◆◆ 『季刊しずく』への投稿募集!◆◆

第15号 (2022年1月発行)

特集  家族という現場 ー それは拠りどころか障壁か

 小誌創刊のきっかけの一つとなった相模原市の障害者殺傷事件から5年半、U青年の死刑が確定して人々の関心はほとんど失われたように見える。しかし事件が投げかけた問題の多くは未消化のまま、私たちの身体の内部に取り残されている。その一つが知的障害者たちとその家族の問題である。自分の子どもやきょうだいを施設に入れる最終判断をしたのも、事件の後、被害者の「匿名」に強くこだわったのも家族であった。そして事件の報道や分析においても、障害者と家族の問題はきわめて慎重に取り扱われるか、敢えて触れることが避けられてきた。
 家族をめぐっては、老老介護や児童虐待といった問題に加えて、この間、親や祖父母、きょうだいの介護や家事を担って社会から孤立するヤングケアラーの存在が注目を集めている。高齢化や核家族化を背景として、家族にしわ寄せするのではなく社会全体で介護を担うことをうたって介護保険制度がスタートして21年、いま再び家族とは何かが問われている。それは利害を超えた人間的な絆の拠りどころであり社会の基盤なのか、個人の権利や自由をはばむ厚い壁であり乗り越えられるべきものなのか、それとも……。

この特集についてのみなさんのご意見を募集します。

◆字数 800字以内 ◆締め切り 2021年12月15日(水)


特集へのご意見以外にも、
○ 「季刊しずく」の記事へのご感想、ご意見
○ 「だれ一人しめ出さない社会」についてのご意見、ご提言
○ 今、世間を騒がせている出来事についてのご意見
○ 身のまわりで起きたことについてのご報告、ご意見


……などなど、みなさんのご投稿をお待ちしています。


◆件名は 「しずく投稿」 とし、
  タイトルとお名前(実名か筆名)を原稿に明記してください。
◆投稿先
  E-mail
soyokaze@hi-ho.ne.jp
  郵 送:〒533 - 0033 大阪市東淀川区東中島4-1-15-1F りぼん社 「季刊しずく」 編集部

  


 

ホームページへ