障害者市民ものがたり
        ―もうひとつの現代史  2007年1月刊


河野秀忠著  NHK 生活人新書 本体700円+税 1冊送料82円


障害者市民ものがたり

重度障害者といわれるひとたちが、収容型施設や家庭から飛び出して、自立と解放を求める声を挙げ始めた1970年代。
車イスでバスに乗ることすら拒否する社会のありようを問う、彼女、彼らの想いや闘いは、もうひとつの現代史だ。
当たり前の市民として生きることの困難さを、あえて選んだひとたちの息づかいを、名物編集長が情感豊かに、今を生きるひとびとに伝言する。

 

障害者市民ものがたり  もくじ

まえがき
第1章 「われら、愛と正義を否定する」

 1 へろへろ現代史のハジメのころ
 2 映画とお師匠さん
 3 少しカタめの私的現代史のコト
 4 怒りは貯金デケないんよ
第2章 「警察の留置場は、健全者用なんや」
 1 映画をつくるこころ
 2 愛しのひとびと
 3 親と子のカタチ
 4 ニッポン初のこころ
第3章 「そよ風のように街に出よう」
 1 1980年代は、教育のこころ
 2 創刊のこころは、ビンボーのこころ
 3 21世紀にゆめが風にのる
第4章 「これから始まるんだよね」
 1 どっちが先か
 2 ゆめのまたゆめ
 3 トイレットペーパーものがたり
 4 幼いたましいの行方
 5 節目、節目、また節目
あとがき


 

 

 

 

「ゆっくり」叛乱 1999年11月刊


河野秀忠著   NHK出版 本体1200円+税 1冊送料82円


「ゆっくり」の叛乱

1900年代最後の怪著!
そよ風のように街に出よう編集長・河野秀忠が放つトホホの元気本!
エッセィ集もどき・愛が主食の夢おかずの人権なばし

障害者市民や老市民との出会いと別れに魅せられたた名物編集長が、
自分も他人も好きになりたいアナタを、
ハートフルな夢さがしの旅へと誘惑。
笑いとナミダが沸騰する哀愁元気の人情ハンラン物語!

世間に溢れる中年オッサンの誰もが、ひとりひとり自分ではどうすることもできない理由で、奥歯を噛み締めて、鼻ツンした物語を抱えているんじゃなかろうか。世間様と突っ張って、渡り合ってきた意地があるんだ。疲れて、悲哀が肩のあたりで舞っているけれども。たからこそ、中年オッサンは、ステキになれるんじゃないか。自分を隠すのじゃなく、自分を好きなくらいに、自分を好きと思う他者を好きになれたら、どれほど楽になるか。その出合いをこそ地域に作りたい。(本文より)


「ゆっくり」の叛乱  もくじ

第1章 こどもたちは、切ない
 「岸壁の父???」/貧しさと夜逃げのカンケー/プライドの末路/ほか
第2章 青年たちのはにかみ
 酒場でお茶を/人生には、順番というものがある/聞こえぬ、小さな声たち/ほか
第3章 ツライね、中年
 市民酒場がでけた/晴れの日の雨傘/空飛ぶブタ玉/電話が語るものがたり/ほか
第4書 円を閉じる老年
 ボケには、ボケのワケあり/トコロテン式ネコ事件/遺言を受け取った青年/ほか


 

 

ご注文は 最寄りの書店 または
ご住所・お名前(ふりがな)・電話番号を明記の上

soyokaze@hi-ho.ne.jpでお願いします。

 ▲直接りぼん社にご注文の場合のお支払いについて
お支払いは後払いです。
ご注文合計額が税込み5000円未満の場合、別途送料実費をご負担ください(ただし、ご負担の上限は300円)。
ご注文合計額が 税込み 5000円以上の場合、送料は不要です。
本と一緒に請求書、郵便振替用紙が入っています。
郵便振替、または銀行振込でご送金ください。



ホームページへ