<『けさらんぱさらん』 トップページに戻る
『けさらんぱさらん』ってなに?
びわの木に生息するとか、幸せを運んでくるとか、狐の落し物とか、雨乞いに用いるとか、 はては妖怪の類だとか、いろんな噂があって、 別名「てんさらぱさら」とか「けせらんぱせらん」とか、いろんな呼び名もあって、 たまにブームになったりする。
一体『けさらんぱさらん』って何なんだ? そんな疑問にズバリお答えします。
概要説明 更新(3/19)
『けさらんぱさらん』とは大体こういうものです
『けさらんぱさらん』を展示してある博物館や『けさらんぱさらん』が登場する書籍も紹介します。
『けさらんぱさらん』は4種類いる
『けさらんぱさらん』をタイプ別で紹介します。
『けさらんぱさらん』は「おしろい」を食べて成長する
『けさらんぱさらん』を育てる場合、これがなくては始まりません。
桐の箱で飼う
『けさらんぱさらん』の「お部屋」に関しての情報です。
植物タイプは分裂して増える
『けさらんぱさらん』の生態に関する情報です。(ホントかなぁ。)
植物タイプは「フン」をする
『けさらんぱさらん』の生態に関する情報「その2」です。
正体に関する諸説 更新(3/19)
「妖怪『けうけげん』」説/「植物の種」説/「猛禽類に食べられた小動物の毛皮」説/「昆虫」説/「家畜動物の腸内結石」説について掲載してます。


このホームページはメールマガジンと連動しています。
『週刊けさらんぱさらん』もあわせてお読みください。