り少なくなっていたので,50万円分余裕をみて450万円を入れることにした。
 20分くらい待って,ようやく呼ばれる。「番号札4919番の方〜」「ハーイ」
 「免許証とかお持ちですか」「何に使われるのですか」「将軍様をどうお考えですか」──このご時世のせいか,本人確認が結構厳しいのだ。そして,また10分くらい待たされて,みけねこはブルブルと震える手で450万円を受け取ることが出来た。100万ウォンの束4つ。50万ウォンの束1つ。ぶっぶ厚い!手が切れそうじゃっ!
 ──みけねこは,キョロキョロとあたりを見回した。ジョンイル銀行の待合室の客達の視線は,一斉にみけねこの手元の札束に注目している!チロチロと舌なめずりするやつ。顔を見合わせて何か小声で,ケシカラヌことを打ち合わせている二人組。突然,携帯を取り出してどこかに電話する怪しい男。みけねこは,札束をぐわしっとつかむと,逃げるようにバイクにまたがって次なる目的地”ケムシン”(こちらは,我が家の近くの支店)へ向かった。

 ATMで,100万の紙帯を破って入れる。一度フタが閉まって「もっと入れますか?」と開く。50万を入れた。フタが閉まってまた開いた。100万を入れた。フタが閉まった・・・あれれ!フタが開かずに,「取り扱い中止。窓口へ」と表示が出ちゃった。
 あわてて窓口に行くと,ケムシンのオジサンがめんどくさそうに「ATMは200万までなんだよ」と,鍵を回してみけねこの250万を取り出してくれた。「おろす場合は分かりますが,入れる分には差し支えないでしょうに」と,合理的なことを言うみけねこ。
 窓口で,450万円を預金。ほっとしちゃった。

2004年1月31日(土)

 今朝の折り込み広告中で一番派手派手しいのがメケメケハウスだった。相変わらず激安強調路線だ。いつの間にか九州にまで進出しとるぞ・・・それにしても,未だにホームページもないのは実に珍しいですなぁ。イメージ戦略の重要性をいい加減に認識すべき時期だと思うのだが。

 今日,”ケムシン”から『繰上償還シミュレーション結果』と『念書』が郵便で送られてきた。紙ペラ二枚なのだ。
 400万の繰り上げ返済のつもりであるが,いろいろプラスされちゃって,4,026,071円。こういうコトとなった。公庫の場合,100万円から繰り上げ返済が出来るが,手数料が1回につき3,150円なんです。  

繰上償還元金 経過利息 手数料(消費税込) 合 計
4,008,102 14,819 3,150 4,026,071

 はてさてそれにしても・・・この紙ペラ。しっかし,分かりませんなァ。期間が72ヶ月(6年)短縮されるのは書いてあるけど,肝心の「いくら節約出来るのか?」が分からないのじゃ。残高表示は,元金分しか書いてませんし。ムッカムッカ。みけねこのようなおバカには理解出来ないようにして,繰り上げ返済などしてトクさせない陰謀に違いない。しばらく,紙ペラを穴が開くまで見つめていたみけねこであったが,鉛筆をペロペロなめると,トモエの算盤を取り出し,ついに計算を始めた。

 みけねこの住宅金融公庫借入額(元金)は,ご存じのように(えっ。そんなの知らないって?)14,100,000円である。20年ローンだが,もう5年近く払ってるんだよな〜(それでも,2,700,000円くらいしか元金は減ってませんけど)。それがですね・・・こうこう。どうしても多少は概算とならざるを得ませんが。

 

 4,026,071円(手数料等込)を返済すると,それが5,868,560円分となって,結局,1,842,489円のモーケ。利益率は45.8%──半分近い。
 みのも○たが言っていたほどじゃなかったですけど,やっぱり大きいですね。

 でも,悲しいことがひとつ。
 それは,住宅ローン減税だ。変更後の14年間のローン期間のうち,もう5年払っちゃったので,残りは9年間となる。そして,ローン減税は,残り期間が10年を切った時点で打ち切られちゃうのである。ワーン!ショッキングピンク!みけねこの積算では,あと6年間控除されたハズの合計569,288円がクルクルのパー。それでも,1,273,201円が浮くわけですから,やらざるを得んでしょうナ。単純に考えても,ローンの利率が2%(以上)なのに対し,住宅ローン減税は最高1%ですからね。

 ・・・と思ったら大丈夫!その10年の起算日は,年末調整をしようとする時ではなくて,ローン借り入れの日。であるからして,借りて10年経ってから繰り上げ返済をして,残期間が残り1年となってもOKなのだ。ワーイ!

 さっそく,『繰上償還シミュレーション結果』と『念書』を毛虫の”ケムシン”めに郵便で送り返そうと思ったのだが,彼女が「ケムシン」は,ジョンイル銀行と違って,ケムシと同じくらいしか信頼がおけないと言うので(うん。なるほど),彼女に持って行ってもらうことになった。
 しっかし,『念書』に200円の収入印紙を貼れって書いてありますゾ。あ〜あ。

 *お勧めフリーのローンシミュレーションソフト:ローン返済シミュレーション for Excel

2005年2月1日(火) 繰上返済再び
 
 住宅金融公庫は2006年度で廃止され,独立行政法人に移行することが決定している。その後は,徐々に民間の住宅ローン支援の組織として縮小される小さくなっていく(儲からなくて将来的には完全解散の可能性がある)。
 1950年に設立された公庫は,国民の住宅取得促進を目的として,低利で長期の固定金利を個人に提供してきた。政策的な景気対策としても活用され,1998年には基準金利が2.0%まで下がった(この時,ボクタチは借りたのだ)のだった。ところがバブル崩壊後になって,今まで企業中心に貸し出しを行ってきた銀行が,個人の住宅ローンに目を向け出すと,途端に民業圧迫との批判が高まり,ついに廃止が決まったってワケ。
 公庫がなくなることは,これからマイホームを考える人にとってはデメリットだ。低利・長期固定金利の公庫という重しが外されると,銀行の住宅ローンの金利も上がり,貸付審査も厳しくなるのが方向性があり得る。銀行間の適切な競争原理が働けばいいのだが,実は自由経済主義というものは,競争→再編→寡占が資本主義の病気。徐々に横並びに上がっていってみんな仲良く利潤確保というのがよくあるパターン。競争というものは,そういうものなのだ。
 住宅政策というものは,公共事業と同様,景気浮揚のための経済対策といった側面があるわけですし,企業でなく直接個人に融資してくれた公庫を廃止するのはもっと反論があっても良かっんじゃないかな...そりゃあ,あの時,政府の特殊法人の整理統合は(野党も国民も)イケイケムードで,公庫がいい目玉になったのは分かるんですけどね。
 ま〜。パルのおうちを建てたみけねこなどは,もう利害関係者じゃなくなっちゃったわけですが。 
 
 さてさて・・・去年に引き続き,今年もなんとか繰り上げ返済をすることにした。
 去年の繰り上げ返済で,20年ローンを14年ローンにした。もう5年払い込んでいるので,後9年間ローンが残っている。
 考えてみれば,家だってこれからだんだんとガタが来て補修費用も必要ですし,クンクンの教育費だったバカになりません。そうそう利子ばかり払ってられませものね。計算では,借金を返し終わるまでの期間で平らにしてみたら,毎月5千円強の利子を払っていることが分かった。年間で考えると6万円以上だ。
 ローンシミュレーションソフトでいろいろやってみた。
 金利が2%から4%にアップする10年目ピッタリに返し終えるようにする方法。残っている住宅ローン減税の期間を最大限に活用しつくしてから返す方法。
 
 ・・・結局どう計算しても,一番得するのは全部返しちゃうことって結論。そりゃそうですよね。
 我が家の貯蓄を使い切れば,なんとかなる...ロー断熱ロー気密でローコストのメケメケの家なので,借金額は人より少なかったし,去年頑張ってずいぶん繰上返済をした。出来ないことはないけど,もし事故とか病気とか何かあったら?

 でも,「やろう!」と云うことになった。結局,ボクタチは借金が大嫌いなのである。──ああ。すっきりした!

 

 大団円