傷病野生鳥獣保護飼養のボランティア募集

大阪府農林水産部緑の環境整備室より依頼された保護活動にもとずき、当院では大阪府野生鳥獣救済ドクター
の一員として、野生鳥獣を生命が維持できるまでの一時的治療をおこなっておりますが、この活動の最終目標は、
患野生鳥獣を放鳥することなのですが、病気はある程度回復しても、不幸にも野生では自力で生活できず、
人間の保護下でしか生活できない傷病野生鳥獣が沢山います。そういう動物たちを、
大阪府では自宅にて保護飼養してもらえる方を、募集しているそうです。
ちなみに、野生動物を捕獲しペットとして飼育することは、法律で禁じられています。しかし大阪府内では、
傷病野生鳥獣保護飼養のボランティアとして登録し知事の許可がおりれば、飼育には問題ありません。
全国的にこの運動が広がりつつあることを祈って、他府県の方は在住の官庁にお問い合わせ下さい。

*ボランティアの対象*
ボランティアとして登録するには、7つの条件を満たしておく必要があるそうです。(大阪府パンフレット抜粋)

1.大阪府内に在住していること
2.対象となる傷病野生鳥獣の引受けなど搬送時の手段が確保されていること
3.対象となる傷病野生鳥獣が野生復帰できるまで、又は死亡するまで責任をもって保護飼養できる能力及び
  意志があること
4.満20歳以上だあること
5.十分な収容施設があること
6.近隣住民などに対し、トラブルなど生じるおそれがないこと
7.飼養中いかなる事態が生じた場合でも、本人が責任をもって対処できること

詳しい問い合わせおよび登録は、あなたの住所地を管轄する府民センター内の農と緑の環境整備室に問い合わせ下さい。
HPアドレスhttp://www.pref.osaka.jp/doubutu/yaseidoubutu/syouvolu01.html
大阪府庁内:06−6941−0351 三島府民センター:0726−27−1121 
豊能府民センター:0727−52−4111 中河内府民センター:0729−94−1515
南河内府民センター:0721−25−1131 泉南府民センター:0724−39−3601

無事保護先決定例(抜粋)   無事保護先決定例(抜粋)  
 
高槻市のMさん宅保護中のトトロ
飛べないけど元気に走りまわって
います。好物は鶏生肉です。
よかったよかった

8ヶ月の長い入院生活も終わり茨木市の
移動動物園に保護されましたマメタロウ
快適な新生活をおくれることを祈ります。
良い子でいるんだよ 
無事保護先決定例(抜粋)

オオミズナギドリのヨタロウです。
なんとか自然保護・鳥獣保護センターにて
保護してもらえることとなりました。