ウッドデッキの柱と長柱


柱(管柱)と長柱の組み立ての仕方


柱取り付けのキザミ加工について柱を組み立てるのに垂直を維持するために仮筋交いを付けられて作業する方法が見て取れます。 柱はホゾ差し構造になっていますので、差し込めば倒れることは無いですが、垂直を出すために上記のような方法は非常に有効です。垂直がきちんと出ているとクロスの取付を容易にしてくれます。 作業の進め方は、柱を建てて、クロスの取り付け、笠木の取り付けというようにすすめられる工程になっています。

柱取り付けについてこちらの方法は、柱を取り付けて笠木をつけて柱の上下の間隔と垂直を笠木を取り付けて出しておくやり方です。 この方法は、仮筋交いのような部材を必要としないので無駄が無いですが、施工性は技術が必要ですのでベテラン向きといえるかもしれません。これからクロスを取り付けていく工程になっていきます。

長柱と柱の取り付けについてパーゴラなどの屋根を付ける場合に長柱を必要としますのでその長柱を建てたところです。長柱はホゾ差しになっていますので差し込めば倒れることはございません。 このような融通性がホゾ差し構造の良いところです。

パーゴラなどの長柱と柱についてこちらは、長柱と短い柱(管柱)を建てたところです。長柱には笠木の取り付けられる笠木切込み加工が事前にされています。 ホゾ穴にホゾ差しを差し込んでしまえば、ほとんど柱は垂直になりますが、それでも微妙に狂いがありますので、下げ振りや水平器できちんと確認して調整していきます。

ウッドデッキのキザミ加工へ戻る


お問い合わせウッドデッキ通販 阿部建設