ヒノキ(桧)のベッドフレーム


天然のヒノキ(桧)で作られたベッドフレームをオーダーメイドいたします。
本物の無垢ヒノキ(桧)で作られるので心地好い香りが心身ともにリラックスする効果が期待され程良い眠りを誘います。
お客様のプランニングにあわせて製作いたしますのでお部屋にあわせたベッドフレームを作られることができます。

ヒノキ(桧)で作られる部材たち

ヒノキのベッドフレーム部材群 枠と土台脚の取り付け写真 根太を取り付けた写真 スペンサーをあてがい床板張りの施工

1)最初の写真がベッドフレームの部材群です。たくさんの部材たちにより組み立てられていきます。
次のような部品で構成されます。

  1. ベッドフレーム枠
  2. 土台脚
  3. 根太
  4. 床板
  5. スペンサー
  6. ビス金物類

核となるベッドフレーム枠は背が150mm×厚み36mmの幅広材を使います。
床板は幅90mm×厚み18mmの割材を使います。
このように充分な厚みのある木材を使います。また木組みで組み立てるので頑丈な作りに自信があります。

2)ベッドフレーム枠は土台脚はベッドフレーム枠が乗る分の切り込み加工がされています。金物などで支えるのではなく木と木の受け合いにより支えられます。
3)根太をすべて取り付けたら床板を張っていきます。床板は面取り加工がされていますので体にやさしい作りになっています。 写真に見られるように床板を張る場合は付属のスペンサーをあてがいながら張っていくと隙間間隔が統一されて張られます。 いわゆるすのこタイプの床張りになります。
4)床板がスペンサーをあてがいながら張られて行くところの写真です。ヒノキ(桧)は特1等材を使いますので節などが見られますが節も一つのデザインと考えられなくもない綺麗なヒノキ(桧)を使います。

オールヒノキで作られるといってもそれほど金額的に高くなるわけではありません。
全て、無節の役物で作られればそれは目が飛ぶような金額になりますが特1等材であればそんなに割高感はないのでお客様も納得の金額でご提供できると思います。
初めに一度、何なりとお問い合わせください。より良いアドバイスと金額は無料でご提示いたします。

国産ヒノキ(桧)で作られたベッドフレームの価格表

お問い合わせ特定商取引法ベッドフレームのオーダーメイド

阿部建設〒983-0833宮城県仙台市宮城野区東仙台4丁目2番2号
TEL 022-257-4603 FAX 022-295-6543
亘理工場〒989-2331宮城県亘理郡亘理町吉田字大沢61番10号
TEL 0223-32-1310 FAX 0223-32-1310