ウッドデッキを燻煙木材のラチスで作る


埼玉県S.T様のお客様からは2度目のウッドデッキのご購入をいただきました。
前回のウッドデッキは、標準グレードでのご提供でしたが、今回は燻煙グレードでのご提供になります。 2坪(Cタイプ)のラチス仕様になっていて、外から見て、左躯体側にウッドドアを設けた出入り口になっています。
マホガニーカラーでのご提供になります。
正面からのラチス仕様のウッドデッキ写真ウッドデッキを正面からとられた写真になります。テラスの柱と柱に入るくらいの寸法が丁度、2坪(Cタイプ)がぴったりで 間口奥行きともに2坪(Cタイプ)仕様の大きさがそのまま納められています。
基礎工事(束石設置)はすべて羽子板タイプの束石を採用されていて地震などによる揺れに充分な対応がされています。束石とウッドデッキの土台束との間に、ゴムスペンサーを差し込んでいる部分も参考にされたい部分です。

右奥行側から見た出入り口部分に向けて撮られた写真こちらからの角度から見るとウッドドアが設置されているのが分かります。 ウッドドアは外から見て左側に吊元をつけられています。ウッドデッキ内部側にドアが開くように設置されています。

縦長に撮られた完成写真この角度からもウッドドアと本体との取り付け状態がみてとれます。今回は、お客様からの感想にもございましたが、前回のウッドデッキは標準グレードでのご提供でしたので 床板の厚みが24mmでしたが、今回のウッドデッキは燻煙グレードですので床板の厚みが40mmあります。幅も90mm(標準グレード)が120mm(燻煙グレード)になっていますので、前回(標準グレード)をご存じの2度目のお客様には床板の違いに驚かれていました。今回も前回と同様、マホガニーカラーでのご提供になります。

お問い合わせ

サイトマップ

特定商取引法

ウッドデッキ通販 阿部建設