◤汎用ライブラリ

汎用ライブラリのソースファイルのダウンロードができます。
総て、「インストールディレクトリ」を@rpathに設定してあります。利用する側のアプリケーションやプラグインのビルド設定をカスタマイズする必要があります。「実行パスの検索パス」(Runpath search paths)を@loader_path/../Frameworks などに設定します。利用する側のアプリケーションをコンパイルする前に、ライブラリをコンパイルして.frameworksを作る必要があります。Xcode8のPreferences…, Locations, Derived DataをRelativeにする必要があります。
バグを見つけたら、sato-akira@hi-ho.ne.jpまでメールを下さい。

>
名称親クラス説明Downloadイメージ
ASPageLayoutAccessoryNSViewControllerNSPageLayout用のアクセサリービューです。
NSPrintInfoのAPIのほぼ総てをGUIで設定できます。
使い方は、ASPageLayoutAccessory.hに簡単に書いてあります。
用紙設定がかなり実用的に設定できるようになります。
zip形式
ダウンロードボタン
134KB
15か国対応
ページ設定ダイアログに各種設定を追加
ASPointControlNSControl2次元座標を簡単にマウスで設定できるデバイスです。
使い方は、ASPointControl.hに簡単に書いてあります。
zip形式
ダウンロードボタン
58KB
2次元座標を簡単にマウスで設定できる
ASWebView NSImageRep
のサブクラス
ASWebImageRep
SVGビューアーの為のNSImageRepのサブクラスです。WebKitのSVGレンダリング機能を利用します。アニメーション機能は停止させています。
libz.dylibとlibcrypto.dylibのライブラリが必要になりますが、Mac OS Xには標準装備されているはずです。
zip形式
ダウンロードボタン
207KB
SVG sample
NSControl
のサブクラス
ASImageView
標準のNSImageViewと似た機能を持っています。
使い方はASImageView.hに簡単に書いてあります。
WebKitを使ってSVGも表示できます。
NSIamgeViewと外見は同じだが使いやすい
NSControl
のサブクラス
ASDialKnob
角度を設定する為のデバイスです。
円形状のノブで構成し、場合によってはノブの周囲に30度刻みの目盛りが構成されます。
このデバイスを直接操作するには、マウスクリック或はタブキーによりファーストレスポンダにして操作してください。
使い方はASDialKnob.hに簡単に書いてあります。
WebKitを使ってSVGも表示できます。
ASFormNSViewNSFormがdeprecatedになってしまったので、それの代替です。
使い方は、ASForm.hに簡単に書いてあります。
zip形式
ダウンロードボタン
51KB
ASGlyphsPanelNSWindowControllerOS X10.7からグリフパネルが無くなってしまったので代替として作ったパネルです。使い方はASGlyphsPanel.hに書いてあります。NSGlyphからUnicodeを検索するデータベースはAdobe-Japan1-6.plistなどです。Unicode無しで転送させると転送先で非常に使いにくくなるので、Adobe-Japan1-6に記載されていないグリフでも無理やりこじつけでできるだけUnicodeを割り当てています。zip形式
ダウンロードボタン
1.6MB
戻る