No.3 ディープキス大好きな美熟女(池袋)
池袋の店のサイトで、これこそまさに美熟女と宣伝されている40代後半の女性YKさんを指名してみた。
待ち合わせた池袋駅西口交番のところにあらわれたのは、スラリとした長身の女性。
実年齢は50歳くらいかもしれないが、いわゆる「おばさん」とは一線を画す整った容貌。
北口のホテル街へ歩くあいだにさりげなく腕を組まれたが、私より年上でもこのルックスの女性なら問題なし。
現に、私たちを通り越していった中年男性が、振り返ってYKさんを見ていった。
彼女の後ろ姿が気になったからだろう。
さて、入ったホテルはお気に入りのラムセス。
お風呂の準備をして戻ってきたYKさん、ソファに腰かけている私に密着するように座ると、唇を近づけてきた。
そしてキス、キス、キス。
ディープ、ディープ、超ディープ・キス!
激しい! 舌と舌がからまり、唾液と唾液がグッチョグッチョ!
そのまんま、お風呂がたまるまでキスしっぱなし。
おたがい素裸になってバスルームに行ってからも、こちらがおっぱいにさわったり、軽くキスをしたりすると、激しく反応してシャワーどころではない。
いわゆる立ち素股も大好きみたいで、向かい合って立った私の一物にまたがるようにして、自分から積極的にこすりつけてくる。
おいおい、この熟女、ホントに欲求不満なのかも?――そんなことを思いました。
いつまでも立ち素股をやめないので、「そろそろ石鹸つけて体を洗って」と、こちらが言わなければならなかったほど。
バスタブに入っても、向かい合って座り、キス、キス、キスの連続。
もう舌がふやけてしまいそうでした。
さて、ベッドに入ってからは、いわゆるヘルス・プレイになりました。
といっても、YKさんはヘルスの経験はあまりなさそうで、少しぎこちない。
彼女は得意技(?)のキス以外には、全身リップ、フェラ、こちらは指入れ、クンニなどなど、あまり過激なことはしないままでした。
そして最後は指入れで感じさせつつ、手コキで感じさせられつつ、終了。
でも、キス好きの私としては、絶対に再度指名したい女性となりました。


BACK
HOME