基本中の基本のウッドデッキ


埼玉県のS.S様からいただいた1.5坪クロスフェンス仕様ウッドデッキ作品をご紹介いたします。
出入り口は1箇所で丁寧な作業が見て取れる作品です。カラーはマホガニーカラーを施された作りになっいています。
1.5坪の基本の形になっているウッドデッキ作品です。
1.5坪クロス仕様の基本形のウッドデッキの写真 出入り口から見られたところですが間口は半軒(910mm)の間口があります。 クロスは幅90mm×厚み30mmの部材を採用しています。バッテンノ部分にはバッテン止めビスで止めて強固なクロスを作られます。 笠木は桧葉材で付けられて事前に留め加工などしてお届けされます。 土台は松材を使い床板は杉材を使うなど要所要所にあわせた材種を向けられた仕様になっています。

床材の止め方の写真 床材の釘の止め方が綺麗に見られます。 釘はステンレスのスクリュー釘を採用します。根太が1尺およそ303mm間隔に配置されていますので それに床板に対して二本づつ打ち込んでいきます。根太自体は土台に切り込み加工されて根太掘りされたうえで差し込まれているので 根太の経年下がりが起きる恐れはありません。 床板は24mmの厚みがあり根太間隔が303mmと狭いこともあり充分な移動荷重に耐えうる構造になっています。 写真のようにキチンと床板を止める作業をされるとウッドデッキも永く保持されます。

出入り口と金物の写真 出入り口部分にはL型金物で補強がされています。 この補強は補助的なものです。実際は土台にホゾ穴加工がされており柱にはホゾ差し柄が出来ていて ホゾ穴に差し込んでいるので動きは起きませんが経年経過のゆるみに対してL型金物を補助的に採用してます。 クロスの間隔が綺麗にできているので見ていて違和感がなく見て取れます。 垂直と水平がきちんと出ているためにこのように綺麗に見えるのです。

クロスフェンスのビス取り付けた写真 クロスのバッテンには交差部分にビスにて補強されています。 クロスの部材は一辺が長くなっています。この長い部分を柱の垂直をみながら調整して切り欠き取り付けていきます。 クロスには上下にビス穴が開いていますのでこの穴に付属のビスを捻じ込んで止めて行きます。 クロスの交わるバッテン部分にもステンレスビスを止めて頑強に保持します。写真でもきちんと確認できますね。

土台束と基礎(束石)がきちんと出来ている写真 土台束部分の写真をいただきました。束石もきちんと設置されて土台部分が確実になっています。 基礎(束石)工事は重要な施工の範囲です。束石の配置と水平の精度によりウッドデッキの水平や垂直に影響が生じたりしますので きちんと設置されたいです。そのためにも遣り方という作業が大切で少し手間がかかりますが最終的には時間短縮になったりします。 やはり仕上がりに対して効率のある手間暇をかけるとウッドデッキの仕上がりにも良い影響を与えてくれます。 基礎(束石)工事はじっくりと時間をかけて作業されてください。

お客様のウッドデッキ作品集へ戻る


お問い合わせ

サイトマップ

特定商取引法

ウッドデッキ通販 阿部建設