元ダイナマイツのボ−カル、瀬川洋が、長い沈黙を破り、ついに活動を開始!!

TRAVELIN’ OCEAN BLUEBIRDS

トラヴェリン・オーシャン・ブルーバーズ

(瀬川洋vo&g、大戸敏文g、シゲb、佐瀬浩平ds)

グル−プサウンズ時代の伝説のロックバンド ダイナマイツ。そのボ−カリスト瀬川 洋が、長い沈黙を破りついに活動を開始した。97年8月、トラベリン・オ−シャン・ブル−バ−ズを結成。98年に入ってからも、4月・新宿JAM、5月・下北沢QUE、7月から、レコーデイングに入り、11月・渋谷屋根裏、12月・クラブチッタ川崎と、精力的に、活動を続けている。彼らの音楽の根底にあるもの、それは、誰もの心臓の鼓動に調和する魂。スルメのように、かめば、かむほど、味がある。なつかしい、忘れていた幼いころの原風景がよみがえる。一つ一つの音を、まるで言霊のように、大切に、そして、エネルギッシュな、調和で聴かせてくれる。一人一人の生活に、ヴィタミン剤のように常用してほしい。

'ニューロックの夜明け'シリーズ発売一周年記念盤

トラヴェリン・オーシャン・ブルーバーズ

   WHO'S GONEBAY?

99年1月25日発売 BQGS-005 ¥2,600(税抜)

あの瀬川洋が復活!伝説の60年代トーキョー・ガレージ・サウンド=ザ・ダイナマイツ(ヒット曲'トンネル天国'!)のヴォーカリスト&リーダーだった瀬川洋が、72年のソロ・アルバム'ピエロ'(98年PヴァインよりCD化。和製カントリー・ロックの最高傑作)以来、実に27年ぶりの大復活。97年暮れ、ニュー・バンド"トラヴェリン・オーシャン・ブルーバーズ"を結成し、精力的なライブ活動を行い、サニーデイ・サービス、フラワーカンパニーズ、ザ・ヘアなどとも共演した。バンドとしては初のアルバムになる'WHO'S GONEBAY?'は、気の合う仲間たちとつくりあげたアーシー&グルーヴィーな魅力にあふれた良い意味で30年前と変わらないサウンドを聴くことができる。和製ヴァン・モリソンと呼ばれる歌声は健在である。

トラベリン・オ−シャン・ブル−バ−ズ

ニューアルバム 'WHO'S GONEBAY?'

99年1月25日発売 BQGS-005 ¥2,600(税抜)

All songs written by Hiroshi Segawa,except#5

All songs arranged by Hiroshi Segawa&TravelinOcean Bule Birds

1.東京1999 (4:01)
2.フーイズ ゴンベ? (3:31)
3.何故に生れて (5:13)
4.通り雨 (6:16)
5.ロッキン ニューモニア (5:41)
6.楽しい日曜日 (5:15)
7.ついてないときゃ (4:26)
8.君の青い鳥 (4:41)
9.サングラス (7:24)

 TOB TOP