焼き鳥屋「みやざき地頭鶏専門店 堺魚市場 門出」 + 2号店
 今年の「堺 大魚夜市」で、私たちの展示ブースへこられた方がオープンさせる焼き鳥屋さんの内装を、お手伝いしています。本当にローコスト!でも、出来るだけ本物を使いたい・・・・・・・!?
吉野・阪口製材所の協力の元、製材できない部分や、B級材、木っ端を使用し、セルフビルドすることで何とか素敵なものに仕上たいと思っています。
素晴らしき「門出」を迎えるべく、がんばって行きましょう。
 場所は、南海「堺駅」南西、魚市場(リーガロイヤル南隣、ジャパン下)
●平成20年11月 工事開始  
 紆余曲折、いろいろあったのですが、場所も決まり、無事工事着工です。
 
●平成23年12月23日 祝 3周年 
 めでたく3周年を迎えることができました。堺大魚夜市の出会いを忘れない様に、今年も若林先生が吉野杉に「即興の書」を書いて下さいました。我が家には、毎年干支を書いてもらっています。「トラ」「ウサギ」「タツ」がそろいました。12支がそろうように、来年も頑張りましょう!
 あれから2年経ちました。なんと、めでたく 2号店を開店することになりました。
景気の悪化や、鳥インフルエンザ等、厳しい状況の中、よく頑張ったものだと、感心しております。
今回も同じように、木材に出来ない周辺部分を活用しました。なんとなく、同じ雰囲気が出ていると思います。
阪和線「津久野駅」 南側 
デイリーカナートの建物 北面です。
●平成24年12月23日 祝 4周年 
 めでたく4周年を迎えることができました。開店を合わせるとこれで5回目の12月23日です。いつもこの日が一番寒いような気がします。
●平成20年7月31日 堺・大魚夜市  
 私が参加している「NPO 快適な住まいを考える会」で、吉野材を見てもらうためのブースを出していました。来て下さった方に、今井町の書家「若林梅香先生」が、杉板に即興の言葉を書いてプレゼントしていました。そこに現れて、一番大きな板を手にして「みやざき 地頭鶏」と書いてください!近いうちに焼き鳥屋はじめます。気合満点に現れたのが、オーナー夫妻でした。出来上がった杉板を大切に抱えて持ち帰ってくれました。
 

●平成23年8月22日 オープンに向けて看板製作 
 8月23日(火)サマークリスマス・イブ×2 の、オープニングに向けて、1号店と同じように若林先生に看板を書いてもらうことになりました。1号店は、クリスマス・イブ×2のオープンなので、覚えやすいでしょう!
 1号店と異なり、いまではこれだけの仲間が、オープン前に集まるお店になりました。いやはや、大したものです!外装(看板)工事をお願いした「大工の井上」君も、美味しい焼き鳥とビールに誘われて大活躍!私も作業を手伝った(足手まといかな?)ので、その間、お客様が撮影してくれたので、珍しく私も写真に写っています。
 この2年間、夫婦で頑張ったのでしょう、今回は阪口製材所に木材費、大工には人件費(+酒)、私にはデザイン料(もちろんビール)をいただけるようになりました。さあ、もっともっと大きなアキンドになってください!

「粕汁」のふるまいもありました

●平成20年12月18日 だいぶ出来てきました。 
 お店の中もだいぶ出来てきました。私の手を離れて、店主と大工さんが、自由に面白く仕上げています。
建築家が設計できないような、野趣にとんだお店になっています。
●平成20年12月15日 ぼちぼち進行中 
 セルフビルドなので、ぼちぼち?進んでいます。おおむね、スケッチ通りかな?
皮付きの杉と、機械剥きの杉の持つ存在感が面白いです。ベンチ部分は、手で皮を剥いた桧です。
●平成20年12月23日 看板かけ+プレオープン 
 まだ工事中なのですが、年末の賑わいに向けて、部分オープンすることにしました。このプロジェクトのきっかけになりました「堺・大魚夜市」でお世話になりました書道家・若林梅香先生と一緒に看板をかけに押しかけました。昼間は大工さん、夕方は書道家とカメラマン、夜はオープニングのお客様という1日でした。25日・夜7時頃から正式にオープンです。まあ、見てやってください。飲んでやってください!食ってやってください!!
85ページ 右上です。

取り込み中ですが、「ハイ、チーズ!」

●平成23年7月22日 外部工事 終了 
 外回り工事、終了しました。後は、開店の日に、1号店と同じように、看板を書いていただいて完成です!

先生も嬉しそうです。

●平成23年7月12日 スケッチで相談 
 こんな感じで行きましょうか?1号店の看板を入口に、いろいろな情報を宣伝できる掲示板を前におきましょう!
(賃貸なので、外壁を改修出来る範囲が少なかったです。)
●平成23年7月8日 2号店 現場確認 
 とりあえず、現状確認。前も焼鳥屋なので、中は改修の必要なしと判断しました。ファサードをどうするか?1号店のイメージを継承したいと思います。
●平成21年12月23日 1周年記念イベント 
 12月23日 めでたく1周年を迎えることが出来ました。たくさんの方に集まっていただき、うれしく思います。
 私たちがめぐりあった「堺 大魚夜市」を思い出す、「即興の書+吉野杉」プレゼントも、面白かったです。お店には、来年の干支「トラ」の文字をプレゼント。さて今後何枚たまるかな?
●平成21年10月 「堺市 Walker 2010」に掲載 
 本屋で立ち読みをしていて、びっくりしました。開店1年にもならないのに、「名店」の仲間入り!?
思わず雑誌を買ってしまいました。

大工の井上君 大活躍!

●平成20年12月5日 仕上げ材料到着 
 吉野・阪口製材所の全面的バックアップの元、仕上材料が到着しました。良くぞここまでそろったものだ!感動ものです。B級品ではありますが、木材の持つ香り、存在感、ボリューム感は十分に感じられます。木材の持つ存在感を殺さない様にだけ配慮すれば、大変おもしろいお店になると思っています。少し、安心をした1日でした。
●平成26年9月 プチ改修 
 おかげさまで好評を続けていて、焼き台を増やしてより多くの方に食べていただこうと、ちょっとだけ改修です。また、日々の営業の中で気になる使い勝手の部分も修正しました。更に評判のお店になってくれることを願っております。食べログの評判も良いそうです。