君だけを       詞・曲/斉藤 将之

 

 

時が止まって叫んでいたよ

僕が僕で消えてしまった

何も帰らず何も解らず見失ってた

 

夢が夢で壊れて消えて

心に迷うひとりさみしさ

答えは見つけられずいたんだ

 

君と一緒に心行くまで

手をとりあい語り合おうよ

何もかもがすべて僕の前から遠ざかって行く

だから君だけを

そばに君だけを

いつもいつまでも君だけを

To  Love

 

 

さみしい夜はウイスキーを片手に

やつれた心暖めようか

そばに優しさ感じているよ 君しかいない

 

さよなら言わず時間が過ぎ去り

街の明かりを眺めているよ

忘れかけてた遠い想い出

 

分かり合えない恋の行方は

きっと僕の心歌うんだろ

望みかけたあの日離れられないこの胸が痛むよ

だから君だけを

そばに君だけを

いつもいつまでも君だけを

To  Love