ひとりごと


ueda-denki@hi-ho.ne.jp 何か有りましたらメ−ルにて!!


またしても、辛いUPです。
仕事です。
私の、仕事上の目標だった人が、戦線離脱です。
逆側に行っちゃいました、かなりショックです。
希望が、ダンダン、削られていく。
未来への道がダンダン細まっていく。
このままじゃ、夢まで、遠のいていく。
どうにかしなきゃ、
俺は、諦めない。


今年の上半期くらい魚釣れた年は無かったけど、
今年の下半期くらい、釣りに行けない年もないな〜!。
やっぱ、自然のサイクルが狂ってきてるんだろな〜
地球の温暖化!
オゾン層が破壊されて、二酸化炭素の層が出来て、
破壊の最先端で仕事してる私としては、奥歯を噛み締めて仕舞います。

やっぱ、ノンフロン冷蔵庫、代替フロンのエアコンを真剣に捉えて
お客さんに勧めていかなければ。                                             2002.08.30


デカンパの近くに行けね〜よ〜!
誰か、台風、どうにかしてくれ〜!!                                            2002.07.09


02年の上半期足摺釣行が終わりました。
数は釣れましたね〜!!

ガッ

ハガツオのサイズが一回り小さくなってます。
少し気がかりな結果、01年まではほとんど見られなかった2kクラスが釣れてました。
来期からは、大切に釣らしていただきます。

2002.06.27

おかげ様で、今年は例年になく、充実した釣行が続いています。
 (釣果はさておき)
ほんと、初めてだな〜!冬の時期に、こんなに足摺沖の釣行が叶うなんて!!
過去6〜7年の間、12〜3月は計画倒れがほとんどだったのに。
でも、ちょっと心配!!
六の瀬はちょっとタタキ過ぎかも?
2年くらいの間に、極端に、遊漁船が増えた!
一昨年までは、六で出会う遊漁船は多い日で二船だったのに。

先週なんか、東のハナレと呼ばれるポイントから一日動かない船も居た。
 (通常なら、せまいポイントなので、2〜3回流して終わり)
確かにその日は、ソコしか反応はなかったけど
あそこまで、徹底的にタタキだすと・・・・・つぶれるのもハヤインだよな〜
遊漁船の船頭もいっぱい釣らして、お客にいっぱい来てもらうことしか
考えてないんかな〜!?

2002.03.21

新しい年を迎えて。
う〜ん、今年も頑張って仕事しなきゃ、ほんとに厳しい時代に突入です。
悲しいくらい不景気です。
昨年後半あたりから、身に染みる・・・・・・・・。
身の回りに、何でって思うくらい、プ〜太郎が多い。
ハンパに仕事を辞めるやつ、いつまでたっても、不平ばかり言って仕事しないやつ。

そんなヤツに一つだけ聞きたい、お前らそれで楽しいの?

俺は、仕事に追われて、その合間に行く釣りが、大好きです。
時間を持て余してる人には、理解できないだろうけど、週一の釣行を楽しみに、目イッパイ仕事して
目イッパイ仕事した褒美に、魚と戯れる。

そんな、心の充実を感じられる釣行。
「今日は思いっきり遊べたぞ〜」と言える、釣行
そんな、一日を
今年は、いっぱい、過ごせるよ〜〜うに!!                                        2002.01.19


久しぶりのひとりごと。

超 釣れない日々を送ってます、魚が釣れなきゃ、釣行記もUPする気にもなれません。
新世紀、ラストマンスリー!釣りも仕事も、めいっぱい
ブチきれるまで、頑張るぞ〜!! 
                                             

2001.11.28


2001上半期最後の釣行、選んだエリアは、津島より出船のブルーウィング!
どのエリアを攻めるかは、船頭任せ、初めてのフィールドに胸ワクワク、見慣れた地形に懐かしさを
覚えながらのジギングでした、戸島、日振島、御五神、と磯釣に夢中の頃、渡船から、見慣れた風景をバックに
ジグをシャクレタのは、感慨ひとしお、初めての、カンベの瀬、水の子には期待がふくらみ、1日ゆっくりと
楽しい時間を過ごせました。
今まで、ジギングでは、ほとんど攻められてはいないエリア、愛媛西南部の磯釣の実力が身にしみてる私には
期待の高まるエリアです、これから西村船頭と一緒にポイント開拓に一役買って行きたいな〜!!

2001.06.26

土佐バエ、憧れの・四国最後の秘境!
行ってきました、結果は、サバ3尾、カツオ5尾・・・なんでこんな事になるのかな〜?
500gのヒラジグラで、底取出来ない、天気だけじゃなく、潮も味方につけないと、
秘境は、甘くなかった!!

2001.05.17

4月後半から続く、ストレス
やっと晴らせそう?、13日、昨年からの念願・土佐バエ・への釣行が適いそう。
(お願いだから、天気と潮、みかたになって。)
昨年の4月、某月間釣情報の H さんよりもらった、
「上田さん、すごいとこがあるんですよ、行きませんか」・・・
この一言から始まった、土佐バエへの憧れ、ロッドを買い、リールに500mなどというばかげたラインをまき
500g・・・売っている店を探さなきゃならないヘヴィージグを、買い貯め、準備に費やした1年。やっと・やっと、目の前まで!

全知・全能・を使って、思いの丈を、ぶつけてきます。

久々に、心の底から、熱いものが湧いてきます。  頑張るぞ

2001.05.11

01,04,29、am7,20.
目がさめて、昨日から、引きづる・わだかまり・、今日の天気。
とりあえず、人造ネ〜チャン13号に電話すると、「風、南南西より、6,4m」
くっそー、やっぱ行っときゃよかったー・・・。
今日の教訓、現場じゃなきゃー、天気が読めるかー。
出もどりは、覚悟の上。明日は信じよう!!

2001.04.29

4.22&4.29・・・・黒牧のキハダ・六の瀬のカンパ・オオタ、モリのハガツオ・
足摺周辺ベストシーズン、2週連続、悪天候によりボツ!!。
悲しいやら、歯がゆいやら、・・・くっそー!!

00,04,28の予想気圧配置、間違いなく、低気圧が前線を伴い、四国より北を通過しそう、
太平洋高気圧が、例年より早く、張り出してきてるのかな〜、入梅早いかも?。
だったら、5月中には、大正瀬、行かなくっちゃー、今年も計画倒れになるな〜?

今年くらい、釣りに行けない年は、ココ10年で、1番だな。
まっ、俺の力じゃどうにもならない現実、サンデイアングラー(日曜日にしか釣りに行かない、後は仕事)
ぶ・ち・や・め・て、週一アングラーになったろか!! 

2001.04.28

3.18の日曜日、予てからの約束だったもらさんとの釣行が叶いました。
1月から、なんども計画を立てて、ことごとく天気にいじめられてきました、やっと天気に
と言うよりも、半ば強引に船をだしてもらい(めちゃめちゃのおおしけ)なんとかネイリの顔を見れました
例年だとこの時期は、湾内でネイリは、めずらしいのですが、3人で、8回のあたり、3匹ゲット。
他に、ヒラメ、ハガツオ等釣れたので、おもしろかったです。
黒潮が近いせいか、水温も高く、あたりも多かったです。このまま黒潮が近い状態が続けば、
今年は、2年ぶりにキハダの可能性が高いと思われます。
4月アタリからは、ナギの日も多くなり、クロボク、六の瀬あたりまで出られる日もあるかな〜と期待してます。
ぜひ今年は、2年ぶりのキハダの引きをあじわいたいな〜!!

2001.03.20


先日、沖ノ島周辺でのジギングで、ツルジグのピンクホロに、ネイリが釣れました
このネイリ、お腹がパンパンでした。帰ってさばいてみると、なかから、アカチビキの子( 10cm 位 )
が7匹も出てきました。やはりジグのカラ−とサイズは、ベイトと密接な関係?があるようです
でも、ハマチのジギングのように、ベイトが解っていることが、多い場合は、ジグのサイズ 、カラ−は、推測しやすい
のですが、ネイリのように、何を食べているか解らない場合とても悩みます!!

2000.12.06

先日、宿毛沖にジギングにいきました。(釣果のほうは、ジギング偏 11.26)を!!
水温が高すぎです。昨年までなら、この時期には、宿毛沖のケ−ソンでは、ネイリが、1船あたり
10−15本くらい釣れていたのですが、今年は、まだ5−8本(良い日で)
まだ、宿毛より北のほうで、ネイリがナブラを沸かしているようです
もうちょっと我慢のジギングが続きそうです!!
予想では、12月半ばには、ネイリも本格化しそうです( あくまで、予想。。。期待かな?。。。( 笑 )。。。)
先週より、潮色も良くなり、塩分濃度も高くなってます 期待できそうです

沖ノ島周辺は、潮が安定しないので期待薄、早く上り潮が、入ってきてほしいです!!
潮さえ良くなれば、期待大なのですが

2000.11.28

先日、日振島にグレ釣りに行きました。(釣果のほうは、磯釣り偏 11.12)を!!
それにしても、今年のグレは、遅れています。昨年までの11月前半なら、潮通しの良い磯には、
わきグレが、いたるところで、見れたのですが、今年は、まったく見えません。
わきグレが少ないと言うことは、今シ−ズンの日振島は、ちょっと寂しいかも!!

2000.11.14

00.11.07
先日、コモブチへ磯釣りに行きました
そこで思ったのですが、
例年のように、今年は、一月遅れてるとよく聞きます。私は、去年までは、そんなことあるかと思って
いたのですが、今年は、本当に送れているようです。ここ4,5年、釣りをしてると、地球の温暖化は、
着実に進んでいるように思えます。黒島4番に降りていた、I さんが、ソウシハギを釣っていました
17年、磯釣りをしてきて、中泊以北でこの魚を見たのは、始めてでした。!!


これから、書く事は、賛否両論有ると思います。私の独り言です

コモブチでの大会で、我々とは、別のクラブが大会をされてました。
皆さんたくさん釣られたようで、重たそうにク−ラ−を持って検寸場へ運ばれ、自慢げにふたを開けられ
検寸されています。覗いてみると、なんとほとんどの人がク−ラ−八分目から満タンです
しかし、30cmを超えているグレは、ほとんどいません。それどころか、ほとんどの魚が
20cm未満です。ひどい人は8〜10cmくらいのグレがいっぱい入っていました
最近のグレ釣りは、数を釣るのが上手な人だと言う風潮が一人歩きしているように思います
( 多分、大手メ−カ−の大会が、この傾向にあるせいかも?。このクラブも、ト−ナメントが盛んな
県から来られてました )
もう少し、心にゆとりを持って、竿を出したほうが、ストレス解消につながるんじゃないですか?
そんな、人に勝つことが目的の釣りより、魚を釣って感動を味わう釣りのほうが、楽しいですよ!!
それに、そんな小さい魚をキ−プしてると、そのうち魚いなくなりそうだし!!

2000.11.07


 ホームへ