その他




パスの頭字語:

- $A FbEdit.exe の登録されたフォルダ・パス
- $C FreeBASIC のフォルダ・パス
- $H ヘルプのパス
- $P 既定のオブジェクト登録パス

 ヘルプと、ツール・メニューで、パス頭文字を使うことができます。

 

ヘルプ・ファイル

- ヘルプ・メニューの最初のヘルプ・ファイルは、F1キーで開くことができます。(Win32.hlp Windows api参照)

- ヘルプ・メニューの2番目のヘルプ・ファイルは、Ctrl+F1で開くことができます。(fb.chm FreeBASIC ヘルプ・ファイル)

 

 

プロジェクトの制限

- メイン・ソースファイルは、プロジェクトでファイル1でなければなりません。

    [Files]

    1=MyMainSource.bas

 

 

リソース・スクリプト

- Resource scripts can be opened in text edit mode by holding Ctrl key while opening the file.

 

 

新しい色組合せを作る

  1. メニューの「オプション」→「コード・エディタ

  2. 「配色名」の▼から、作りたい配色に近い配色名を選択してください。

  3. 好みに合わせて、該当部分の色を変えてください。

  4. コンボボックスから New Theme を選択してください。

  5. 新しい名前を入力して、「新規追加」のボタンを押して下さい。

 

 

テンプレート

- テンプレート・ファイルは、プレーン・テキストで、テキストエディタを使って編集できます。

- テンプレートは、複数のビルド・オプションを含むことができます。

- FbEdit.ini の [Template] セクションは、「プロジェクト」→「テンプレート作成」によって認識されたファイルの種類を明示しています。

- ファイルの名前を変更したいなら、ファイル名を[*PRONAME*]に取り替えて下さい。

 例: #include "[*PRONAME*].bi"

 

 

ブロック補完

 EndIf の代わりに End If を使うほうが好みなら、FbEdit.ini の[Block]セクションを、以下のように変更して下さい。

            [Block]

             .

             .

            13=if $$ then,EndIf|End If,elseif,else,0

            Change it to:

            [Block]

             .

             .

            13=if $$ then,End If|EndIf,elseif,else,0

 

 

Case コンバートの隠れた設定

 

  ケース・コンバートは、内部の単語リストを使います。

  単語リストは、現在読み込まれている api ファイルと、あなたのソースを解析したものがが使われます。

  各単語は、単語グループに属します。

  単語グループは、以下の通りです。:

             api ファイルから:

                        A         From xxxConst.api

                        C         From xxxCase.api

                        P         From xxxCall.api

                        S         From xxxStruct.api

                        T         From xxxType.api

                        W          From xxxWord.api

             ソースから、分析される:

                        c         Constant

                        d         Variable

                        e         Enum

                        m         Macro

                        n         Namespace

                        o         Operator

                        p         Sub or Function

                        s         UDT

                        x         Constructor

                        y         Destructor

                        z         Property

 

            Case コンバート・グループ:

            FbEdit.ini の [Edit] セクション

            [Edit]

            CaseConvert=CWPp


この Top に戻る↑ トップページに戻る


Copyright © 2008-2010 WATANABE Makoto. All rights reserved.