斉藤マーボ Profile
1973年

 4月1日東京で生まれる。渋谷、青山などで幼少期を過ごし、根っからの都会っ子としてスクスクと育つ。

1988年

 私立堀越高等学校にサッカーのスポーツ推薦で入学。本気でプロサッカー選手を目指していた・・・

1990年

 高校3年の時、友部正人さんの音楽に出会い、自作の歌を歌い始める。

1991年

 日本大学に入学。この年に開催された『ソフトクリームイメージソングコンテスト全国大会』にて入賞し、

 渋谷の特設ステージで行われた最終選考会で、300人を前に初めて自作ソングを披露する。 

 後に都内ライブハウスにて活動を精力的に展開。(渋谷アピア、吉祥寺曼荼羅、MANDA-LA2、江古田マーキー、等々) 

1992年

 南は九州、北は北海道と日本各地をギター1本でLIVE、また放浪の旅に出る。

1993年

 ザ・クランベリーズの「ode to my family」を聴き、多大な感銘を受け、アイルランドに行くことを決意する。

1996年

 大学卒業後、単独でアイルランドへ旅立つ。首都ダブリンのパブや路上で歌い、様々なパフォーマーと交友を持つ。

 また、ヨーロッパ各地を転々とし、『世界の中の自分』という存在に目覚める。

1997年

 この年の春にアイルランドから帰国。再び都内でライブ活動を展開。

1998年

 自分の実力をかみしめ、ライブ活動を断念。 一般的な職に就き、音楽活動とは無縁の『空白の7年』を過ごす。

2005年

 自身の先輩である井上博之氏がライブハウス「高円寺ALONE」をオープン! 誘いに応えて7年振りに再びライブ活動を展開。

 復活記念オリジナルアルバム「地平線の上を旅してみるのはどうだろう」発売。

2011年

 3ヶ月に1度のペースで高円寺ALONEにてライブ活動展開中!

 4月6日 1stシングル「地平線の見えない街」配信リリース!

2012年  4月11日 2ndシングル「さよならの風景」配信リリース!
2014年  4月2日 3ndシングル「夢の夢」、4thシングル「青山初恋物語」同時配信リリース!
2016年  4月6日 5thシングル「歓喜のパレード」配信リリース!

Favorite・・・

「友部正人さん」 「Bob Dylanさん」 「真心ブラザーズ」 「斉藤和義さん」 「泉谷しげるさん」 「長渕剛さん」 「中村あゆみさん」

「徳永英明さん」 「ゴダイゴ」 「リクオさん」 「BEGIN」 「The Cranberries」 「Glen Hansardさん」 「Amaral」 「Enyaさん」

「The Corrs」 「Suzanne Vegaさん」 「Fool's Garden」 「The Nitty Gritty Dirt Band」 「Goo Goo Dolls 」 「El Canto Del Loco」

「Sixpence None The Richer」「Norah Jonesさん」 「The Bangles」 「Shania Twainさん」 「Sam Cookeさん」 「Tracy Chapmanさん」 

「U2」...等々  

Taste・・・ 旅、サッカー、釣り、スキー(スキー検定2級)、スキューバダイビング、天体観測、料理、部屋の掃除
Own car・・・ Vespa ET3 125cc
Use Guitar・・・ YAMAHA FG-110(赤ラベル)、Ovation Elite 1768
My Motto・・・ 人生は大いなる舞台だ!  優しさそして思いやり