チュートリアル2


英語版→http://members.a1.net/ranmasaotome/tut2.html

 私たちは、チュートリアル1で、最初のウィンドウを作りました。
 引き続き、私たちの小さなダイアログ例に、いくつかのコントロールを付けましょう。
 出来上がりは、こんなものです。
Dialog2.jpg (19174 Byte)

注:
 これから先、MS VC++ のように、textboxe を テキスト・ボックス(editboxe) と呼び、label は ラベル(static) と呼ぶことにします。
 このチュートリアルで、つぎの Visual Basic を、Windows API/FreeBASIC に書き直してみます。

If Text1.Text <> VBNullstring then
    Text2.Text = Text1.Text 
    else Msgbox "You didnt enter any text!", vbinformation
End if

 簡単です。コンパイラが、あなたのために、面倒な Windows API 作業のすべてをしてくれます。
 C/C++ でも、FreeBASIC でも、同じです。
 この仕掛けを、確認していきます。さあ、始めましょう。

 ここでは、テンプレートとして、DialogAsMain.tpl を使って、新しいプロジェクトを作ります。
 プロジェクト名は、Editbox とします。
 プロジェクト内容は、Editbox sample とします。
 この新しいテンプレートは、前もって、あなたが必要な全てを含んだ、ほとんど完全な、アプリケーションです。
 あなたがすることは、コントロールを置いて、それらのコードを書くだけです。残りは、Editor によって行われます。
 「Go」で実行してみると、既に、ドロップダウン・メニューの、「Exit」と「About.」ができあがっている!ことが分かります。

Wizard3

 FbEdit の IDD_DIALOG をダブル・クリックすると、下の画面のようになります。
ダイアログ
 これから作るダイアログに、左側のツールバーのアイコンを使って、
2つのテキスト・ボックス(editboxe)と、4個のコマンド・ボタン、および、必要に合わせて、いくつかのラベル(static) を置いていきます。
 2つの、テキスト・ボックス(editboxe) を、Text1 と Text2 と、名前を付けます。
 状況に合わせて、Text2 の Locked を TRUE に設定できます。
 4個のボタンに、左から右方向に順に、Command1、Command2、Command3、Command4と、名前を付けます。
 ダイアログとボタンに、以下の画面のように、名前を付けます。

 また、プログラムに合ったアイコンを選んで、\resフォルダに入れて下さい。そして、リソース・ダイアログに、それを入れることを、忘れないで下さい。(参照:チュートリアル 1 )

 IDD_DIALOG Dialog の Caption を「Editbox sample」に変更します。

 テストするために Go をクリックすると、下のようなメッセージが表示されるはずです。

NOTE: For example you place a STATIC on your dialog and add following text to your static:  >> Press "enter" to continue. << When trying to assemble&link you will get an error, thats because you have to DOUBLE "" the quotes each time you use them on a static, the same is for the EDITBOX caption.

 もう一度、FbEditは、多くの仕事をします。
 そして、Editbox.rcファイルをチェックして、Notepad で結果を表示します。
 下記のようになっているはずです:


#define IDD_DIALOG 1000
#define Text1 1001
#define Text2 1002
#define Command1 1003
#define Command2 1004
#define Command3 1005
#define Command4 1006
#define IDR_MENU 10000
#define IDM_FILE_EXIT 10001
#define IDM_HELP_ABOUT 10101
IDD_DIALOG DIALOGEX 6,6,194,102
CAPTION "Editbox sample"
FONT 8,"MS Sans Serif",0,0
CLASS "DLGCLASS"
MENU IDR_MENU
STYLE 0x10CF0000
BEGIN
CONTROL "",Text1,"Edit",0x50010000,2,1,138,13,0x00000200
CONTROL "",Text2,"Edit",0x50010000,2,22,138,13,0x00000200
CONTROL "&Text",Command1,"Button",0x50010000,2,46,54,13
CONTROL "&About",Command2,"Button",0x50010000,66,46,54,13
CONTROL "&Exit",Command3,"Button",0x50010000,130,46,54,13
CONTROL "&Macro",Command4,"Button",0x50010000,2,68,54,13
END
IDR_MENU MENU
BEGIN
POPUP "&File"
BEGIN
MENUITEM "&Exit",IDM_FILE_EXIT
END
POPUP "&Help"
BEGIN
MENUITEM "&About",IDM_HELP_ABOUT
END
END


 表示されたコードは、見るだけにして、編集はしないように注意して下さい。
(ダイアログ・エディタは、どんな変化も、上書きしてしまいます。)
 FbEdit が、プログラミング作業を、どのように簡単にしているか、分かるでしょう。
 あなたが、他の普通のテキスト・エディタを使うなら、変更する内容を、その都度、すべて手動で、タイプしなければならないでしょう。


 私たちは、この例題を続けます:
 テキスト・ボックス(editboxe) と、ボタンの定義は完了してます。今、それらに、ユニークな ID を与える必要が有ります。
 Editbox.biファイルを開いて下さい。

 以下のコードで、灰色の部分は、あなたのファイルに、既に存在しているはずです。
 赤の部分を、追加して挿入して下さい。

#Define IDD_DIALOG 1000

#Define Text1 1001
#Define Text2 1002
#Define Command1 1003
#Define Command2 1004
#Define Command3 1005
#Define Command4 1006

#Define IDM_MENU 10000
#Define IDM_FILE_EXIT 10001
#Define IDM_HELP_ABOUT 10101

Dim Shared hInstance As HMODULE
Dim Shared CommandLine As ZString Ptr
Dim Shared hWnd As HWND
Dim Shared hIcon As HICON

Const ClassName="DLGCLASS"
Const AppName="Dialog as main"
Const AboutMsg=!"FbEdit Dialog as main\13\10Copyright ゥ FbEdit 2007"
Const Warning="You didnt type any text"
Const Copyright="This is my software"

 ここまで登録できたら、Editbox.bi ファイルを閉じることができます。

 次に、Editbox.basをダブルクリックします。
 コードには、既に灰色の部分ができあがっているはずです。
 赤の部分について、追加登録して下さい。

#Include Once "windows.bi"
#Include Once "win/commctrl.bi"
#Include Once "win/commdlg.bi"
#Include Once "win/shellapi.bi"
#Include "Editbox.bi"

Function WndProc(ByVal hWin As HWND,ByVal uMsg As UINT,ByVal wParam As WPARAM,ByVal lParam As LPARAM) As Integer
  Dim buff As ZString*256
  Select Case uMsg
    Case WM_INITDIALOG
      hWnd=hWin
      hIcon=LoadIcon(hInstance,Cast(ZString Ptr,500))
      SendMessage(hWin,WM_SETICON,NULL,Cast(LPARAM,hIcon))
      '
    Case WM_COMMAND
      Select Case HiWord(wParam)
        Case BN_CLICKED,1
          Select Case LoWord(wParam)
            Case IDM_FILE_EXIT
              SendMessage(hWin,WM_CLOSE,0,0)
              '
            Case IDM_HELP_ABOUT
              ShellAbout(hWin,@AppName,@AboutMsg,NULL)
              '
            Case Command1
              ' first we check if the user has inserted any text
              ' if so we copy it to the second textbox
              If GetWindowTextLength(GetDlgItem(hWin,Text1)) Then
                ' ok here we get only if user has typed some text
                GetDlgItemText(hWin,Text1,@buff,SizeOf(buff))
                SetDlgItemText(hWin,Text2,@buff)
              Else
                ' User didnt enter any text
                MessageBox(hWin,@Warning,@AppName,MB_ICONERROR)
              EndIf
              '
            Case Command2
              ' Win API for a messagebox
              MessageBox(hWin,@AppName,@Copyright,MB_OK)
              '
            Case Command3
              ' Windows API: Unload me.
              SendMessage(hWin,WM_CLOSE,0,0)
              '
            Case Command4
              MessageBox(hWin,"Hello, this is a test","Messagebox caption",MB_ICONINFORMATION)
              '
          End Select
          '
      End Select
      '
    Case WM_SIZE
      '
    Case WM_CLOSE
      DestroyWindow(hWin)
      '
    Case WM_DESTROY
      PostQuitMessage(NULL)
      '
    Case Else
      Return DefWindowProc(hWin,uMsg,wParam,lParam)
      '
  End Select
  Return 0

End Function

Function WinMain(ByVal hInst As HINSTANCE,ByVal hPrevInst As HINSTANCE,ByVal CmdLine As ZString Ptr,ByVal CmdShow As Integer) As Integer
  Dim wc As WNDCLASSEX
  Dim msg As MSG

  ' Setup and register class for dialog
  wc.cbSize=SizeOf(WNDCLASSEX)
  wc.style=CS_HREDRAW Or CS_VREDRAW
  wc.lpfnWndProc=@WndProc
  wc.cbClsExtra=0
  wc.cbWndExtra=DLGWINDOWEXTRA
  wc.hInstance=hInst
  wc.hbrBackground=Cast(HBRUSH,COLOR_BTNFACE+1)
  wc.lpszMenuName=Cast(ZString Ptr,IDM_MENU)
  wc.lpszClassName=@ClassName
  wc.hIcon=LoadIcon(NULL,IDI_APPLICATION)
  wc.hIconSm=wc.hIcon
  wc.hCursor=LoadCursor(NULL,IDC_ARROW)
  RegisterClassEx(@wc)
  ' Create and show the dialog
  CreateDialogParam(hInstance,Cast(ZString Ptr,IDD_DIALOG),NULL,@WndProc,NULL)
  ShowWindow(hWnd,SW_SHOWNORMAL)
  UpdateWindow(hWnd)
  ' Message loop
  Do While GetMessage(@msg,NULL,0,0)
    TranslateMessage(@msg)
    DispatchMessage(@msg)
  Loop
  Return msg.wParam

End Function

' Program start
hInstance=GetModuleHandle(NULL)
CommandLine=GetCommandLine
InitCommonControls
WinMain(hInstance,NULL,CommandLine,SW_SHOWDEFAULT)
ExitProcess(0)

End


 コードを追加登録して、「Go」ボタンを押してみて下さい。
Dialog3.jpg (25619 Byte)
 表示された画面で「Text」ボタンを押すと、下ようなメッセージ・ボックスが表示されるはずです。

これで、できあがりです!

この事例のコードを、 ここで、ダウンロードできます。

この Top に戻る↑ この続き(チュートリアル 3)を見る↓ トップページに戻る


Copyright © 2008-2016 WATANABE Makoto. All rights reserved.