TOP 
HOYA HMC ZOOM & CLOSE FOCUS 80-200mm f:5.5


HOYA HMC ZOOM & CLOSE FOCUS 80-200mm f:5.5

 非常に細身の変わったレンズ。開放f値は結構辛いですが、1mまで寄れるので取り回しはし易そう。

 普通、ズームレンズは前玉の方が径が大きく、ピントリング(ズームリングを兼ねる場合が多い)よりマウント側が細いのが普通なんですが、これは絞り環部分が一番太い、ちょっと変わったデザインのレンズです。
 開放f値は5.5で、安めの300mm級のレンズ並みに暗いため、フォーカシング・スクリーンのスプリット・イメージなんかは真っ暗になってしまって、ピント合わせはかなり辛いですね。

 まぁ、想像するに、このスペックのままf値を稼ごうとすると、レンズの径がかなり大きくなる上に、解放時の収差などを抑えるのが困難になるため、これがいっぱいいっぱいだったんでしょうね。
 ただし、CLOSE FOCUSが示すとおり、200mm側でも1mまで寄れるため、かなりの高倍率になります。開放でもf:5.5なので被写界深度も余裕がありそうなので、意外と使いやすいかもしれませんね。
 それを意識すると、Carl ZeissのVario-Sonnar 80-200mm f:4は、このCLOSE FOCUS仕様のHOYA HMCレンズと同じ最短撮影距離で、一段明るいf:4をたたき出しているので、やっぱり凄いなぁ、ということになりますね。

 普通のHOYAのレンズだとY/Cが出てくるまで待つんですが、これはちょっとお目にかかれないスペックなので、思わず手を出してしまいました。
 ウチにあるKマウントのボディはコシナ系が3台(一台、リコー・ブランド)にチノンが3台ですが、CHINON CP-9AFのボディはフォーカス・エイド機としても使えるので、ちゃんと合焦時にシャッタが落ちるか試してみようと思ってます。

(2004/2/23追記)
 CP-9AFのボディで試してみました。
 マニュアル・レンズですと、京セラAFにもあるCatch in Focusモードになりますが、かなり明るい場所じゃないと合焦サインが出ず、レリーズが落ちません。
 でも、まぁ、使えないことは無いですね。

《レンズ緒言》(Pentax K-Mount)
構成:9群12枚
画角:30°〜12°
最短撮影距離:100cm
最小絞り:f:22
フィルタ径:φ49mm
寸法:φ62mm×119mm
重量:425g
国内定価(当時):\--,---
国内発売:無し


at: 2004/02/19(Thu)
Copylight 2003-2009 by Masanori Okie
Any copy, reference and Hyper-link from commercial site (include e-Bay, Yahoo! Auction and any other auction sites) without permission is forbidden (non-commercial site is without this limitation).
商用サイト(特にe-Bay、Yahoo! Auction等のオークション・サイト)からの無許可のリンク、参照、転載は堅くお断りいたします。発見の場合は状況に応じ、ホスティングを行っている企業を含めて損害賠償を請求する場合があります。


TOP