桧で作られたオーダーメイドのベッドフレーム


神奈川県のT.S様から間口1800mm×奥行き700mm×高さ350mmの大きさのあるベッドフレーム作品です。
桧で作られていますのですごく良い香りがします。
壁と壁の間に入るように、また、奥行きも壁の出に合わせるように計画してオーダーメイドいただき製作した作品です。 高さは350mmあります。
土台脚は90mm×90mmの太さが基準でそれをベッドフレーム枠が乗るようにしゃくり上げてベッドフレーム枠を乗せる構造です。そのため永年使っても枠落ちが無く軋みなどがおきない構造です。 ベッドフレーム枠は150mm×36mmの太さがあり弛むことがおきません。枠には床板厚み分のシャクリ加工と根太の根太掘り加工が細工されています。 市販品のように金物で根太や床板を保持するやり方でなく木組みという技術を使い製作しますので永年使われてもゆるみがおきません。 根太はベッドフレームの幅によりますが通常は45mm×45mmの根太の太さが300mm程度間隔に採用されます。床板は90mm×18mmの床板が使われ根太と床板で充分な 耐荷重性能を保持いたします。一般市販のように永年使われて床がたわむことがおきません。丈夫なウッドデッキ製品です。
更に国産の桧を丸太から製材して作られた製品で新鮮なので桧の香りがたくさんして癒してくれます。
国産の桧丸太から製材した製品

1)上記の写真の様に土台脚は90mm×90mmを採用しています。
2)ベッドフレーム枠は150mm×36mmの幅広の桧材を使い耐荷重に充分に耐える部材厚があります。
3)床板は90mm×18mmで、すのこタイプにするため床板と床板に隙間を設けまて通気性を保持します。
4)根太間隔は300mm内外を基準に設定します。これ以上の場合は根太の太さを特に太くする材料を使います。
5)ベッドフレーム枠や床板には手触りにやさしいように面取り加工がされています。

組み立て方の実例:弊社の製品のいろいろな組み立ての実例です。お客様からのご要望にお応えいたし、いろいろな作品をご提供させていただきました。ご覧ください。


お問い合わせ特定商取引法ベッドフレームのオーダーメイド工房

阿部建設〒983-0833宮城県仙台市宮城野区東仙台4丁目2番2号
TEL 022-257-4603 FAX 022-295-6543
亘理工場〒989-2331宮城県亘理郡亘理町吉田字大沢61番10号
TEL 0223-32-1310 FAX 0223-32-1310