金輪継ぎ


金輪継ぎ

金輪継ぎは小根部分を金輪に仕上げて捻じれや両方向(前後左右)に力が加わっても持ちこたえられるように 考案された継ぎ手です。この継ぎ手は小根部分に目違いという金輪の突起部を設けて捻じれ作用に対する抵抗能力を 高める一方、滑り段という中央欠き合せ面の位置に込栓を割り込ませ二材を密着させるものでこの継ぎ手は柱を長くつなぐ時などに良く用いられます。 この込栓を抜けば二材の結合が解除され材軸方向に引っ張れば簡単にバラバラにすることができます。 したがって、建物をジャッキアップすれば簡単に腐った柱部分を取り替えることが出来ることから柱の継ぎ手に採用されます。

ウッドデッキの伝統軸組工法へ戻る


お問い合わせ

サイトマップ

特定商取引法

ウッドデッキ通販 阿部建設